安眠不眠に効果があるアロマオイル!おすすめな5つの香りとは

アロマ 安眠
近年、不眠症に悩む人は少なくありません。悩み事やストレスなどから、安眠することができず、睡眠不足で体調ば悪くなる人もいます。睡眠はとっても大切!アロマは安眠不眠に効果が期待できます。中々寝付けない方に、安眠効果のあるアロマオイルをご紹介したいとおもいます。

安眠に効果があるアロマオイルでリラックス!おすすめ5選

①ラベンダー

安眠効果のあるアロマオイルの定番である「ラベンダー」。爽やかでフローラルな香りで、他のアロマオイルとも相性が良くブレンドしやすいアロマオイルです。

「ラベンダー」には、スパイク・ラベンダー、ラバンジン、フレンチラベンダーの3種類があります。これらの「ラベンダー」と区別するためには、「真正ラベンダー」とも呼ばれているアロマオイルがあります。自律神経のバランスを調整する働きがあるので、自律神経失調症による不眠にも効果があり、ストレスや怒り、不安や心配を抱えた心を癒してくれる効果があり安眠できます。就寝前に、利用するのが効果的なアロマオイルなのでゆっくり眠りたいときにオススメです。

②マンダリン

「マンダリン」は安眠に効果があるアロマオイルで、日本では「ぽんかん」としての親しまれています。「ぽんかん」と聞くと身近に感じられますよね。原産地は中国。日本の代表的な果物である「温州みかん」も、マンダリンの仲間です。甘くジューシーな香りがするので、香水やスイーツなどの香り付けとしても大人気。そんなマンダリンは、交感神経を鎮静し、疲れた心を明るく元気にし、リラックス効果もあるため安眠効果が期待できるアロマオイルです。

③プチグレン

「プチグレン」は聞きなれない名前ですが、柑橘系のさわやかさにフローラルな甘さに木の香りがする安眠効果のあるアロマオイルです。オレンジ・ビターの葉や枝から抽出されるのが「プチグレン」です。「プチグレン」とは「小さな粒」という意味。もともと未熟で粒のようなオレンジの果実から抽出されていたことから、この名前が付いたそうです。「プチグレン」には、中枢神経を抑制する働きがあり、安眠に効果的です。

④ネロリ

「ネロリ」は柑橘系の植物から採取されるのですが、高毒性はありません。なので日中でも安心して利用できるアロマオイルです。「ネロリ」には不安や緊張をやわらげ、気持ちを落ち着かせる効果があり、催眠性が高く、不眠症の方にもおすすめの安眠できるアロマオイルです。成分のネロリドールがホルモン分泌に作用するので、更年期障害など女性のトラブルを和らげてくれる効果もあるアロマオイルです。
 

⑤フランキンセンス

「フランキンセンス」はかすかにレモンの香りがある澄んだ香りの安眠効果のあるアロマオイルです。
幹に傷をつけると乳白色の樹液が染み出すので「乳香」とも呼ばれています。美容にもよく「フランキンセンス」をつかったコスメもあります。「フランキンセンス」は静けさをもたらす作用があり安眠効果があります。イライラや不安、心の乱れを和らげてくれます。忘れられない過去から解放させてくれ、自己を高める手助けをしてくれると言われていて、トラウマや悩み事などがあり眠れない時にぴったりの安眠できるアロマオイルです。甘さと苦味をもつビターオレンジの花の香りのアロマオイルです。


安眠に効果があるアロマオイルでリラックス!おすすめ5選いかがでしたか?就寝前の習慣として使用すると、質のいい睡眠がとることができるのでおすすめです。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 四国1番霊山寺
  2. パワーストーン【茶色編】カラー別の意味や種類・選び方について
  3. 夢占い 苦しい
  4. 夢占い 廃墟
  5. 夢占い ギャンブル

スポンサーリンク