6月病を改善する5つの方法とは

On the Phone
On the Phone / The Nick Page

6月病というモノをご存知ですか?5月病なら聞いたことがある人が多いかもしれません。症状的には似た様なもので、今は6月にそれが起こるので6月病と言われているのです。お察しの通り医学的な病気ではなく適応障害です。そんなこの6月病を何とかする方法、知りたくはありませんか?


スポンサーリンク


6月病を克服する5つの方法

簡単に言うとこの6月病と言う適応障害は何かが変わった時に心や体が付いていけない、と思い出した時に起こるのではなく、その後暫く対抗しようとしてから起こるのです。他にも要因が色々ありますがそんな6月病の特徴を踏まえ、6月病を克服する方法を今回は5つご紹介いたします。

①何で6月病になったのか?

何で6月病になるのかと言うものの原因の一つはストレスが体に影響を与えるまでのラグによるものです。基本的にストレスを感じ始め、約三ヶ月でストレス性の原因不明の心身への悪影響が起こります。では6月から3ヶ月前で3月に原因が起こりやすいのかと言う話しですが細かく言うと6月にはまだ兆候が出ている段階なので正確に言うと4月に原因があると言えます。では4月に何があるのかと言うと日本人にとっては色々と思い浮かぶでしょう。良い事も悪い事も「変化」と言う意味では同じなのでここで問題が始まるのです。何でそうなりやすいかと言うと準備不足という事が一つ上げられます。新しい環境に対する備えが不十分であれば当然受けるストレスも大きくなります。なので自分なら大丈夫、やってみれば何でもできる、実はそんな人に6月病は多かったりします。学生から社会人への変化も昔に比べると残念ながらストレスに感じる人が多いというのもまた事実です。そしてそんな急激な変化をして社会人になった学生を受け入れる側の人間もそれは同じで大きなストレスを生みます。なのでしっかりと準備をしていたら克服どころかかかる事もない事が多いです。

②どんな人が6月病にかかるのか?

会社側が「優秀」と採用した新人に限ってかかると言う話を聞きます。新人のタイプはいくつかありますがまず一つ目は、自分の能力を高く評価し、早く大きな事や華やかな事がしたいと言う人が多いです。そうした人は自信があっても社会人と言う枠で見ると基本スキルが全くなく、基礎を学んで欲しい時期に反発する人が多いです。一度は見たり聞いたりしたことがありませんか「私がそんな事やらないといけないのか?」と言う人。もっと具体的に言うと「私は料理出来ます、何で野菜の皮向きなんてやらされないといけないんですか?」などと教わることの意味を履き違えている人。自分がやりたいことと違うことをやらされ、環境は変わり、自分以外の人間が自分のやりたいことをやっている。そんな事が続けば不満もたまり、やらされているはずの簡単な事でもミスを起こし、新しいことが出来ない。5月の連休などでちょっとそのサイクルから離れた後、また変わらない現実を突きつけられるそうして6月病になるという訳です。本人が克服する為にはまず自分が何でやらされているのかを考え聞いて見ましょう。上司や会社側がそれに答えられなければ「今のやらされている事は自分に何を身につけさせたくてやっているのか」という事を納得がいく理由を作ったら良いでしょう。どうせ何をやらされたとしても初社会人で教わることなんていずれ絶対になんかの役に立ちますからね。

