占い

最近注目の占い【アストロダイス】とは?遊び感覚で霊感を磨くツール

Array

「アストロダイス」を使って占ってみる

もしプロの「アストロダイス」占い師の方に巡り会えたなら、専門家に占ってもらうのが一番わかりやすいとは思います。

しかし実際に自分で試行錯誤しながら占ってみることで、自分の直感を駆使したり、守護霊からのメッセージとして受け取る練習ができたりするので、結果として自分の直感や霊感を鍛えるトレーニングにもつながります。

最初はなかなか難しいかもしれませんが、あれこれと考え過ぎず、最初に自分の頭に浮かんだことをメッセージと捉えて、三つのダイスが意味することを繋ぎあわせて、ストーリーを作ってゆきましょう。

このような作業を繰り返して練習しているうちに、だんだんとコツが掴めてきます。

やり方がわかってきたら、一度お友達や家族を占ってあげてみてください。きっと自分でも驚くような、素敵なメッセージでアドバイスをしてあげられるようになるはずです。

「アストロダイス」の占い方

では実際に自分で占ってみることにしましょう。

①まずは整理整頓されたスペースで、心を落ち着けます。

②ダイスに聞いてみたいことを心の中で思い浮かべてください。

③質問がはっきりと決まったら、声に出してその質問をダイスに向かって問いかけてみましょう。

④ここで三つのダイスを振って机の上にゆっくりと投げ出してみましょう。

⑤それぞれのダイスの目を見てください。上記の表から自分の質問に最も当てはまるであろう項目を探してみましょう。

考え方としては、あなたの質問に対して、最初どうやればよいのかわからないのであれば、『ハウス』のダイスは、場所、どこでを表し、『星座』のダイスは、方法やどんなふうにを表し、『惑星』は希望、どうしたいのかを表すと考えてみてください。

⑥それぞれのダイスから得た言葉を使って、うまくつなぎ合わせ、答えとなるメッセージを自分で組み立ててみます。

最初はデタラメ?!と思ってしまうような作文でもかまいません。数をこなすうちに、それが正解であるということが、わかってくるはずです。

「アストロダイス」の占い方の例

ここで、わかりやすいように、占いの例を挙げておきます。

●質問1:将来私が巡り合うパートナーはどのような男性でしょうか?
★回答:ハウス-5 星座-獅子座 惑星-海王星

上記の三種の目が出た場合、色々な読み方はできるとは思いますが、たとえば「ハウス5」からは、明るさや芸術的なセンスがある人、「星座-獅子座」からはリーダーシップのある堂々として、やはりクリエイティブな感じの人、そして「惑星-海王星」からは、ややミステリアスな雰囲気を持った人と読むことができます。

したがってメッセージとしては「明るくて、頼りがいがあり、クリエイティブな要素も持ち合わせて楽しい人ですが、どこか少し陰を感じたり、ミステリアスさを秘めた人」

という感じになるのではないでしょうか。

●質問2:来週はどんな週になりますか?
★回答:ハウス-10 星座-牡牛座 惑星-木星

上記の目が出た場合、「ハウス-10」は仕事関係、仕事場、「星座-牡牛座」は上司との関係、「惑星-木星」は向上心や名誉という言葉をピックアップできそうです。

したがってメッセージとしては「職場で上司から、昇進やお褒めの言葉を頂ける週となるでしょう」と読むことができるのではないでしょうか?

まとめ

「アストロダイス」は、比較的最近イギリスで生まれた占いです。タロットカードのように三種のダイスを使って、直感や想像力を駆使しながら占うことで、あなたの霊感も冴えてくるようになるでしょう。自分を占うだけでなく、友達も占ってあげることで、どんどんあなたの才能も磨くことができるでしょう。

1 2 3
ABOUT ME
Written by 伊庭野れい子
【スピリチュアル・カウンセラー、風水師】 ハワイで20年間、撮影コーディネーターやライターをしながら透視能力を開花させる。 現在は大阪にてライター&翻訳業及び、自身のスピリチュアル本等の出版とチャネリング中心のスピリチュアル&風水カウンセラーとしても活躍中。 https://tarotreiko.amebaownd.com/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

LINE友達登録