アブラハムマズローの心理学をわかりやすく理解できる5つのポイント

Maslow Hierarchy of Needs reference
Maslow Hierarchy of Needs reference / purpleslog

アブラハムマズローと言う名前を聞いたことはありませんか?心理学を学んだ人であれば一度は耳にした事があるぐらいの方で人間性心理学の最も重要な生みの親とも言える人物です。アカデミックな心理学のみならず、教育や経営学のような隣接領域にまで踏み込んだアブラハムマズローの思索に興味はありませんか?


スポンサーリンク


アブラハムマズローの心理学概論

アブラハムマズローと言う人物は精神病理の理解を目的とする精神分析と、人間と動物を区別しない行動主義心理学の間の、いわゆる「第三の勢力」である心の健康についての心理学を研究した人物です。そんな人物を語る5つのキーワードで今回はアブラハムマズローをご紹介しようと思います。

①人間性心理学が生まれた背景

アブラハムマズローを語る上で彼の「第三の勢力である人間性心理学」を提唱した背景については外せません。アブラハムマズローが人間性心理学を唱えた背景には、それまで第一勢力であった創始者フロイトを始めとした精神分析では人間の病的で異常な側面のみを研究しており、第二勢力であった条件反射を研究したイワン・パブロフを始めとして、オペラント条件づけの研究を先導したバラス・スキナーによる行動主義心理学では人間と他の動物を区別せず、どちらも「正常で健康な人間を対象とする視点が欠如している」という主張がありました。今では考えてみれば当たり前の事ですが、心理学と言うのはそうした病理学や動物学とは違うものであって欲しいと言う思いがアブラハムマズローにはあったのです。

②自己実現理論

続いてご紹介するアブラハムマズローの事を知るためのキーワードは自己実現理論です。アブラハムマズローは「人間は自己実現に向かって絶えず成長する生きものである」と仮定し、人間の欲求を5段階の階層で理論化しました。またこの自己実現理論は「マズローの欲求段階説」とも言われるものである事からも、アブラハムマズローの研究の中心にこれがあった事を教えてくれる大事なものである事が分かります。このアブラハムマズローの考えに基づくと人間の欲求はピラミッド上になっており、一番下に生理的欲求、その上に安全の欲求 、社会的欲求(あるいは所属と愛の欲求)、承認と尊重の欲求、そして一番上に自己実現の欲求があり、人間の欲求と言うものは下から順に満たされないと解決しないとされています。


スポンサーリンク


③存在動機

アブラハムマズローは実はもともとは第二勢力である「行動主義心理学」を学んだ人物でした。その為元は動物の研究から転向した基礎心理学者であったと言えます。しかしそうした動物実験などを繰り返しているうちにそれまで言われていた行動の原因の動機として空腹などの単純な特定の欲求を満たすような欠乏動機では説明できないものが人間にはあるという事に気がつきました。少し考えれば当たり前ですよね?動物と人間では求めるものの多さに差がありすぎるからです。そうした足りないものを求めるだけではないより高次の価値を求める人間について研究しようとして、人間の行動原理には欠乏動機以上のもの「存在動機」が存在しているとアブラハムマズローは主張し、その結果生み出されたものこそが先程紹介した自己実現理論なのです。

④人間は一人一人細部まで違うと言う発想

アブラハムマズローは先程触れたように人間と動物を違うものであると考えるべきだと考えた人物です。そしてその最大の違いに個人差こそがあると考えていたことがあると言えます。第一勢力精神分析においては「患者(クランケ)」は疾患しているところがありそれに注目して治療すると言うものでした。第二勢力行動主義心理学は「人間」と言うカテゴリーの分類での特長などを研究しました。しかしそうした「誰にでも通用するという事は人間の心理にはない」という考え方がアブラハムマズローにはありました。だからこそ個人個人に合わせたアプローチの大切さと、個別の問題にフォーカスしたものの考え方が必要で、これまでとは違う考え方が心理学には必要だと主張したという訳です。

⑤アブラハムマズローへの批判

アブラハムマズローはこれまで紹介してきたことから凄い人間であると言う印象を受けますが、アブラハムマズローに対する批判もまたかなりあります。それと言うのも最大の問題は科学的に脆弱だというもの。アメリカの経験論哲学者に経験的実証の欠如により、マズローの着想は時代遅れであり「もはやアカデミックな心理学の世界では真面目に取り上げられてはいない」と断言されるほどのもので、アブラハムマズローの主軸の理論の5段階欲求という図式も西洋的な価値判断やイデオロギーにバイアスがかかっているとして非難されています。用は簡単に言えば哲学的な話でならともかく心理学と言う学問で語るほどの事では無いと言う評価をされているわけですね。そうした批判からアブラハムマズローは「心理学」に対応した哲学、倫理学を打ち立てるという目標を持っていましたが結局未完のままアブラハムマズローはこの世を去ります。しかし彼の後に人間性心理学として続く人物が多数おり、今日でもカウンセラーを目指す人は学ぶことからも批判されてきたアブラハムマズローですが彼の果たした心理学への役割は大きなものであると言えるでしょう。


アブラハムマズローと言う人物とその心理学を知るための5つのキーワードをご紹介させていただきました。個人的感想ですが心理学と言う言葉を聞いて専門的な難しいことをイメージする人よりも、身近に思う人はアブラハムマズローから入ってみるといいと思います。それだけ普通の人の心理学を彼は残しているからです。

スポンサーリンク

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!

その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『恋と運命の真実』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる方は、是非お試しを!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 四国1番霊山寺
  2. パワーストーン【茶色編】カラー別の意味や種類・選び方について
  3. 夢占い 苦しい
  4. 夢占い 廃墟
  5. 夢占い ギャンブル

スポンサーリンク