アダム・スミス 名言|経済学の父が語る5つの言葉

l_adam_smith_bw
l_adam_smith_bw / caitriana

経済学の父ことアダム・スミス。

彼は現代社会の経済に大きな影響を与えた考え方の持ち主で、彼の残した名言は経済的な勝者になるためのコツを教えてくれるものがたくさんあります。

そこで今回はそんなアダム・スミスの経済的な勝者になるためのコツを教えてくれるような名言を5つご紹介させていただこうと思います。

アダム・スミスの名言に興味はございませんか?


スポンサーリンク


①科学的なものの考え方の重要性

科学とは入れ込みすぎや迷信と言う毒に対する解毒剤だScience is the great antidote to the poison of enthusiasm and superstition.

このアダム・スミスの名言は、科学的なものの考えが出来るようになることの重要性を説いた名言。

結論から言いますと私たちの行動の成功失敗を大きく左右するものこそが科学的な思考です。

その理由はそもそも科学とは体系化された知識や経験の総称であり、科学的なものの考え方とは、知識や経験の蓄積により導き出す『統計的に成功しやすいものの考え方』だからです。

「誰でも普通は行動を決める時そうする」と思う方も多いかと思いますが、意外とそんなこともないのです。

なぜなら私たちは無意識に迷信や思い込みなどの影響を大きく受けるから。

根拠もなく「大丈夫」、「次は出来る」と思ってやることありませんか?

あるいは「そういうものだから」と原理も何も分からずに受け入れていることってありませんか?

こうして言われて始めて気がつくことも多いですし、言われても気がつかないことがあるほどに、私たちは実は科学的なものの考え方を日ごろ出来てはいないのです。

だからこそ科学的な思考が出来る人よりも成功率が安定せず、失敗を何度も繰り返し、資源や資産を無駄にする現実が世の中にはあります。

その為経済的な勝者となるためには、科学的な思考が出来るようになることが重要なのです。

②まずは自分を客観的に見ることから

まず知っておくべきことは、あなた自身。自分自身を知っている人は、自分の反応をオブザーバーのように見ることができるThe first thing you have to know is yourself. A man who knows himself can step outside himself and watch his own reactions like an observer.

このアダム・スミスの名言は自分を客観的に見ることの重要性を教えてくれる名言。

「相手の立場に立って物事を考えること」これは商売の鉄則とも言われるように、客観的な視点を知り物事のありのままの姿を捉えることが出来なければ、良いか悪いかの正しい評価が出来ませんから成功したいなら客観的な視点が必要。

しかしこの相手の立場に立ったり、客観的な視点を持つためにはまずそもそも自分を知らねばいけません。

だって自分がどういう思考の癖や偏りがあるかが分からなければ、そもそも自分が思う客観的な視点が本当に客観的なのかどうかが分からないからです。

例えば自分は男女平等主義者だと思っている人が、傍からすればどう見ても男尊女卑思想だった場合、その人にとっての客観的な女性像は全然客観的なものではないです。

自分が一体どんなフィルターを通して世界を見ているか?

人から見たとき自分の考え方は本当に客観的と思えるようなものなのかどうか?

まずそのことを知らねば本当に客観的なものの見方は出来ず、あくまで客観的なつもりの主観的なものの見方でしかないのです。

だからこそまずは自分を客観的に見ることから始め、多くの人に受け入れられる思考をできることが経済的な勝者となるためには必要なのです。


スポンサーリンク


③行き過ぎた良いことをしてはいけない

良いことだと思ってすることは良心が痛むこともないため、ある意味悪いこと以上に恐れるべきことVirtue is more to be feared than vice, because its excesses are not subject to the regulation of conscience.

このアダム・スミスの名言は善行とされるものが実は悪行よりも危険なものだと教えてくれる名言。

良いことをしすぎることが悪いことをするよりも悪い。

こう言われてもピンと来ない人もいるかと思いますが、例えばサービス残業を考えて見ましょう。

会社のために、仲間のために無償で働く、そう聞くととても良いことのようですが、これは実質労働分の給料未払いと言う悪いこと。

なのに言葉面を取り繕い、聞こえが良いので「良いことだから」と自分でするだけでなく、いつしか人に押し付けるようになっていきました。

でもサービス残業を押し付けられて良い気分がする人は決して多くはないですし、サービス残業に限らず良いことだからと自分が思うことが、万人にとっての良いことだとは限りません。

他にも例えばお客様は神様と言う思想の徹底が客層のマナーの低下を招き、とある国へと救援物資を送る内容を豪華にしすぎて救援される側の労働意欲を奪ったケースも実はあります。

