ライフ

ドストエフスキー 名言|不幸&幸福や経験の大切さを学ぶ5つの言葉

ドストエフスキー 名言

ロシアの小説家・思想家であるフョードル・ドストエフスキー。

『罪と罰』を初めとする作品を世に送り出したロシアが誇る人物の一人ですが、作家を志すような人にはともかく日本ではそこまで有名ではないようで、どんな方なのか知らない人も多いでしょう。

そこで今回はドストエフスキーがどんな人物なのかが分かるような彼の名言に興味はありませんか?



①不幸を否定しない

人間には、幸福のほかに、それとまったく同じだけの不幸がつねに必要である

And unhappiness only of same is always just necessary to man in addition to the prosperity.

この名言は中々深い一言であり、不幸と言うものは実は人間にとって必要なのだと教えてくれる名言。

ドストエフスキーは数々の文学作品を世に送り出してきましたが、賭博好きのせいで貧乏でしたし、彼の思想が革命的な思想だとしてスターリン政権下で死刑判決も受けました。

他にも銃殺刑執行直前にシベリアに流刑になったり、側頭葉てんかんの一種と思われる、恍惚感をともなう珍しいタイプのてんかんを煩っていたりもしました。

どこからどう聞いても不幸な彼の人生に起こったこれらの出来事ですが、面白いことにどの不幸に関しても彼の作品作りのために生かされており、彼は自分の身に起こった不幸をちゃんと自分のものとして活かす事ができた人物でもあったのです。

昔から「若い時の苦労は買ってでもしろ」とか「間違えたことの方がしっかりと記憶に残る」なんてことが言われてきたように、不幸なことは出来れば誰も起きて欲しくはないものですが、それがあるからこそ人間は今よりも一歩進んだ存在になれるという所もあるのです。

このドストエフスキーの名言は彼がそうした不幸に対する考え方を持っていたことを知れると同時に、不幸と言うものの価値を教えてくれます。

②結果ではなく、「探求」と「向上」を求める

コロンブスが幸福であったのは、彼がアメリカを発見した時ではなく、それを発見しつつあった時である。幸福とは生活の絶え間なき永遠の探求にあるのであって断じて発見にあるのではない

It wasn’t the New World that mattered…Columbus died almost without seeing it; and not really knowing what he had discovered. It’s life that matters, nothing but life — the process of discovering, the everlasting and perpetual process, not the discovery itself, at all.

この名言は誰もが経験しているにもかかわらず、忘れてしまっていたり意識できていないことを教えてくれる名言。

「物事は結果が大事」そんな思いが先行しすぎて一番幸せな時も結果を出した時だと思っているものですが、実はそれ以前の結果を求めている時、厳密には望んだ結果に自分が近づけている時こそ私たちは幸せを感じているのです。

旅行に行くときも準備している時の方が楽しいビジョンを思い描けたり、ゲームでも何でも自分の趣味のもので、結果を出すための努力をしている時って異常なほど熱中してしまった経験ありませんか?

そしてまたそれらに心当たりがある人は、結果に行き着いた時って意外と熱が冷めてしまったり、興味を失ってしまって他の事を求めてしまう経験もしたことがあるはずです。

そうしたことから私たちは実は「結果」を求めているのではなく「結果に向かって進めている事」つまり「探求」と「向上」を求めているのです。

このドストエフスキーの名言は彼が「探求」と「向上」の重要性を理解していたことを教えてくれ、私たちは結果に少しづつでも進めていけていることに喜びを覚えるものであることを教えてくれます。



③愛の重要性

人間には愛がありさえすれば、幸福でなくても生きていけるものである

With love one can live even without happiness.

