ダイエットは飲み物改善から!?おすすめ5つのドリンクとは

ダイエットは飲み物改善から!?おすすめ5つのドリンクとは

ダイエット中は、食事制限をしている人も多いと思います。しかし、ダイエットの効果が思うように見られないときは、飲み物に原因があるかもしれません。食事制限や運動に加えて、ダイエットに最適な飲み物を上手に摂ってみませんか?


スポンサーリンク


ダイエットにオススメな5つの飲み物

スポンサーリンク

ダイエットで食事制限をしている人は野菜不足になりがちだったり、鉄分不足など何かと栄養が偏りがちです。また、運動でダイエットしている人は水分を効率よく体に吸収させる飲み物が非常に重要になってきます。

①一番身近な飲み物「水」

飲み物としての水を苦手とする人はあまりいないと思いますが、こんなにも身近な存在である飲み物、水。ダイエットに意外な効果をもたらしてくれるようです。

良い点
1.新陳代謝を促進:水に溶け込んでいるミネラルを摂取することで、新陳代謝を促進することができます。
2.老廃物を排出する働きがある:血液サラサラになったり、体内のデトックスができます。
3.腸がキレイになる:腸をキレイにすることで、便秘や下痢などの症状が改善されます。

効果的な摂り方
1.常温で飲む:体が冷えたら逆効果。できる限り、常温〜ぬるま湯の摂取を心がけましょう。
2.1日を通して1.5〜2リットルを目安に、少しずつ飲む:人が一度にミネラルを吸収できる量は180ccなので、これ以上飲んでも意味がありません。

注意点
無闇やたらに水を摂取すればそれでいいなんてことはありません。
過剰に摂取すると、水中毒やむくみの原因となります。
また、冷たい水を飲み過ぎると体が冷えて体温が下がり、結果代謝が落ちるので逆効果になってしまいます。
その日の発汗量や運動量によって水分量は違ってくるので、無理に飲むのはやめて適度な量を心がけましょう。

②飲んで太りにくい体質に!「低脂肪乳」

ダイエット中に牛乳が飲みたいときには、低脂肪乳をオススメします。普通の牛乳を飲むよりも効率的でダイエットにも良い飲み物です。
良い点
1.牛乳と栄養素は同じ:低脂肪乳は、牛乳に含まれているたんぱく質やカルシウムなどの栄養素はそのままで、脂肪分だけを取り除いているため、余計な脂質を摂取せずに多くの栄養を摂取することができます。
2.脂肪に効く:牛乳に含まれているカルシウムには脂肪の合成を抑えて、脂肪の分解を促進する効果があると考えられています。
3.食べ過ぎ防止に良い:腹持ちが良いため、空腹感を緩和させ、食べ過ぎを防ぐ効果が期待できます。

●効果的な摂り方
1.食事の前に飲む:食事の前に摂取することで食べ過ぎを防ぐ効果が期待できます。
2.噛むようにして、ゆっくりと飲む:食べ過ぎ防止の効果をより高めることができます。

注意点
低脂肪乳はコップ1杯(200ml)あたり92kcalと飲み物の中では比較的カロリーが少し高めなため、飲みすぎには注意が必要です。

スポンサーリンク

あなたの好きな人は本当に運命の人? 97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『六芒星占術』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる方は、是非お試しを!

スポンサーリンク

③カロリー、カフェイン、脂質なしで体脂肪を抑制「杜仲茶」

杜仲茶は、カルシウム・鉄分などのミネラルを豊富に含んでいます。また、血圧を下げる効果もあり、トクホの成分として認められています。ダイエットをしているときにはとても役立つ飲み物ですね。

良い点
1.ノンカフェイン:カフェインは鉄分の吸収を阻害する働きもありますが、鉄分が不足しやすいダイエット中には、カフェインレスの飲み物、杜仲茶がオススメです。
2.体脂肪の減少効果!メタボ対策にも:メタボ(内蔵型脂肪症候群)の高脂血症の原因の中性脂肪やコレステロールなどの脂質を抑制する働きがあります。

●効果的な摂り方
1.1日にコップ5杯程度が適量:適量はコップ5杯程度ですが、脂肪分・カロリー・カフェインを含まないため飲み過ぎるデメリットは殆どありません。
2.ホットのままでもアイスでもOK:ホットのままでも、冷やしても効果には違いはありませんが、冷やすと飲みやすくなります。ただし、冷たい飲み物ばかりでは(特にダイエット中に体の冷えは大敵)、体温を下げてしまうので注意してください。