このように「良いことだから」と思ったことは悪いこと以上に「やり過ぎる」ことであり、自分が想像してもいなかった良くない影響を何かに与えることもあるのです。

常に低価格で販売していたらそれ以外のウリを失い客離れを起こした店、サービスの質の向上に努めていたら従業員の不満が爆発して営業できなくなった店。

実際そんな事例もあります。

だからこそ良いことだと思ったものでもやりすぎるのは控えなくてはいけません。

簡単に言ってしまえば「丁度良くやること」。

そんな簡単なことなのですが、この名言は実はそれが意外と難しく、この丁度良さを理解する事が経済的な勝者となるためには必要だと教えてくれます。

④理解させることができる重要性

デキる人は自分が理解していると言うだけでなく、人に理解させることが出来るようにするため真剣である。それはいつも腕が良いと思われるわけではないかもしれないが、それこそが本物だThe prudent man always studies seriously and earnestly to understand whatever he professes to understand, and not merely to persuade other people that he understands it; and though his talents may not always be very brilliant, they are always perfectly genuine.

このアダム・スミスの名言は本当にデキる人とは?と、本当の説得力の身につけ方を教えてくれる名言。

経済とは人と人とのやり取りで成り立っているため、経済的な勝者になるためには最低限で「客」、大きな組織運営をするなら「スタッフ」や「スポンサー」などの広い意味で自分に協力してくれる人が必要。

そうした自分に協力してくれる人を手に入れるためには自分がデキる人であると思ってもらい、自分の話に説得力を持たせることが大事です。

どんなに良さそうなプランや商品でも、怪しいものなら誰も積極的に購入したいとは思いませんし、人に勧めることもできません。

だからこそ自分の提供するものを買ってもらうためには信用してもらうことが必要であり、信用してもらうために必要なのが人に理解させることができるかどうか。

経験済みの方も多いかと思いますが、「理解させる」のと「理解する」のでは全く難易度が違い、自分が理解していることを人に理解させる為にはかなりの知識と研究、そして経験が欠かせません。

しかしだからこそ理解した段階でとどまらず、理解させることができる人は信用を手に入れることができ、経済的な勝者へと近づくことが出来るようになるのです。

この名言はそんな人に理解させることが出来るようになることの重要性を教えてくれる名言なのです。

⑤「足るを知る」ことの重要性

健康で、借金がなくて、はっきりした善悪の観念があるという幸福以外にいったい何が必要なのだ? What can be added to the happiness of a man who is in health, out of debt, and has a clear conscience?

この名言はある意味最も経済的な勝者になるために必要なことを教えてくれる名言。

今回の記事のテーマは「経済的な勝者になるためのコツ」ですが、そもそも何を持ってして経済的な勝者だと皆様思うでしょうか?

日本の平均年収を超えた時でしょうか?日本国内で誰よりもお金持ちになった時でしょうか?

人によって色々な答えが返ってくると思いますが、この記事ではアダム・スミスのこの名言「健康で、借金がなくて、はっきりした善悪の観念があるという幸福以外にいったい何が必要なのだ?」に基づき経済的な勝者とは

『生きることに不安と不足がない状態の人』

を経済的な勝者とさせていただいて記事を書かせていただきました。

なぜなら結局の所人間の欲には際限がなく、求めだしたらキリがありませんから、極端な話世界中の富を独占しても満足しない方はしないからです。

でも人間が経済活動を始めた元々の理由に立ち返ってみれば「不安と不足なく生きること」でしかなく、一言でまとめると不安と不足なく生きることが経済活動の目的です。

だからこそ経済的な勝者にはこの目的を満たすことでなることが出来ると言えるのです。

冷静になって見つめてみたときあなたにとっての不安や不足は本当に「お金」なのでしょうか?

生きるための食べるもの、充足感を得るための仕事、やりたいことをやるための時間だったりはしませんか?

私たちはつい「お金があれば」と思う所がありますが、本当に自分が満足するためには何が必要なのかを明確にすることこそ本当の「経済的勝者」になるためには必要なのです。


アダム・スミスの名言5ついかがだったでしょうか?

アダム・スミスは経済学者として有名ですが、哲学者や倫理学者でもあり、こうした思想的な名言から学べることが実は沢山ある人物ですので興味が持てた方は、著作や他の名言にも手を伸ばしてみていただきたいと思います。

こちらの記事もぜひご覧ください。
▶︎ 【世界の偉人名言集】人生に悩んだ時に読みたい成功のヒント

スポンサーリンク

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!

その中でも恋愛運が女性から大人気!片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『六芒星占術』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる方は、是非お試しを!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

スポンサーリンク

最近の記事

  1. パワーストーン【茶色編】カラー別の意味や種類・選び方について
  2. 夢占い 苦しい
  3. 夢占い 廃墟
  4. 夢占い ギャンブル
  5. 夢占い はしご

スポンサーリンク