パワースポット

坂東三十三観音霊場1番札所【杉本寺】は鎌倉最古のお寺!御朱印と見どころ

坂東1番杉本寺
古都鎌倉は、老若男女を問わず、多くの人々が四季を通して訪れる人気スポットです。杉本寺は、金沢街道に面した大蔵山の中腹にあり、街道を行き来する車の喧騒をよそに、ひっそりとしたたたずまいのお寺です。

坂東三十三観音霊場だけでなく、鎌倉三十三観音霊場の第1番札所でもあり、鎌倉市で最も古い歴史を持つお寺です。そんな杉本寺のいわれや見どころ御朱印などをご紹介しましょう。



坂東三十三観音霊場とは

坂東1番杉本寺
鎌倉時代に、畿内の「西国三十三観音霊場」に倣って成立しました。

真心をもって観音の御名をとなえれば、私たちの苦悩を救ってくださると、『妙法蓮華経(みょうほうれんげきょう)』の「普門品(ふもんぼん)第二十五」に書かれています。

観音様は、救う人間に応じて33の姿に変えて導いてくださるとあります。その33という数字にあやかって「三十三観音巡礼」が始まりました。

1番から33番まで、約1300㎞という長い道のりですが、海あり、山あり、ひなびた里やにぎやかな都会など変化に富んだ風景を楽しみながらお参りできるのが特徴です。

杉本寺とは

坂東1番杉本寺

山号:大蔵山(だいぞうざん)
寺号:杉本寺(すぎもとでら)
宗派:天台宗
本尊:3体の十一面観世音菩薩
開基:行基菩薩(ぎょうきぼさつ)

奈良時代中期734(天平6)年に、聖武天皇の后である光明皇后の祈願により、藤原房前(ふじわらのふささき)と僧行基に命じて堂宇を建立させ、行基が十一面観世音菩薩を刻み安置したのが始まりです。

851(仁寿元)年に慈覚大師(じかくだいし)が参籠し、十一面観世音菩薩を刻み安置しました。また、986(寛和2)年に恵心僧都(えしんそうず)が十一面観世音菩薩を刻み、坂東第1番札所と定めたそうです。

平安時代末期1189年、火災が起こり堂宇は焼失しました。しかしその時、3体の本尊は自ら境内の大杉の下に逃れたと伝わります。そのことから「杉の本の観音」と呼ばれるようになり、寺名の由来となったわけです。

その後、1191(建久2)年に源頼朝により再興されたと伝わります。

見どころと御朱印

・入口の石段

坂東1番杉本寺・石段
金沢街道から石段を少し上ったところに受付があります。拝観料は、大人(中学生以上)200円、小人(小学生)100円です。入山受付は16:15まで。

・山門(仁王門)

坂東1番杉本寺・仁王門
受付を通り、さらに石段を上ると、風格のある切妻造、茅葺八脚門の山門があります。運慶作と伝わる仁王様がお寺を守護しています。この山門は江戸時代18世紀半ばころに建立されたものです。

坂東1番杉本寺・吽形の仁王像
門の手前、やや左寄りに立ち、一礼をして入ります。この時、巡礼用の菅笠はかぶったままでいいですが、帽子などは脱ぎます。山門を出る時も一礼するのを忘れないようにしましょう。

・苔むした石段(通行止め)

坂東1番杉本寺・苔むした石段
山門をくぐると、目の前に苔でおおわれた急こう配の石段が続きます。なんとも言えないしっとりとした雰囲気がかもし出されていて、歴史を感じさせてくれます。

よく見ると石段の左右がすりへっており、多くの人々が訪れたことを物語っています。残念ながら現在この石段は使用禁止となっており、左側の新しい階段を上っていきます。



・大蔵弁財天と弁天池

6.坂東1番杉本寺・境内社・大蔵弁財天
山門の右手に弁財天を祀ったお社があります。小さなお社のわりに香炉があまりにも立派でちょっと驚きました。

7.坂東1番杉本寺・境内社・大蔵弁財天・線香立てが立派
帰りはこのお社の裏にある石段を使い、ここを通りませんので、行きにお参りをおすすめします。弁天様は金運アップや芸能上達にご利益があります。

