開運

【仏滅】とは?意味や由来や過ごし方*吉日と重なった時は?

仏滅とは
カレンダーに記載されている六曜(ろくよう)の暦注(れきちゅう)のひとつである「仏滅(ぶつめつ)」。何となく縁起が良くないというイメージが強くあるでしょう。結婚式でも避けられることの多い仏滅ですが、仏滅とは実際どのような意味や由来があるのでしょうか?仏滅の意味や過ごし方、また吉日と重なったときなどについてご紹介します。







【仏滅の縁起】意味や由来

仏滅は、六曜(先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口)の一つで、吉凶を占う指標として用いられています。六曜は基本的に「先勝」→「友引」→「先負」→「仏滅」→「大安」→「赤口」の順番に繰り返されますが、旧歴の1日(朔日/ついたち)に当てはまる六曜が決まっているために、不規則になることがあります。

中国では時間を区切る際に使用されており、室町時代の初め頃に日本に伝わってきました。仏滅は、元は「空亡」「虚亡」と呼ばれていました。「すべてが虚しい日」ということから「物滅(ぶつめつ)」と呼ばれていたことがありました。物滅は、物が一度滅びて、新たな物事が始まるという意味を持ちます。物事をリセットし、新たにスタートする日との解釈もあります。

ただ、仏滅は終日最凶日と言われており、あまり積極的に物事を行うことや、入籍や結婚などのお祝い事などは避けられる傾向があります。

仏滅の入籍・結婚について

仏滅は終日が最大凶と言われているので縁起が悪いことから、入籍や結婚式などのお祝い事を慎む傾向があります。「入籍はお日柄の良い日に」「結婚式はお日柄の良い日に」と思われる人も多いでしょう。大切な新生活のスタートになるので、よいスタートを切るためにも仏滅は避けておく方が良いでしょう。

結婚式場によっては人気の大安の日よりも、仏滅は少し料金が安く設定されていることがあります。また、仏滅の日に入籍する人はまだ少数派のため、役所ではスムーズに手続きできることがあります。

仏滅の葬式について

仏滅は仏教とは関係ありません。お葬式は故人を送り出し、冥福をお祈りする儀式であることから、仏滅に行っても問題がないとされています。お葬式の日取りを決める際には、仏滅よりも「友を引く」という理由で友引が避けられることが多いです。仏滅の日にお通夜やお葬式は気にする必要はないでしょう。

仏滅生まれについて

生まれた日は変えることができないので、仏滅生まれだとその後の人生にどのように影響していくか気になる人もいるかもしれません。また帝王切開でない限り、出産のタイミングを決めることはできません。縁起を担ぐという意味で六曜を利用するとよいですが、仏滅生まれについてはさほど気にする必要はないでしょう。

仏滅の納車について

車は事故などがあることからできるだけ縁起のよい日に納車したいと思う人もいるでしょう。縁起が悪いということで、ディーラーが避けることもあるようです。仏滅だからといって故障や事故をするということはありませんが、仏滅に納車することで事故するかもというイメージにつながるなら仏滅は避けましょう。

仏滅の引っ越しについて

新しい生活をスタートする際には「大安」などの縁起の良い日が選ばれることが多く、引っ越し業者でも割高になっていることもあります。逆に仏滅では割安になっていることもあります。仏滅に引っ越しは避けられる傾向が強く、新しい生活のための移動なので縁起を担ぎたい人も多いでしょう。終日凶日になるので、できれば仏滅を避けて引っ越ししましょう。

仏滅と吉日が重なった時は?

暦には、「一粒万倍日」「天恩日」「大明日」などの吉日と呼ばれる日があります。仏滅と一粒万倍日などの吉日が重なると、仏滅の縁起の悪い日が半減されると言われています。吉日と凶日のパワーが相殺されるとも言われています。逆に縁起の悪い凶日である「不成就日」「黒日(受死日)」などが重なる日は、凶の要素が強まります。

仏滅にNGなこと

すべての時間帯において「凶」の運気ということで、すべてのことがうまくいかないとされています。入籍や結婚式などのお祝い事や、引っ越しや新居の契約などは避けるとよいでしょう。またお宮参りや七五三などのお祝い事も避けられます。

仏滅のおすすめな過ごし方

仏滅の日には基本的には通常通り過ごすとよいでしょう。仏滅は終日凶日なので、あまり新しいことなどを取り入れていくのには相応しくない日になりますが、悪縁を切りたい人にとって仏滅はよい日になります。嫌な縁を断ち切り、新しくスタートさせることができます。また特別な厄祓いなどの御祈祷を受けるのも、厄が祓われて心身ともに清らかになれるでしょう。

まとめ

仏滅は「仏も滅する程の大凶日」と言われており、六曜の中では一番縁起の悪い日と言われています。通常過ごす時は気にする必要はありません。入籍や結婚式、引っ越し、新居契約などの縁起を担ぎたいことは、仏滅のような運気が悪い日にスタートさせない方がよいでしょう。

▶︎【暦・カレンダー】についてのまとめページはこちら




ABOUT ME
Written By 天愛来(ティアラ)
23年以上の経験と知識を活かし『カウンセリング&セミナー講師』にて活動中。風水・ヌメロロジー・心理学・ヒプノセラピー・霊気など資格取得。スピリチュアル分野である西洋占星術・アロマテラピー・カラーセラピー・フラワーエッセンス・クリスタルヒーリングで心豊かになれるようにさまざまなアプローチを通して気付き&癒し、知識を提供。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)