ライフ

アルフレッド・ノーベル名言|成功できる発想力を学ぶ5つの言葉

アルフレッド・ノーベル名言

ノーベル賞を創設したことで知られるアルフレッド・ノーベル。

ダイナマイトの発明で知られるスウェーデンの化学者であり、発明家であり、実業家でもあったこの人物は、今の世の中でも間違いなく成功できるような発想力と行動力を併せ持った人物であり、現代に生きる私たちが見習うべきところが沢山あります。

そこで今回はそんなアルフレッド・ノーベルの見習うべきところを教えてくれるような名言を5つご紹介させていただきたいと思います。

アルフレッド・ノーベルの名言に興味ありませんか?

働くと言うことへの意識

「仕事があれば、そこが我が祖国。 仕事はどこにいてもできるのです。」

この名言はアルフレッド・ノーベルが残した働くと言うことへの考え方を教えてくれる名言。

仕事をするとか、働くと言うことについてプラスのイメージを持っている人は多くないでしょうし、出来ればしたいと思わないものと言う人が殆どでしょう。

しかしそれは仕事が出来ている人だからこそ思うものであり、仕事がしたくても出来ない人からすればなんとも贅沢な話です。

なぜなら人間と言う生き物にとって仕事と言うのは生きる糧となる金銭を手に入れるためのものではなく、自分を必要としてくれていると言う感情を満たしてもくれるものだからです。

そのため仕事と言う「自分を必要としてくれる」所こそを人は結構拠り所として生きているとも言えるのです。

人によっては「職場において自分の代えなんていくらでもいる」とか、「自分は社会の歯車だ」なんて思うことも、もちろんあるとは思いますが、「自分がしている仕事がある以上は自分が必要とされている」と思ってみるとどうでしょう?

それだけで仕事のイメージが全部プラスになるなんてことはないでしょうが、そこまで仕事をマイナスに捕らえることはなくなるでしょう。

そうしたことからこの名言は人に仕事と言うものを肯定的に思わせてくれる名言であると言えます。

人生とはどんなものなのか?

「人生は気高いもの。 自然から授かったこの宝石を人は磨く。 輝く光がその労に報いてくれるまで。」

この名言は人生というものについてアルフレッド・ノーベルがどう考えていたのかを教えてくれる名言。

人生とは?

こう聞かれた時人によって様々な答えがあるでしょうし、様々な偉人が「人生とはこう言うものだ」という名言を残していますが、アルフレッド・ノーベルは人生を「宝石」と表現しました。

どうして宝石なのかと言うと、宝石と言うの原石から削りだし、研磨し、更に様々なカットによってそれぞれの良さのある輝きを見につけるものであるからであり、原石の段階よりも完成した宝飾品の方が価値が高くなるものだからです。

人間だってこれは同じこと。

生まれた段階ではそこまで大きな差はなくとも、成長過程でどういう経験をし、どういうことを成し遂げるかで、大人になるころにはまさに十人十色の違いを持ち、色々な経験を積んだり、自分を鍛えたり、知識を蓄えたりと、宝石の削りだしや研磨、カットにあたることが出来ていれば出来ているほど価値があるものとなるでしょう。

自分の人生が良いものになるか悪いものになるのかはその人自身がどれほど良いものにしようとして来たかで決まる。

そんなことをこのアルフレッド・ノーベルの名言は教えてくれます。

想像力の必要性

「1000個のアイデアがあったとしても1個実現したら良い方だ。」

この名言は科学者にして発明家でもあるアルフレッド・ノーベルが実現できるようなアイディアを生み出すために必要なことを語った名言。

世の中には奇抜な発想やアイディアで成功を納める人という方も結構いますが、そうした人はよくよく後から見てみると「一発屋」と呼ばれる人の方が多いです。

これはなぜかと言いますと実現可能なアイディアを出すと言うのはかなり難しいことであり、1000個のアイディアがあったとしてもその中の1つを実現させることが出来るかどうかと言う程度でしかないからです。