スポンサーリンク

③どんな人が6月病にかかるのか?その2

6月病になる「優秀」な2つ目の新人のタイプ所謂優等生タイプです。そつなく、まじめに言われたことはやるが実は明確な目標がないという人が多いです。学校の成績は優秀であるということは実は、失敗の経験がほとんどないので失敗することによるストレスに対する耐性が低いです。失敗したくない、怒られたくない、指摘されたくないと言った心理に陥り、より失敗をしたりそれをごまかそうとしたりしてと悪循環になります。そして比較の上で成り立つ日本式学業で育ってきた優等生なので自分がそう言った状態になると、すぐに横との比較をしたがります。しかし明確な答えが用意されそれをやればよかった学生とは違い社会人になるとそう言った事ができず「隣の芝生が青く見える」現象がそうした時にはやたらと起こります。ちょっとした差に一喜一憂し、すぐに落ち込む。ストレス耐性が低いのにそれをどうにかする術を持たない、こうした特徴が優等生タイプにはあります。このタイプの人はそのことを理解することで半分は克服できます。自身の能力が高かったからこそもともと優等生だったのです。実は社会と学校では色々と違い今までの方法ではダメだと自分の中で思い直す事ができたらそれで乗り越えられます。そうでない人は上司ではなく同僚に相談してみると良いでしょう。青かった隣の芝生も実は自分より青くないかもしれませんし、贅沢な悩みを抱えているともしかしたら怒られることもあるかもしれません。

④どんな人が6月病にかかるのか?その3

一般的に優しくて気配りのできる人が精神疾患を患うと言われていますが半分間違いです。優しくて良い人であれば6月病になんてならないのですが、優しくて良い人「であろうとする人」が6月病を患います。つまり無理をしすぎてしまっていたという人ですね。そういう人はコミュニケーション能力が高く非常に人当たりが良い反面、実は自分の事は余り話さないという事が多く、回りに気づかれないうちに体に不調が出だして風邪やなんかだと言われているうちに退職、と皆を驚かせるケースが多いです。「え?あの人いなくなっちゃったの?なんで?」と言う人周りにいませんでしたか?もしくは「あの子最近たまに調子悪そうだね?」「風邪じゃないの?」と周りがなんとなく気がついても本人に触れられないケースもあります。一生懸命に頑張る本当の目的を見失ってはいけません。このタイプの人が一人で6月病を患うと心にも影響が出ることが多いのでうまくいかないケースが多いです。自分の為に人に優しい良い人でいられる人と言うのは稀です。無理をしてそんな人になろうとしたのは何でだったのかを今一度、人と話しながら省みてください。そんな時こそ心を許せる人に頼みましょう。何のためにストレスを抱えて2月も過ごしたのかもう一度考えそのままでいいのかを決めましょう。

⑤梅雨だから6月病にかかりやすい?その4

ちょっと今までの話と離れて環境的な要因によるものもあります。まず梅雨の時期は総じて雨が多いので日照量が減ります。人間の体も実は日光を必要としており、脳内部質であるセロトニンとメラトニンと言う物質の制御に日光を浴びることが不足すると異常が出ます。セロトニンと言うのは自律神経に影響を強く及ぼす物質で不足すると「うつ傾向」になりやすくなります。コレは正に6月病の引き金にもなりかねません。メラトニンは簡単に言えば眠りの質と眠気に影響する物質です。当然不足は睡眠障害を起こす原因になります。自然と眠くなるのもこの物質が脳内に出ることによって引き起こされ、短い睡眠でも精神肉体どちらの疲労も取れる深い睡眠状態の長さもこの物質の量で決まります。疲労と言うのはかなりのストレスですし、眠れない状態で集中力を欠けば仕事の出来も悪くなります。更に言うならジメジメした環境でイライラするのも、雨が振ることが多いので運動不足になりがちな梅雨の環境も6月病にかかりやすい所と言えます。


6月病は心が弱いからなると思う人もいますがそうではないです。ストレスに対する耐性や経験なんて人それぞれ、更に環境の影響もあり誰がなるか分からないのです。6月病の人が自分でなんとかしようとするのはもちろん、周りの人も責任がある時があります。6月病を皆で克服していきましょう。

スポンサーリンク

あなたの好きな人は本当に運命の人? 97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『六芒星占術』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる方は、是非お試しを!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 夢占い ギャンブル
  2. 夢占い はしご
  3. エンジェルナンバー 222
  4. 寝ながら 瞑想
  5. パワーストーン【水色編】カラー別の意味や種類・選び方について

スポンサーリンク