【ダーウィン名言】種の起源から教えられる5つの大切な本質

ダーウィン名言

進化論で有名なダーウィン。彼はイギリスの自然科学者ですが、残した名言は非常に哲学者に近いものがあり、ダーウィンの残した名言は現代社会に生きる私達にも役に立つようなことを教えてくれるものが沢山あります。

そこで今回はその中でも現代社会で生き残るために必要な事を教えてくれるダーウィンの名言をご紹介させていただきます。

「種の起源」から今の社会でも変わらない、生きるために人間にとって必要なものに興味はございませんか?


スポンサーリンク


①変われることの大切さ

最も強い者が生き残るのではなく最も賢い者が生き延びるのでもない。唯一生き残ることが出来るのは変化できる者である。

It is not the strongest of the species that survives, nor the most intelligent that survives. It is the one that is most adaptable to change.

このダーウィンの名言はどんな人間こそが生き残れるか?つまり現代の社会の中でやっていけるかを教えてくれる名言です。

ダーウィンの唱えた進化論において最大のポイントは正にこの名言で語られたように如何に変化する環境に適応していけるのかで今生きている生き物が決まった事です。

例えば恐竜はその身体能力の高さは圧倒的で、当時の生き物達からしたら高い知能を兼ね備えていたとされますが、地球の環境が変わったことに対応できず絶滅しました。

如何に個体が強かろうとも、如何に個体が賢かろうと、環境変化の流れについていくことが出来なければそれはとてもちっぽけな事。

現代社会もこの事は全く同じであり、如何に身体能力が高かろうとも車より早く走れる人はいませんし、如何に賢かろうともCP以上の演算能力を持つ人はいません。

その為現代社会において生き抜くために、成功するために必要な事は何かと言ったら時代の変化に自分も適応すること。

早く移動をしたいなら足腰を鍛えるよりも交通機関を使うように、書類仕事を早くするためにそろばんを習うよりもPC操作を覚えるように、必要なのは「今」についていくことです。

このダーウィンの名言はそんな現代社会でも変わらず必要とされる、寧ろ重要度の増した「変化についていくことの出来る事の大切さ」を教えてくれる名言です。

②決め付けることの愚かさ

無知というのは、しばしば知識よりも確信に満ちている。科学によってこれやあれやの問題を解決することは絶対にできないと主張するのはきまって知識がない人である。

Ignorance more frequently begets confidence than does knowledge: it is those who know little, not those who know much, who so positively assert that this or that problem will never be solved by science.

ダーウィンの進化論はキリスト教の思想とは合わないところがあり、否定され続けて来ましたが、様々な人に否定され、批判される中でもダーウィンは平気な顔をしてこの名言を残しました。

この名言は簡単に言ってしまうと「知識がない人の方が絶対と言う言葉を使って決め付けを起こす」と言った名言で、私達も普段の生活の中でかなりこの事を体験している事を反省させてくれます。

例えばパソコンを操作している時、あるいは飲食店で料理を頼む時「もうちょっとこうなるといいのにな」と思う事ってありませんか?

そしてそれを「こういうものなんだから仕方がない」と思って諦めたことも沢山ありますよね?

でもパソコンに慣れている人はその「もうちょっとこうなるといいのにな」を改善しようとしてみたり、する方法を知っていたり、実現できたりもしますし、同じ飲食店で働く人は飲食店はどの程度のワガママなら許されるか分かるのです。

このように知らない人ほど「そういうものなんだろう」と思い込み、調べてみたり試してみたりせず、結果知ることを放棄します。

それは確かにわざわざ知るための努力をしなくても良くはなりますが、それは現代社会においては特に「知っている」人と比べると圧倒的に損をすることにもなる可能性のある事です。

このダーウィンの名言はそうした「知識がない事が決め付けを生みやすい」ことを教えてくれ、自分の損をしている「そういうものだから」なんて実はとても適当な理由の思い込みを正してくれる名言です。


スポンサーリンク


③理論の大切さ

科学者は希望や愛情を捨てて、石の心を持つべきだ。

A scientific man ought to have no wishes, no affections, – a mere heart of stone.

