恋愛

愛妻家には共通した特徴がある!結婚後も幸せになれる5つのポイント

愛妻家

愛妻家になる男性の特徴と言うものに興味ありませんか?

結婚した後、幸せでいるためにはやはりパートナーが自分のことをどれほど大事にしてくれるかがとても重要な要素であり、男性の場合はそれが出来る人を「愛妻家」として特別な存在だとしています。

そこで今回はそんな特別な存在である愛妻家である男性に見られる主な特徴を5つご紹介させていただきます。

愛妻家になる特徴

拘りや趣味を持っている

何かに対して強い拘りや没頭する趣味を持っている男性は、比較的浮気しない男性であり、愛妻家になりやすいと言われています。オタク気質だとかマニアックな知識に精通していると言うことは一途な性格な人であるからです。

もちろんそれらに入れ込むあまり妻を大事にしない夫とまでなってくると問題がありますが、一つのことに入れ込むと言うことはあまり心変わりしにくい特性を持っているということでもあり、結婚した相手に対しても結婚した時の思いが長続きする特徴があります。

その為妻以外の女性に対して恋愛感情を抱く可能性が低く、妻のことを優先しやすい男性のまま長く付き合えると言うわけです。

ただしこのタイプの男性の場合、同じ趣味を楽しめたり、相手のこだわりへの理解がないと、とても自分のことを大事にしてくれている気がしないという欠点もありますし、趣味やこだわりへの情熱が強すぎて、日ごろのコミュニケーションが少ないと耐えられない方との相性も悪いです。

向上心や学習意欲が高い

愛妻家

愛妻家である条件として「妻がそう思ってくれるかどうか?」が結構重要な鍵となってきます。

ではどうしたら妻から愛妻家であると思ってもらえるようになるのかと言うと、妻に満足してもらえる状態を作れるかどうかが重要。

しかし人間は慣れる生き物であり、以前なら満足していたことが次第に普通になっていくために、向上心や学習意欲が高いタイプでないと相手に対して不満を抱かせるようなになっていきます。

最初のころはたいそう喜んでくれていたことなのに、そのうち相手からお礼も言われなくなったことありませんか?

人間とは自分が思っている以上に感謝を忘れ、当たり前を学習しますから、この相手が感謝を感じなくなりつつあるかどうかを感じ取り、変化をつけて新しい感謝の気持ちを抱かせるために「もっとこうしよう」、「これはアレがよくない」と言うことに気がつく必要があるのです。

その為、愛妻家となれる男性には向上心や学習意欲が高いと言う特徴がある人が多く、相手のことを理解しようと一生懸命になれるため、相手からも周りからも愛妻家であると思われると言うわけです。

自分の人生にある程度満足している

愛妻家たるものやはり優しい人であることは重要ですが、どんな人であろうとも優しい時と優しくない時があるもので、厳密に言えば「優しくしてくれる時が多い人」が愛妻家になりやすい特徴であると言えます。

ではどんな人が優しい時が多い人なのかといいますと、幸せな人、満たされている人であると言えます。

金持ち喧嘩せずとか、衣食足りて礼節を知るの言葉のように、まずは自分の人生が満たされていると思えなければ、それを満たすためそればかりに集中し、時には人を蹴落としたり人から奪おうとするもの。

その為これまでの人生にある程度ポジティブな印象と言うか、自分の人生が悪くないものだと思える人であればあるほど基本的には優しい時が多いのです。

なので自尊心がある程度高い男性や、過酷な過去を乗り越えたような男性は、愛妻家になる確率が高いのです。

予断ですがこのことは「今」相手が幸せだと思えるかどうかにも大きく影響を受けます。

誰だって自分が幸せな時は人に優しくもなるものであり、自分が辛い時には他人に冷たいものですが、意外とこのことを人は見落としがち。

相手に優しくされたいならば、相手の不満を満たしてあげると言うのも一つの方法です。

金銭感覚がしっかりしている

愛妻家の男性には金銭感覚がしっかりしていると言う特徴が見られます。

これはお金持ちかどうかとか、倹約家かどうとか言う話ではなく、あくまで今の生活に対して「適切なお金の使い方というものをわきまえて行動しているのかどうか?」が、問題ですのでここだけは勘違いしないで欲しいです。

どうしてそんなところを念押しするのかと言うと、正確に言うと愛妻家になる男性に必要な能力として挙げられるのは「お金を稼ぐ能力」でも「お金を使わないように出来る能力」でもなく、「必要なことを見極めることが出来る能力」だからです。

金銭感覚とはこの必要なことを見極める能力が最も如実に現れるものであり、適切な金額を適切な理由に使えるかどうかがそれを教えてくれます。

これはケチであればいいのかというとそうではありません。

例えば金銭感覚が厳しいケチな男性はリスクに慎重な浮気をしない男とは言えるかもしれませんが、リターンも少なくなりがちで妻を満足させて上げられる男性ではない可能性が高いです。

その為しっかりとお金を使う理由を考えることが出来て、その効果がどんなものなのかを考えた上で使える男性であり、理想を言うならばこれを妻に共有して、独りでお金の使い道を決めないようにする男性が理想の愛妻家になれる男性であると言えます。

特殊な性的嗜好持ち

最後に世界的な規模で大真面目に「愛妻家である男性の条件」を研究したある方の行き着いた答えをご紹介させていただきます。

その結果とは何なのかと言いますと「特殊な性的嗜好持ちの男性は愛妻家になりやすい」と言うとんでもないもの。

性的嗜好と言うと聞こえが悪いですが、英語で言うところのアブノーマルをこれは指しており、ようは世間一般とは違う異性の美醜の観点を持っていたり、異性の特定の行為や特徴に異常なまでの拘りを持つタイプの人だと思ってください。

こうした方は結婚した相手がその自身の理想に合致していると言うケースが多く、そうでない場合も波長が合わない人をパートナーにしにくいことから結婚したことにより、お互いが「染まる」ケースも多いため、非常に夫婦仲が良い家庭になるのだという研究があります。

これは言い方は悪いかもしれませんが、結婚した相手以外のことは考えられない状態になりやすい共依存関係を作りやすいというわけです。

恋愛においては「普通」ということはあんまり歓迎されないことであり、こうした「とがった」感じのある人の方が結果的にはうまくいくということなのかもしれません。

ちなみに良いのか悪いのか、この結果を受けて「だから日本人は愛妻家が多いのだ」と言う冗談なのか、本気なのか分かりにくいコメントもありました。

まとめ

愛妻家に共通した特徴を5つ後紹介させていただきましたがいかがだったでしょうか?

今回書かせていただきたことは冗談っぽく見えるものもありますが、いずれも本当に愛妻家になりやすい特徴です。

また自分のパートナーが今愛妻家である条件を持っていなかったとしてもがっかりすることは何一つありません。

なぜならどの特徴もパートナーしだいでは身につけられる特徴であり、お互いが相手の事を大事にしようとする気持ちこそが一番大事なことだからです。

結婚後も幸せになるのに最後にものを言うのはこうしたお互いの気持ちであることも忘れないでください。

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたのオーラや生年月日を元に導き出される 『オーラ診断』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら期間限定で診断カルテを無料でプレゼント!

この機会にあなたの運命がどうなるのか知りたい方は是非やってみて下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

error: Content is protected !!