占い

2022年【金運・恋愛運・仕事運】目的別に運気を上げる方法とは?!

2022年,運気上げる
2022年は「帝王の星」と言われる五黄土星の年で、「土」の気を持つ年です。新たなサイクルが始まり、運気の流れが大きく変動する年となるでしょう。2022年2月4日~2023年2月3日の「金運」「恋愛運」「仕事運」「健康運」それぞれの項目別の運気アップ方法をご紹介します。







*金運を高める方法

五黄土星の金運は、浮き沈みが激しい年になりそうです。大きなお金を使う場合は、慎重にしましょう。今年の運気を味方にできる、2022年のラッキーカラー「イエロー、クリーム、ブラウン」などのカラーの財布で金運を呼び込みましょう。財布を新調する際には、開運日に購入すると、良いエネルギーを取り入れることができ金運アップにつながります。

2022年開運日

◆天赦日(てんしゃび)は「天が万物の罪を赦(ゆる)す日」と言われ、吉日・開運日になります。

◆一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)は「一粒の籾(もみ)が万倍になって実る」とされ、新しくスタートするのに最良の開運日です。

◆寅の日は「金運を招いて来させる」金運招来日になります。金運を高めたい場合は財布を新調するのに相応しい日になります。

2022年で開運が重なる最強の日をご紹介します。

【1月11日】一粒万倍日+天赦日
【3月14日】一粒万倍日+寅の日
【3月26日】一粒万倍日+天赦日+寅の日
【6月10日】一粒万倍日+天赦日

恋愛運を高める方法

五黄土星の年は、「破壊と再生」のメッセージがあります。別れもあれば再会もあるでしょう。恋愛でも変化が起こってくることが多くなりそうです。今まで出会った人と恋愛に発展していく可能性もあります。

自分のプライドを高く持ちすぎると、恋愛が上手くいきません。あるがままの自分自身で接していくことが、恋愛成就のポイントです。パートナーに対しては、素直な態度で接していくようにしましょう。

対人運を高める方法

言葉に注意をしていきましょう。周囲に影響をもたらしていきますので、丁寧な口調で話すようにしましょう。余計な敵をつくると後々影響していきます。謙虚な気持ちを大切にしていくことで、対人運を高めていくことができます。思いやりをもって接していきましょう。

仕事運を高める方法

大きく変化が起こる時期なので、その変化の波に乗り行動していくことが大切です。人を引っ張っていく統率力が試されるでしょう。但し、自己中心的になるのではなく、謙虚な気持ちを大切にしていきましょう。

一時的な感情に振り回されることなく、冷静に物事を判断していくようにしましょう。行き当たりばったりの行動ではなく、計画をしっかりと立てて動くことが重要です。

健康運を高める方法

健康にも波があり、元気で過ごせることもあれば、体調を崩しやすくなりそうな一年。油断しないように健康管理をし、身体のサインを見逃さないようにしましょう。十分な睡眠をとり、規則正しい生活を心掛けていくことでストレスを軽減することができます。

願望成就を高める方法

願望実現力をアップし願いを叶えるには吉方位に移動し、良い気を取り入れることで開運することができます。方位学に基づいた吉方位・凶方位というものがあり、北、北東、東、南東、南、南西、西、北西の八つの方位があります。共通して2022年の良くない方位は南西(歳破)です。

年盤(1年間の方位)の吉方位は、北東、北西、西、南になります。中宮に五黄土星が廻座するため、「本命殺」「本命的殺」「五黄殺」「暗剣殺」はありません。凶方位は、長距離(100km以上離れた場所)に行く場合、長期間移動する際には方位に気をつけましょう。

凶方位転居の影響は9年間続くと言われています。やむを得ず凶方位に転居する場合は、神社で悪い方位から厄事災難を除ける八方除け、方位除けのご祈祷をして頂くと良いでしょう。

それぞれの九星に応じて吉方位が異なりますが、吉方位に旅行にでかけたり、パワースポットや神社に参拝したりして良い気の流れを取り入れ、願望成就につなげましょう。

それぞれの吉方位

引越しや旅行に行く際は、吉方位に出向くと良い運気を取り入れることができます。祐気取りと呼ばれ、良い気を取り入れて開運していくことができます。長距離が長期間であるほど影響が増していきます。吉方位にあるパワースポットに行き、その方位の良いパワーを取り込んでみましょう。自然と触れ合うことでより良い気を取り入れることができます。

【一白水星】東、南東、北西、西
【二黒土星】西
【三碧木星】北、南東、南
【四緑木星】北、東、南
【五黄土星】南、西、北西
【六白金星】北、東、西
【七赤金星】北、北東
【八白土星】南、西
【九紫火星】東、南東、北東

まとめ

2022年2月3日(立春)から2023年2月3日(節分)までの期間「帝王の星」と言われている五黄土星が中心に鎮座する年です。五黄殺・暗剣殺がない年です。南西には歳破が巡り誰にとっても凶方位なので、長期移動する際には気をつけましょう。運気の流れを上手く活用して、人生をより良くしていきましょう。




ABOUT ME
Written By 天愛来(ティアラ)
23年以上の経験と知識を活かし『カウンセリング&セミナー講師』にて活動中。風水・ヌメロロジー・心理学・ヒプノセラピー・霊気など資格取得。スピリチュアル分野である西洋占星術・アロマテラピー・カラーセラピー・フラワーエッセンス・クリスタルヒーリングで心豊かになれるようにさまざまなアプローチを通して気付き&癒し、知識を提供。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)