ダーウィンの名言は哲学的な事も多いですが、その本質はやはり科学者であり、科学者としての心得も名言として残しています。

しかしこの名言は何も科学者としての心得と言うだけではなく、私たち現代の社会人にも必要とされる理論の大切さを説いた名言でもあるのです。

この名言を一言で表すのならば「科学者としては感情などの不確かなものをもってはいけない」と言う名言。

この「科学者」とは「物事を体系化し理解する学問を学ぶ者、また学んだことを人に理解させる者」です。

逆に言えば科学者とは自分でしっかりと説明できる理解をし、時には理解を人にさせないといけないのです。

そしてそんな科学者であるなら感情などの不確かなものを研究に持ち込んではいけないとダーウィンはこの名言で語っています。

これは科学者に限らず、社会の中で組織の一員として生きていくのにも同じ事が言えます。

組織の中で関る人のほとんどは他人。その中で自分の考えや、やろうとしている事が理解してもらえなければ評価されることもありませんし、時には組織との縁を切られます。

そう考えるとそのあり方は実は殆どダーウィンの言う「科学者」となんら変わりありません。

その為、このダーウィンの名言は科学者としての心得についての名言であると同時に、現代社会のにおいても重要な「理論で物を考え語る事の必要性」を教えてくれる名言と言えるのです。

④「流れ」の大切

この理論が受け入れられるのには種の進化と同じだけの時間がかかりそうだ。

It seems to take time only between evolution of a seed and same for this theory to be accepted.

このダーウィンの名言は多くの人が知っている名言でもあるでしょう。

この名言の理論と言うのはもちろんダーウィンの発表した進化論の事。

キリスト教の強い影響下の時代の中では人間は人間として神より創造されたものであり、この進化論と言う発想はとても受け入れがたいものでした。

しかし今では人間はサルから進化してきたと理解している人の方が多いです。

このように物事は、如何に良い事、正しい事であっても「今の流れ」と違うものならそれが受け入れられるまでには時間がかかるものなのです。

ダーウィンは勿論進化が気が遠くなるほど長い時間をかけて行われてきたものだという事を知っておりました。

だから変化が急に起こるものではない事を誰よりも深く理解し、こんな名言を残したのでしょう。

自信のあるものこそ結果を急いでしまいがちですが、それが良い事、正しい事ならいずれ理解され「時間の流れ」が解決してくれることって沢山あります。

物事は焦って変えようとしても「今の流れ」と違えば「時間の流れ」が必要なこともある。

このダーウィンの名言はそんな「流れ」の大切さを教えてくれる名言です。

⑤時間の大切さ

1時間の浪費をなんとも思わない人は、人生の価値をまだ発見してはいない。

A man who dares to waste one hour of time has not discovered the value of life.

ダーウィンはいくつかの名言で変化することの重要性と必要性を語っていますが、それと同じようにその変化をもたらせる時間の重要性もまた名言で語っています。

「社会人にとって時間を大切にするなんて基本中の基本のこと」そう思う方も多いかと思いますが、1時間をどれほど大切に出来るかどうかで時間を大切にすることの大事さが「分かっているつもりになっている」のか「分かっているのか」がもっとはっきり分かります。

1時間って長いと感じるでしょうか?それとも短いでしょうか?

この質問に対して「場合による」では少し認識が甘い人。本当に明確な目標を持つ人ならばすぐになすべきことや出来ることを連想し、必ず「長い」または「短い」をはっきり理由をつけて答えられるはずだからです。

進化の歴史のごとく、未来はいきなり来るものではなく積み重ねにより至るものであり、目標を持ち変わろうする意思がある人がたどり着けるものなので、人よりも優れた人になろうとするならば、「1時間でも出来ること」を考えているかが大事なのです。

だからこそ1時間を自分にとってどれほどのものだとしっかりと明言できるほどに明確な目標、自分なりの人生の価値を持ち、時間を大切に出来るかどうかは私たち現代人にも重要なことなのです。

この名言はそうした時間の重要性を再認識させてくれる名言なのです。


ダーウィンの名言5ついかがだったでしょうか?

ダーウィンのどの名言も生き物の起源について語られたものと言うだけではなく、必ず現代社会でも教訓と出来るものばかりであり、変化することの大切さを教えてくれます。

今の自分は以前とは変われていますか?

変われることが出来たなら今以上に現代社会を楽しく生きれるとは思いませんか?

スポンサーリンク

あなたの好きな人は本当に運命の人? 97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『六芒星占術』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる方は、是非お試しを!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 夢占い ギャンブル
  2. 夢占い はしご
  3. エンジェルナンバー 222
  4. 寝ながら 瞑想
  5. パワーストーン【水色編】カラー別の意味や種類・選び方について

スポンサーリンク