こんな方法もあったの!?アロマで浄化できる9つのポイント

アロマで簡単に浄化できる5つの方法

何かを始める時、季節で言うと新年度になる春は浄化にとてもいい時期です。

一年を通してでも節目節目でも、そして毎日でも自己浄化をすることで気分がリセットできます。今回は香りを使った浄化方法の中からアロマを使った手軽な浄化方法を5つご紹介します。さぁ気分をスッキリさせてみませんか?


スポンサーリンク


香りも楽しめる浄化方法でアロマを使って手軽に!

浄化方法にはレイキやパワーストーン、セージを用いたものと数多くありますが今回は手軽に気分もリラックスできるアロマオイルを使った浄化をお伝えしたいと思います。やり方やどんなアロマオイルがいいかなどを踏まえながら紹介いたします。

①アロマオイルが初めての方へ

先ずはアロマオイルを使ったことがない方にも手軽に揃えられるものをご紹介します。

アロマオイルを選ぶときには必ず【精油】又は【エッセンシャルオイル100%】【アロマオイル天然】をご用意ください。

つまり100%ピュアな物です。安価な物には良くラベルを見ると【合成油】と書かれているものがあります。100%ピュアなものは希釈などで化粧水や入浴剤としても使える物となります。

実は知らない方も多いのですがアロマオイルは数種類ブレンドすることで効能や香りがグッとアップします。身近に感じ抵抗感がない浄化作用のあるアロマを選ぶなら、ローズマリー・フランキンセンスを用意しましょう。そこにブレンドとしてラベンダー・レモン等の柑橘系のものを使います。では浄化に良いとされる効果などを説明していきましょう。

②浄化に良いと言われる香り

Rosemary
Rosemary / HealthGauge

ローズマリーは料理でも使われていますし、ハーブとしても良く知られています。効果として良く知られているものは若返りや集中したい時などにいいとありますが、実は霊的防御にも効果があると言われています。霊とありますがオバケなどより生きている人から受ける波動の方が浄化が必要では無いかと思われます。なぜかあの人と話した日は体が重く感じることなどありませんか?そうしたもの、場所などを浄化することが大切です。

次にフランキンセンスです。こちらは浄化として良く知られたものです。フランキンセンスというとピンと来ないかもしれませんが、和名は『乳香』で香水などに用いられています。浄化はもちろんのこと、こちらも肌にもよく抗菌作用もあります。まずこの2つの浄化作用のあるアロマをご紹介いたしました。ではブレンドとしてのアロマとのお話に移りましょう。

③万能アイテムと柑橘系アロマ

浄化目的だけで揃えるのではなく他の効果もあり、なお浄化効果がある方が生活の中に溶け込みやすいでしょう。浄化浄化・・・・と思いすぎる気持ちはその気持ちほど浄化した方がいいかもしれませんね!

よく「何滴ずつですか?」「量は?」と気にされる方が多いかと思いますが、それこそこの自然100%天然のパワーを借りるのですから、欲している自らの体や心が一番知っているはずです。大体アロマの瓶はポタポタと少量が1滴ずつ出てきます。気持ちのまま種類も量も自信に問いかけてください。それがあなたの必要な物であることに確信を持ってください。

代表的とも言われるラベンダー。眠りのアイテム、肌の若返りなど効果も数多くあります。レモンとブレンドすることで風邪予防効果もありますし何と言っても香りが受け入れやすいものです。柑橘系と混ぜるのはなぜかと言いますと、柑橘系は元気になる作用があります。女性に人気なものでオレンジもおすすめです。レモンは殺菌作用、グレープフルーツはダイエットとしても知られていますね。それに果物として身近なこの柑橘系は気持ち的にも安心感があります。この身近なものに浄化効果のあるものをブレンドして使うことにより楽しく難しくなくアロマでの浄化をする事が出来るかと思います。


スポンサーリンク


④簡単な浄化方法で日々の中に

蝋燭で火を灯し蒸発の香りを楽しむ方法は雑貨店でもよく見かけるアロマポットです。火を使うので取り扱いには十分注意しましょう。毎日のお風呂を浄化タイムにしてみるのもいいですね。シャワーを浴びることだけでも浄化作用もありますが、湯船に数滴アロマを垂らすだけで湯気によりお風呂場に香りが回り全身で浄化を感じる事が出来ます。ゆっくりつかり鼻から湯気を吸い口から吐くなどもいいですね。
(ただしこのやり方には人によって皮膚がかぶれたなどオイルと合わないこともありますので、使い方を専門家に相談しながら使うことをおすすめいたします。)