注意点
体質改善の役割が大きいので、効果が見られるまで時間がかかる場合もあるので、あくまでもダイエットのサポートとして取り入れると良いです。

④飲んで食べ過ぎ防止?!「炭酸水」

炭酸水は、炭酸ガス(二酸化炭素)を含む水です。ペリエやサンペレグリノが有名です。お酒で割って飲み物にすることなども一般的になり、最近ではコンビにでも取り扱いが多くなってきているので是非生活に取り入れていきたいですね。
良い点
1.胃が膨らむので、早く満腹感が得られる:食欲が抑制でき、ダイエットの大敵、食べ過ぎ防止に役立ちます。
2.疲労回復の効果がある:炭酸は疲労物質の「乳酸」を体外に排出してくれます。

●効果的な摂り方
1.食前や食事中に飲む:300ml以上を飲むと満腹感を得やすいです。
2.運動後に飲む:運動後に炭酸水を摂取することで、疲労回復の効果を高めることができます。

注意点
糖分の含まれる炭酸水は脂質を含むので、ここで紹介している炭酸水とは別物であるということをお忘れなく。ダイエットの最中はあくまでも無糖の飲み物である「炭酸水」を飲むことが大切です。

⑤すばやく脂肪燃焼!?「コーヒー」

コーヒーブレイクという言葉がある通り、コーヒーはとてもポピュラーな飲み物ですが、なんとうまくダイエットに取り入れる方法があるのです。

良い点
1.脂肪の燃焼を促進する効果がある:コーヒーに含まれているカフェインやクロロゲン酸は、脂肪を分解する酵素の働きを活発にします。
2.むくみや冷え性、肩こりの解消に:カフェインには血液の循環を良くする効果があります。

●効果的な摂り方
1.運動前に飲む:運動の30分ほど前に飲んで、体内の脂肪が燃焼されやすい有酸素運動を行うとより効果的です。
2.1日に3杯程度が適量:適量を飲んでいれば、ガン、糖尿病などの疾病率は下がるとのデータもあります。
3.飲むならブラックで:砂糖を入れるとカロリーが上がりダイエットの妨げになるうえに、カフェインの働きも妨害されてしまいます。

注意点
1.飲み過ぎに注意:カフェインの摂取量の上限は1日に300〜350mlと言われています。コーヒー1杯は、濃さにもよりますが、だいたい150ml前後のカフェインが含まれているので、1日3杯くらいが適量です。
2.睡眠の質の低下の可能性:カフェインは睡眠に対して有害な物質なので、過剰摂取は睡眠に悪影響が出る場合もあるので注意が必要です。


参考
ダイエット中に控えたい飲み物

1.冷たい飲み物
冷たい飲み物を飲んで内臓が冷えると、体は内臓を冷やさないよう周りに脂肪をつけて温めようとします。冷たい飲み物ばかり飲んでいると内臓に脂肪がつき太りやすくなります。また体が冷えると代謝も下がり汗などかきにくい体になってしまいます。飲み物によりますが、ダイエットをしている時はなるべく常温・ホットで飲むように心がけましょう。

2.炭酸飲料・果汁入りジュースなど
ジュース・炭酸飲料など甘みのある飲み物はたくさんの砂糖が含まれています。ダイエット中、どうしてもジュース等の飲み物が飲みたい時は、果汁100%ジュースなどを選びましょう。スポーツドリンクもこれらと同じで、砂糖が多く含まれています。スポーツドリンクは基本的に激しい運動をした時などに飲む飲み物です。

3.缶やペットボトルのコーヒー・紅茶など
缶やペットボトルのコーヒー・紅茶なども炭酸飲料やジュースのように、砂糖が含まれているものが多くあります。もし飲むのであれば、ブラックや糖分の含まれていない飲み物を選びましょう。

4.カロリーゼロ、ダイエット・ノンカロリー飲料
炭酸飲料などによくあるカロリーゼロ・ノンカロリーなどの飲み物は、砂糖は控えめでも人工甘味料を使用して甘みを出しているものが多くあります。人口甘味料には脳を混乱させる作用があり、余計に砂糖が欲しくなったり空腹感を感じさせてしまうので、ダイエットには不向きといえます。


飲み物のカロリーも体に大きな影響を与えるため、ダイエットには飲み物にも気を使う事が大切です。ダイエット中に控えたい高カロリーの飲み物は、出来るだけ飲まないように心掛けましょう。ダイエットをより効果的にするために、ぜひ今日から効果的な飲み物と飲み方を摂り入れてみてください。

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 夢占い ギャンブル
  2. 夢占い はしご
  3. エンジェルナンバー 222
  4. 寝ながら 瞑想
  5. パワーストーン【水色編】カラー別の意味や種類・選び方について

スポンサーリンク