占い

天才肌なAB型の彼氏とうまく付き合う5つのポイント

AB型の彼氏とうまく付き合う5つのポイント

血液型別の彼氏とうまく付き合うポイントシリーズAB型編です。ちょっと変わった人が多いと言われることも多い、AB型の彼氏とだって共通した特徴を抑えることが出来たのならば、変わっているとか理解できないなんてことはグッと減るもので、それが結構AB型の彼氏とうまくやるコツになるのです。

そこで今回はAB型の男性によく見られる性格をご紹介し、AB型の彼氏とうまく付き合う5つの攻略法をご紹介させていただきます。AB型の彼氏のこんなところがあると思った経験はございませんか?







個性があるという事をとても大事にするAB型の彼氏に合わせるコツ

AB型の男性を彼氏に持つと多くの人が感じる特徴の一つが、「何を考えているか分からない」とか「普通しないようなこともする」ことだと言われています。

本質的なところ

個性を出すことに疑問を持たないから、と言う特徴があるからなのです。

皆違って皆良いとか、ナンバーワンよりオンリーワンとか日本でも言われてはいるもののやはりまだまだ日本人の多くは「普通」とか「常識」と言うものに拘りが強く、皆と同じである事を好む傾向が強いのですが、AB型の人はそれとは違い個性があるという事にとても肯定的な人が多いです。

だからこそ自分がやることが人と違おうとも、恋人や家族がちょっと普通とは言えない様なことをしようともあまり問題だと感じない人が多いわけです。

大切な事

個性を尊重するAB型の彼氏とうまく付き合うときのコツとしては、下手に我慢しない事こそが重要です。

皆と同じになろうとしたり、逆に人とは違うことを求めすぎたりするという事に対してAB型の人は、個性を尊重する訳ですからあまり良いことだとは思えず、変に作った姿を見せようとするのは逆効果。

勿論、相手にそうした周りの人と比べるような形で、何かを押し付けるのもNGです。

ありのままこそが一番良い、キレイ事ではなく本心から本音を言ってもらえるのが、AB型の彼氏と付き合う魅力かもしれません。

天才型過ぎるAB型の彼氏に合わせるコツ

世の中に「天才」と言う言葉の定義はいくつかありますが、ここで言う天才と言うのは「過程を飛ばして結果に行き着けるタイプの人」のこと。

例え話

算数で249+519×4みたいな計算をするとき殆どの人は、「まず掛け算を計算して」みたいな、途中計算とか途中式を必要としますが、いきなり「なんとなく2300ぐらい?」のように「過程」を吹き飛ばすひらめきが出来る人が所謂天才タイプです。

だからどうしてなのかと言う理論的な説明が苦手な人や主語や述語がない会話をしたり、独特の言い回しだとか擬音で物事を表現する人が多いのですが、そんな経験ありませんか?

そうしたAB型の彼氏とうまく付き合うためのコツとしては、相手と同じ天才タイプでなければ相手の話す「意味や結果にだけ」意識を集中し、実際にやって見せたりやってもらったりすることです。

どう行動するか

人との会話は面白いもので基本会話が成り立たないという事が多かったり、言っている事が分からなくとも、相手が何をこちらに伝えたいのかという事は大体分かるものであり、「アレはどうなってたっけ?と聞かれたら「自分に何かの確認をしたいのだろう」という事はわかりますし、「ドンってやればうまく行く」と言われたら勢いが足りないのだろうぐらいは分かるでしょう。

これが分かったら後は実際に答えて見せたり、やって見せてもらったりしてお互いに認識をつめれば良いわけです。最初はめんどくさく思う所もあるかもしれませんが、認識が詰まってくると周りからは理解不能なコンビネーションを発揮できるようにもなります。

実はこの過程を飛ばすタイプと言うのは子供にも多く、このAB型彼氏とうまくやるためのコツは、子供に対しての受け答えでも非常に有効的なのです。

合理的なAB型の彼氏に合わせるコツ

基本的にAB型の彼氏は割りきりがしっかり出来るタイプの人が多く、ちょっと冷たい印象を与えてしまったり、二面性があるなんて思われることも多いです。

筋がと通っている

特徴として、正確に言うならばただ合理的というだけであり、実際のところ冷たくもなければ、話をちゃんと聞いてみると結構一貫性がある事が多いのです。

あまりにも早い切り替えが出来る事と「アレはあれ、コレはこれ」と、切り離して物事を考えられる人が多いのですが、基本大本の目的意識が高いだけであり、言ってしまうと目標や目的のために妥協しない善良く投球するタイプといっても良いでしょう。

相手を理解するように

AB型の彼氏とうまくやるコツは、自分も合理的な考え方が出来るようになるよりも、相手の合理的に考える大元である、相手の目標や目的をしっかりと具体的に知っておくことにあります。

人間関係で起きる勘違いの約9割は、思い込みにより起こるもので、相手の目的や目標が何なのかを知ることが出来れば勘違いを大幅に減らすことが出来ますし、二面性を疑ったりしてストレスをためたりしないで済みますし、冷たすぎると思ったときに合理的に反論することができるというもの。

これもまたAB型の彼氏を始め、ちょっと冷たい印象を与えてしまったり、二面性がある人とうまくやるのに有効な事なので覚えておいて損はありません。

1 2

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)