8.坂東1番杉本寺・弁天池
小さいながらも弁天池もありました。

・閼伽水(あかみず)

9.坂東1番杉本寺・閼伽水
ここで手と口を清めます。

・本堂(観音堂)(神奈川県指定重要文化財)

10.坂東1番杉本寺・茅葺き屋根の本堂
寄棟造、茅葺、五間四面の本堂です。現在のものは、江戸時代前期1678年の再建です。本堂の中に上がってお参りできます。

中央に源頼朝が寄進したというお前立の十一面観世音菩薩像(運慶作)、左側には新十一面観世音菩薩像、2体の地蔵菩薩像(安阿弥作・運慶作)、なで仏のびんずる尊者、右側には、毘沙門天、不動明王、観世音三十三応現身(運慶作)など多数の仏像が安置されています。これらの仏像を近くで拝顔できパワーをいただけます。

杉本寺は、鎌倉二十四地蔵霊場の4番・6番でもあります。

・本尊とご利益、「覆面観音」とは

11.坂東1番杉本寺・本尊御影恵心僧都作
本堂の奥に、本尊である3体の十一面観世音菩薩立像が安置されています。向かって右は恵心僧都作(986年)

12.坂東1番杉本寺・本尊御影慈覚大師作
中央は慈覚大師作(851年)


向かって左は行基菩薩作(734年)と伝わります。

そして、中央と向かって右の観音像は国の重要文化財に指定されています

この3体の一つ、向かって左の行基作と伝わる観音様は、なんと覆面をしています。ちょっと不気味で、怖い印象を受けますが、それにはこんな伝説があるのです。

信仰心のない人が礼を欠いて馬にまたがったまま寺の前を通り過ぎようとしますと、必ず落馬したのです。そのため当時は「下馬観音(げばかんのん)」といわれました。

そこで、鎌倉時代の禅僧大覚禅師(だいかくぜんじ)が参籠して祈願し、自分の袈裟で行基が刻んだ観音像の顔を覆ったところ、落馬する人はいなくなりました。このような伝説から、行基が刻んだ観音像は「覆面観音」と呼ばれるようになったのです。

お寺や神社に行くと「下馬」「下乗」などの表示を見かけますが、馬や乗り物から降りて神仏に敬意を表すということだったのですね。

これら本尊の3体は秘仏のため、薄暗い中でぼんやりとしか見られませんが、毎月1日(2月のみ3日)と18日の「観音護摩供」に参加すると、供養の後に拝顔することができるそうです。

私は坂東三十三観音霊場巡りのバスツアーでお参りしましたので、特別に拝顔させていただけました。

3体は142㎝~167㎝の高さがあるため、とても迫力があり、神々しい感じを受けました。とくに覆面観音は不気味なのですが、なにか惹かれるものを感じました。

12.坂東1番杉本寺・本尊御影慈覚大師作
十一面観音は、あらゆる人々をその慈悲深い心で救ってくださる仏様として、古来、千手観音と並んで人気が高い観音様です。開運招福、家内安全、身体健全、厄除けなどのご利益をいただけます。

とくに、8月10日は「四万六千日大祭(しまんろくせんにちたいさい)」といって、この日にお参りすれば一生分の功徳が得られるといわれています。この日を逃さずお参りしたいものですね。杉本寺の本堂は、最強のパワースポットです。

また、本堂内にて、御朱印帳や納め札、白衣などの巡礼用品を購入することができます。

・御朱印

14.坂東1番杉本寺・御朱印
中央に十一面観世音菩薩の種字「キャ」と「大悲殿」という文字が墨書されています。「大悲殿」は観音様が安置されている建物を表します。

中央の宝印は蓮台に種字の「キャ」。左上に「発願」という小さな朱印が押されています。この「発願」印を希望される場合は、「坂東三十三観音霊場納経帖」と書いた専用の納経帖で、他のお寺の御朱印がなく真っ白な状態でお願いすることが必要です。

坂東納経帖
専用の納経帖(御朱印帳)は本堂で購入できます。

ちなみに、33番の那古寺では「結願」印を押していただけます。それには1番の杉本寺のページに「発願」印があることと、32番まですべての御朱印があることが必要ですので、ご注意くださいね。