もっと楽しみたい場合は好きなアロマと重曹とクエン酸で入浴剤を手作りしてもいいです。お風呂場は湿気がこもる場所なので、この香りでの浄化はお風呂場自体の浄化にもつながりますからお勧めです。ラベンダー・フランキンセンスなどでゆったりとしたバスタイムをお楽しみください。

⑤お部屋に置くタイプの浄化グッツ

お部屋の芳香剤や消臭剤かわりにもなる浄化法です。お好みの容器に重曹と数滴のアロマ!これだけです。アロマで浄化し重曹は消臭効果で一石二鳥となります。ケーキを購入した際についてくる保冷剤を重曹の代わりに使ってもいいです。部屋の浄化、そしてキッチンやトイレの浄化にもこのアイテムは使えます。

⑥実は髪の毛は盲点

髪の毛の浄化は結構大切かもしれません。髪を切るというのも浄化の一つとしてあります。ですが早々カットしてばかりはいられませんよね。

朝のヘアセット時にそして外出時にも手軽に使えるのがスプレーボトルに入れて使えるアイテムです。スプレーボトルに精製水(又は水道水)を入れそこに数滴。しっとり作用が欲しい場合はグリセリンを少量入れます。

この浄化スプレーは化粧水としても使えますのでとても便利です。ここで注意点は柑橘系は陽に当たると酸化してしまうのでラベンダー・フランキンセンス・ローズマリーなどを使いましょう。

⑦浄化スプレーその2

先ほどの肌につけられるタイプのものを代用してもいいですが、場の浄化用としての浄化スプレーがもう一つあると便利です。自宅は勿論ですが、外出先の場の浄化も大切です。

わかりやすいもので【旅行】です。そして【部屋】です。旅行先のホテルの部屋・・・盛り塩などの方法もありますが、この浄化スプレーをシュッシュッとすれば手軽に場の浄化が可能です。この場合より効果があるように精製水にレモン・ローズマリー・フランキンセンス等がいいかもしれません。さわやかな気分になりたい時は柑橘系を使ってください。肌につけ外出することが無ければこちらも髪や肌にも使えます。

⑧お財布やバックも浄化

色々な人が手にしたお金が入っている財布、それを入れているバックも浄化してみましょう。簡単にはティッシュに数滴垂らしそれを財布やバックのポケットなどに入れて置くのもいいかもしれません。より効果を上げたい場合は天然塩にアロマを垂らし布などに包んで持ち歩く方法もあります。アロマは直に触れると布や皮が変色することもありますので、ご注意ください。

⑨浄化はプチリセット

浄化のやり方やアロマの種類もほんの一例でしかありません。より深く知りたい場合は効能などを調べてご自身に合ったものを選ぶことをおすすめ致します。私が愛用しているものはフランキンセンスです。自宅に居る事が多いので、アロマディフューザーを使用しています。アロマディフューザーは火を使わず振動により拡散させるものなのでダイレクトに香りを楽しむことができます。

レモンとフランキンセンスをブレンドし部屋の浄化をしています。出張などの際は浄化スプレーを持ち歩いていました。手軽でとても便利でした。浄化はプチリセットだと思って、どうぞ気軽に日常に取り入れてみてください。香りある日常になります。


いかがだったでしょうか?

何気ない生活の中にもこの浄化はちゃんと組み込まれているのです。浄化は決して怖いものでも怖い世界のことでもありません。人が眠ってリセットするように、プチリセットです。自分だけの浄化方法を見つけるのもいいでしょう。今必要なことをやればいいのです。シンプルに気軽に浄化生活してみましょう。

浄化が必要か必要でないかは人それぞれかもしれません。生まれ持って自己浄化が優れている人もいます。型に囚われず今回は香りも楽しむ感じでアロマを使った浄化を楽しんでみましょう。アロマで生活が変わるかもしれません。


【アロマの使い方】についてアロマグッズ別まとめたこちらの記事もぜひご覧ください。

▶︎ 【アロマの使い方】アロマポットやペンダントグッズ別のまとめ

スポンサーリンク

あなたの好きな人は本当に運命の人? 97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『六芒星占術』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる方は、是非お試しを!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 夢占い 廃墟

    2017.10.18

  2. 夢占い ギャンブル
  3. 夢占い はしご
  4. エンジェルナンバー 222
  5. 寝ながら 瞑想

スポンサーリンク