そのため多くの成功するためのアイディアと言うものを出したいのならば、その分多くのアイディアを想像するだけの想像力・発想力が必要です。

たまたま連続していくつもアイディアが当たる人なんてまずいません。

そうした連続して成功する人と言うのは実はその何千倍以上ものことを考え、その中でもいくつも試した結果や経験から「正解」を出しているものなのです。

このアルフレッド・ノーベルの名言はそうした本当の成功を掴むための想像力の必要性を教えてくれる名言なのです。

恐れ過ぎずに進む精神

「この世の中で悪用されないものはない。 科学技術の進歩はつねに危険と背中合わせだ。それを乗り越えてはじめて人類の未来に貢献できるのだ。」

この名言はダイナマイトを作り出したアルフレッド・ノーベルらしい名言であり、危険を顧みない開拓精神をうかがわせる名言。

この名言は更に

「私は平和的発案の促進の為、私の死後、大きな基金を残すつもりだ。ただ、私はその結果については懐疑的だ。 遺産を相続させることはできるが、幸福は相続できない。」

と続くものだそうで、アルフレッド・ノーベルが自身につけられたレッテルである「死の商人」だとか「大量虐殺者」と言うものをどう捕らえたかも語っています。

この名言で彼は正に自分がしたことに後悔はないと言う姿勢を見せており、自分が出来る限りのことはしたいと思ってはいても自分が出来ることにも限界があり、自分がどうしようとそれら全てを解決できるものでもないし、そもそもそうしたことを恐れていては何も出来ないということも語っています。

言い方は悪いですが、私たち人間は自分達のことを過信しすぎて「完璧」や「最高の結果」を最初から作り出そうとしてしまうところがあります。

でもそれでは確かに結局一歩も前に進めずに終わりを迎えることもあり、その姿勢を貫いて成功できる人なんて非常に稀なのです。

このアルフレッド・ノーベルの名言はそうした恐れ過ぎずに進む精神が成功を掴むには必要なのだと教えてくれる名言です。

尊敬とは何か?

「尊敬されるには、尊敬に値するだけでは不充分。」

他のご紹介する名言とは趣向を少し変えてアルフレッド・ノーベルのこんな名言をご紹介させていただきます。

尊敬されると言うことは、どういうことだと思いますか?

頼りになるとか、凄いことができることで尊敬されるものなのでしょうか?

あるいはそれに人格者であるとか、人に知れ渡っていると言うことが加われば尊敬されるものなのでしょうか?

その答えはNOであり、日本語にするとなんだかおかしなことなのかも知れませんが、尊敬されるためには、人から「尊敬に値する」と思われる程度ではまだ足りないのだとアルフレッド・ノーベルは言います。

では何が足りないのかと言うと「したことが好意的な方向での印象に残ること」であると言えます。

アルフレッド・ノーベルはダイナマイトを開発したことにより、「可能な限りの最短時間でかつてないほど大勢の人間を殺害する方法を発見し、富を築いた人物」と言う評価をされるようになったと言います。

さてそんな評価をされている人物って尊敬されるのでしょうか?

凄いことをしたことには間違いないでしょう、彼本人も人格者で好き好んで人を殺したい人物ではなかったですし、それらのことは広く知れ渡っていました。正に尊敬するに値するでしょう。

でも結局彼の世に出したダイナマイトの利用され方の結果彼は「心から尊敬される対象」ではなかったです。

結局尊敬されるされないは「値する」と言うレベルでは本当に尊敬されていないと言うわけです。

彼はそのことを彼の兄が死亡したことを取り違えた新聞の死亡記事に書かれたことから感じ、ノーベル賞というものを創設し、今では尊敬される人となったと言います。

この名言はそんなアルフレッド・ノーベルの尊敬されるのに必要なことを教えてくれる名言です。

アルフレッド・ノーベルの名言5ついかがだったでしょうか?

未だにアルフレッド・ノーベルについては評価が悪いようなところがなくもないのですが、彼のように自身が業を背負ったことで人類の発展を促した人物と言うのは実際いるのが現実で、筆者は十分尊敬すべき人物であり、その精神は参考にすべきものだと思います。

特に今自分が良くない停滞をしていると感じる方には参考にして欲しいと思います。

こちらの記事もご覧ください。
▶︎ 【世界名言集】偉人から人生を学ぶ最高のヒントまとめ一覧

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだタロットカードや生年月日をもとに導き出される 『恋愛タロット占い』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら期間限定で診断カルテを無料でプレゼント!

この機会にあなたの運命がどうなるのか知りたい方は是非やってみて下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

error: Content is protected !!