スピリチュアル

神話から朝と夜のイメージの違いを読み解く5つの話

神話から読み取る朝と夜のイメージの違い5つ

皆様は朝と言うとどんなイメージをお持ちでしょうか?始まり、活力、生命、正義。昔の人はそんなイメージを持っていたようです。では夜はどうでしょう?朝と反対の終わり、死、悪だけですか?昔の人はそれだけでなくプラスのイメージも持っていたことが実は神話から分かります。あなたの朝と夜のイメージはどのようなものですか?



神話から朝と夜のイメージの違いを読み解く5つの話

そもそもまず神話で朝や夜を象徴する神様と言うのはそんなにいません。では神話のどこから昔の人の朝と夜のイメージを読み解くのかと言うと、主に朝の象徴である太陽と、夜の象徴である月が鍵になります。
今回は5つの神話で見られる月と太陽の関係から昔の人がイメージした朝と夜のイメージについて5つ後紹介致します。

①ギリシャ神話の朝と夜:ヘリオスとセレネ

ギリシャ神話で太陽と月の神と言うとアポロンとアルテミスの兄妹神がイメージされますが実は元々その要素は無かったのです。彼らはこのヘリオスとセレネが同一視されたことによりそれぞれ朝と夜の神様であるともされたのです。

では元祖朝と夜の神様である彼らの特徴はどんなものかと言いますと、兄であるヘリオスは東の宮殿に住みアポロンの目覚めに合わせて太陽を引っ張ってくる神様です。その役は常に空にいるとされており、神が犯す罪さえも告発して回る正義の象徴でもあります。それに対して妹のセレネは銀の馬車で夜空行き、柔らかな月光の矢を放つ生き物の誕生と繁殖を司どる神様です。

一見するとどちらも良い神様で終わりそうなのですがヘリオスは雄雄しく正しく、と言った神話があるのに対してセレネはちょっと怖い一面を持っています。一番怖い話しが彼女が愛した男性を無理やり永遠の眠りにつかせ自分だけのものにして50を超える子供を生んだ話。この事から月も綺麗なものだけど油断すると死んでしまうと言うイメージを昔の人は持っていました。
つまり朝は人に安全と安心を、夜は美しさと恐怖を与えると言うイメージがあったようです。

②ローマ神話の朝と夜:アポロンとルナ

ローマ神話ではヘリオスはアポロンと同一視され新しい太陽つまり朝の神となります。それに対して月、夜の神様はローマ神話のルナとギリシャ神話のアルテミスが同一視され生まれたディアナと言う神様が司っています。
この兄妹神がローマの朝と夜のイメージを教えてくれます。アポロンに関してはギリシャ神話の内容と同じ事が語られていますが若干自由人と言うか人間味が増しており、ディアナに関してはアルテミスと違った面も語られています。

例えば月の満ち欠けと同じで3つの顔を持ち、神の世界ではルーナ、地上ではディアナ、死者の世界ではプロセルピナであるとされています。コレは多くの神様が同一視された結果でもありますがもう一つ「人間だけの時間ではないから良いことも悪い事も予想がつかない事が起こる」と言う意識がそこには見て取れます。そんな事から古代ローマに人は朝は自分達の時間で自由なイメージ、夜は人間以外の時間であり規則を守らなくてはいけないイメージを持っていたといえます。



③エジプト神話の朝と夜:ラーとヘズル

ちょっとマニアックな神話なのですがこのエジプト神話では上記の二つの神話と違った朝と夜のイメージの特徴が見ることが出来ますのでご紹介します。

ラーと言う神様はエジプトの最高神でもあった有名な神様であり太陽神です。古代エジプト人は太陽の昇り沈みをこのラー自体の変形と考え、日の出のときはフンコロガシ、日中はハヤブサの姿をして天を舞い、夜は雄羊の姿で夜の船に乗り死の世界を旅すると考えていました。この辺はある程度神話やエジプトに詳しい人なら知って居るかもしれませんが真にマニアックなのはヘズルと言う神様です。

ヒヒの顔を持つ知恵と月の神様でラーがいなくなった夜に明かりを与えてくれる神様であり、実のところ夜と全く関連していない神様なのです。そう、エジプト神話においては月は夜の象徴ではなく、ただただ冷たく暗い死者の世界であるものとされていたのです。

そんな死者の世界でも活動出来るのは神様だけであり、人間は必ず寝ていなければ死んでしまうとされておりました。そんな事から古代エジプト人は朝は生き物の時間、夜は神無き怖い死の時間と扱っていたことが分かります。

④ケルト神話の朝と夜:ルーとヴァロール

エジプト神話の太陽神と似たような名前をしていますがこちらはケルトの太陽神です。朝の象徴ルーとその祖父でもある夜の象徴ヴァロールの関係は完全に敵対関係にあります。ちなみにヴァロールは夜を象徴しても月の象徴ではないのです。月を象徴する神様は何人かいるのですがそれらは全て太陽神としての側面を持ちます。

月は夜の一部ではないところまではエジプト神話と同じなのですが、夜を司る魔王のような存在はいるのです。その点からしてエジプト人よりもケルトの人々は夜に恐怖を感じていたと言えます。もちろん環境の差でもあったのでしょうがそれ以上にケルト人にはエジプトには無い潜在的に夜になると怖いものがありました。それが言語の違う人種からの攻撃です。

この地方では古くから様々な人種民族がありそれぞれがお互いを敵としていた歴史こそが様々な「神族」が争う神話を作り上げて言ったとも言えます。そんな事からケルト神話からは夜は強大な敵の時間だがいずれ我々が妥当するべきものと言う攻めのイメージが窺えます。

⑤日本神話の朝と夜:天照大神と月読命

最後は日本神話から見られる朝と夜のイメージのお話です。日本神話が他の神話と大きく違うのは太陽神が女性であるということです。コレ実は重要な事が隠されています。それは男性が太陽神の神話を持つ地域では朝の時間は男が主役。そして男の方が強く正しい。と言うようなイメージが社会に根強く残っていた痕跡であると言うこと。朝と夜のイメージに男女のイメージがそこには加えられているのです。

その点日本やその基になったアジア圏内ではちょっと異端の発想が見受けられます。天岩戸伝説に始まるように日本の太陽神は正しさや男らしさと言った面を多くは持っていませんし女性太陽神がいるアジアの神話でも同じことが言えます。

女神ですので当然女性的な面が見られる神話も多く、その弟や兄であるである夜をすべる神はどうかと言うとなんと中性的な描写が多く、特に死を連想させる神話が無いのです。それはつまり日本を初め一部のアジア地域では朝も夜も男性も女性も大きな差の無いものとして扱われていたと言うイメージが見受けられます。


神話から見た朝と夜のイメージいかがだったでしょうか?最後にちょっとジェンダーの話を持ってきましたがコレもちゃんと実は朝と夜のイメージにつながっているのです。何かと言うとそれは男性=活動する=朝と言うイメージがある西の文化圏と、それらを区別する必要性を感じなかった東の文化圏で朝と夜に対する危険度の認識が違っていたという事。そうした様々な違いが実は神話には隠されています。

こちらの記事もご覧ください。
▶︎ 世界の謎や不思議にまつわる神秘的な話まとめ

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたのオーラや生年月日をもとに導き出される 『オーラ診断』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます

この機会にあなたの運命がどうなるのか知りたい方は是非やってみて下さい。

ABOUT ME
Written by
Written by
spirituabreath編集部

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

error: Content is protected !!