2番~32番までの巡る順序については問われませんが、「発願」印、「結願」印を希望する場合はこのようなきまりがあることを覚えておいてくださいね。

さあ、いよいよ霊場巡りがスタートします。

もともと御朱印は写経をお寺に納めたしるしとしていただくものです。心を込めてお参りをしてからいただきましょう。納経所は本堂内です。納経料は300円。

・鐘楼堂

15.坂東1番杉本寺・入母屋造りの鐘楼堂
本堂の右手にあります。入母屋造の鐘楼堂です。

・権現堂(ごんげんどう)

16.坂東1番杉本寺・境内社・熊野権現・白山権現堂
本堂の右手奥に、熊野権現と白山権現を祀るお社があります。「権現」は、仏教が盛んだったときの神仏習合思想で、日本の神々は仏が仮の形をとって現れたとする考えに基づくものです。

・7体の地蔵尊

17.坂東1番杉本寺・地蔵尊
本堂の右手にあります。

・五輪塔群

18.坂東1番杉本寺・五輪塔群
本堂の右手にたくさんの五輪塔が奉納されています。

その昔、本堂の裏山に杉本城がありました。南北朝時代の杉本城主であった斯波(しば)一族の供養塔といわれています。1337年、南朝方の北畠顕家に攻められ、足利方の武将であった斯波家長はこのお寺で自ら命を絶ち、300人以上が討ち死にしました。こんな悲しい歴史があったのですね。

アクセス・拝観時間・拝観料

JR横須賀線「鎌倉駅」下車。
東口 京急バス5番乗り場から「太刀洗行」・「金沢八景行」・「ハイランド循環」にて約7分、「杉本観音」で下車。徒歩1分。
※駐車場はありませんので、電車・バス利用をおすすめします。

拝観時間:開門8:00、閉門16:30、入山受付16:15まで。
拝観料:大人(中学生以上)200円、小人(小学生)100円。

杉本寺 〒248-0002 鎌倉市二階堂903
TEL 0467-22-3463

まとめ

坂東1番杉本寺
杉本寺はいかがでしたでしょうか。古都鎌倉にふさわしく、苔むした石段、茅葺屋根の山門や本堂がひととき歴史の彼方へといざなってくれます。本堂に上がってお参りができ、珍しい覆面観音も遠望できるお寺です。

2番の岩殿寺(逗子市)、3番の安養院田代寺(鎌倉市)、4番の長谷寺(鎌倉市)など近いところに33観音霊場がありますので、併せてぜひ訪れてみてください。

こちらの記事もぜひご覧ください。
▶︎ 坂東三十三観音霊場巡り一覧まとめ
▶︎ ゆうこさんの記事一覧はこちら

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日を元に導き出される『365日大人の誕生日占い』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる方は、是非お試しを!

ABOUT ME
Written by ゆうこ
Written by ゆうこ
卯年、山羊座。元国語教師。趣味は、温泉旅行や食べること。百人一首競技かるたは選手&読手A級。お寺や神社に立つと、幾度もの興亡が繰り返され、再建・再生され、長年月維持し、受け継いできた無数の無名の人々がいたことを思わずにいられません。そういう人々の思いを少しでも伝えられたらと思っています。 共著書:『新渡戸稲造の至言』(新渡戸基金発行)

POSTED COMMENT

  1. アバター 鈴木政雄 より:

    杉本寺の本堂は歴史を感じますね、左の階段も歩きずらかったような気がしていましたが、苔むした石段を上がってみたいです。3回行きましたが何とも趣のあるお寺ですね。あまりしっかり覚えていないので、次は鎌倉33観音様巡りをしたいと思っています。今度は五輪塔等しっかり見てきたいと思います。いつも素晴らしい記事をありがとうございます。

    • アバター Written by より:

      鈴木様
      いつもコメントをありがとうございます。杉本寺に3回もお参りされていらっしゃるとのこと。何度も行ってみたくなる趣のあるお寺ですよね。
      いつか苔むした石段が修理されて使えるようになるといいですね。
      杉本寺は鎌倉33観音霊場の1番にもなっていますので、また新たな角度から観察して味わってくださいませ。ご訪問ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

error: Content is protected !!