占い

【ぼっち好き度診断】楽しい? 寂しい? あなたは一人行動を好むタイプ?

寂しい。かわいそう。ぼっちには、いろいろなイメージがあるでしょう。孤独とは、案外楽しいものです。人に合わせなくていいし、自由気まま。ぼっちを楽しめる人は、人生の楽しみ方を知っている人なのかも。あなたがぼっちを楽しめるタイプかどうか、深層心理から探ってみましょう。

ぼっち好き,診断

ぼっち好き診断では、あなたが一人行動が好きかどうかがわかります。

診断テスト

想像してください。

あなたは、以前から欲しかったものがありました。人気のアイテムで、なかなか手に入りません。やっと入荷の知らせが来て、あなたは喜んで買おうとします。しかし、一瞬のすきに売り切れてしまったようです。

その時、あなたは何と思いましたか。

あまり深く考えずに、直感で選んでみてくださいね。

A:「次の機会を、狙おう」
B:「絶対に、諦めない」
C:「悔しくて、眠れないかも」
D:「もう諦めて、他のものを探そう」







A:「次の機会を、狙おう」と答えたあなた

Aと答えたあなたのぼっち好き度は、「75%」です。

モノへの執着がほどほどにあるあなたは、人への執着もほどほど。誰かと一緒でのそこそこ楽しめるし、一人でいるのもなかなか楽しい。そんな、程よいバランス感覚を持っているようです。

ぼっちな状態を、ポジティブにとらえている人、と言えそうです。寂しいと感じることもあるけれど、一人でいることはメリットもあることがわかっているのです。ぼっちのメリットとデメリットを考えた上で、あえてぼっちを選ぶこともある、という感じでしょうか。

あなたにとって、ぼっちの時間は自分へのプレゼント的な感覚があるのかも。人に気を使うのは、ちょっとしんどい。誰だって、そんな時もありますよね。他人を気にせず自由気ままな、ぼっち時間。それは、あなたにとってコーヒーブレイクのような時間なのかもしれません。

ぼっちを、気ままに楽しんでいる人と言えるでしょう。

B:「絶対に、諦めない」と答えたあなた

Bと答えたあなたのぼっち好き度は、「50%」です。

あなたは、特定のこだわりが強いタイプのようです。なので、「他人にどう見られるか」を強く意識してしまうのでしょう。モノへのこだわりは、人間関係に反映されやすいからです。

あなたは、一人でいることが本当は嫌いではないのでしょう。でも、積極的に一人でいようとはしません。あえて、友達と一緒にいる時間を作ろうとします。それは、他人から「友達がいないのでは?」と思われることが嫌だから。本当は、ぼっちの楽しさを知っているのに……。

他人の目を気にせず、思い切りぼっちの時間を楽しんでみると良いかもしれません。「あ、こんなに楽しいんだ」と気づくきっかけになるでしょう。他人の目を気にすることの、無意味さにも同時に気づいてしまいそうです。ぼっち時間は、あなたに新しい世界を教えてくれるでしょう。

C:「悔しくて、眠れないかも」と答えたあなた

Cと答えたあなたのぼっち好き度は、「25%」です。

モノに執着があるあなたは、人との関係にも強いこだわりがあるようです。なので、ぼっち好きなタイトは真逆と言えるかも。他人と一緒にいることに、楽しさを見出す人と言えるでしょう。

人には、いろいろなタイプがいますよね。ぼっちが好きな人もいれば、そうでない人もいる。あなたは、一人でいるよりも他人と一緒にいる方が楽しいのでしょう。思う存分、友達との時間を楽しんでください!

ただ、友達と一緒が当たり前だと、ぼっち好きな人の気持ちがわからなくなってしまうかも。あえて一人が好きな人もいるので、そういう友達がいたらそっとしておくのが一番です。決して、あなたと一緒にいたくないわけではないのですから。

D:「もう諦めて、他のものを探そう」と答えたあなた

Dと答えたあなたのぼっち好き度は、「100%」です。

モノに執着がないということは、人にも執着がないということ。そんなあなたは、一人でいるのが苦にならないタイプと言えるでしょう。良い意味であまりこだわりがないので、一人なら一人でいいや、という感じなのです。

だからと言って、他人と一緒にいるのが嫌いなわけではありません。仲間と一緒の時も、一人の時も、同じように楽しさを見出すことができるのです。一人でいることにこだわっているわけではないけれど、結果として「ぼっちが楽しい」と気づいた、というタイプ。

もしかして、あなたにとっての一番の友達は自分自身なのかもしれませんね。だから、他人に必要以上に期待することもないので、一人を気軽に楽しむことができるのです。

一人でいる時間は、楽しい。あなたにとって当たり前すぎる感覚なので、自分がぼっち好きだということにも、あなたは気づいていないかもしれません。そんなあなたは、真のぼっち好きと言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたか。

ぼっち時間にも、仲間と過ごす時間も、それぞれよい面がありますよね。ぼっちが好きな人も、そうでない人も、お互いの楽しみ方を尊重することが大切なのではないでしょうか。

あなただけの楽しみ方を、見つけてくださいね。

ABOUT ME
Written by 白井 美杷
Written by 白井 美杷
自然とアウトドアが好きなライター。ナチュラルな生活を心がけています。夜空や夕陽を眺めるのが好き。元気になっていただけるような記事をお届けできたら嬉しいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)