ドストエフスキーのこの名言は彼がいかに愛と言うものが人間にとって重要なものだと考えていたことを教えてくれる名言。

彼が人間は愛があれば生きられるとまでした理由は、おそらく彼の歪んだ恋愛感情にありましてそこを少しお話させていただきます。

ドストエフスキーは女性には甘いフェミニスト・女性崇拝の傾向もあったされていますが、世話好きで人情家な謙虚で寛容な人間でありながらも、猜疑心が強く嫉妬深い人物であったともされており、かなり他人、特に女性に対しての苦手意識、あるいはある種の恐怖感を持っていたとも考えられています。

その証拠にドストエフスキーは多くの女性たちと複雑な恋愛関係を持っており、その中でも詳しくは語りませんが最初の妻マリア、後の恋人ポリーナ・スースロワとの交際は傍から見てとても普通とは言えない関係だったと残されています。

しかし逆にそんな彼の歪さ故にその愛情はとても強いものであったようで、ドストエフスキーが関係を持った女性たちはただ伝記の中に「こういう相手だった」「こういうことをした」と書かれているだけでなく、彼の書く小説中の登場人物のモデルにもなっていたと考えられており、彼の作品の中核を担うような存在にもなっていました。

作家として生きることを決め、それに没頭した彼にとってのその中心になるほどに、彼にとっての愛情を注ぐ相手は重要な存在であり、だからこそ彼はこの名言を残したのです。

世の中には本当に「愛がありさえすれば、幸福なんかなくったって生きていける」人がいて、ドストエフスキーもその一人であると教えてくれると同時に、愛が人に与える力の強さを教えてくれるのがこの名言です。

④自分に自信を持とうとする精神

他人に尊敬されたいのなら、自分自信を敬うがいい。自分自身に敬意を払うことによってのみ、他人はあなたを敬うようになるだろう

If you want to be respected by others the great thing is to respect yourself. Only by that, only by self-respect will you compel others to respect you.

この名言はドストエフスキーがおそらく自分にも言い聞かせていたのではないかと言う名言。

ドストエフスキーは自意識過剰の傾向があり、うぬぼれが強く、尊大な態度を取ることもあったと残されていますが、青年期は社交の場で見知らぬ人に対してはかなりの確立で意識し過ぎ、緊張からか態度や言動がぎこちなかったりすることも多かったとされており、もともと実は自尊心は低い人だったと考えられます。

この他にも自分や自分の作品が、他人からどう思われ、どう批評されているかを相当気にし、聞き込んでいたり調べたりもしたそうですし、罪への意識が非常に強く普通の人ならば気にもしないことをいつまでも覚えていたり、極端な潔癖症であった所もあるのです。

その為おそらくドストエフスキーはこの名言「他人に尊敬されたいのなら、自分自信を敬うがいい。自分自身に敬意を払うことによってのみ、他人はあなたを敬うようになるだろう」を自分にも言い聞かせていたのではないかと思います。

実際に中々自分に自信が持てずチャンスを逃してしまったりする方や、今の自分を変えたいと願う方は是非この名言を参考にしてみてください。

⑤感情の豊かさが思想の豊かさを作る

思想は感情の中から生まれる。そしてその思想が人の内に根をおろすと、今度は新しい感情を形成する

A thought is born from the inside of feeling. And when the thought is rooted inside the person, new feeling is formed this time.

この名言はドストエフスキーが如何に感情と言うものが大切なことかと考えていたことが分かる名言。

ドストエフスキーの作品の凄い所は彼の人生の良い所も悪い所も併せ呑んできたからこそ作られた経験と、それにより作られた思想に基づいて書かれている所にこそあります。

そして彼の経験に基づく思想は彼が激しい感情を抱き生んできたものであり、人の思想とは経験と感情を持って始めて作られるのだとドストエフスキーはこの名言で語りました。

その為感情を感じることはどんなものでも決して悪いことではないのです。

むしろ変に感情を抑え続け、次第に特に何も感じなくなることは「自分の思想を持てない」状態に人間をすることで良いことではありません。

そう考えると感情を抑える癖がつきすぎて、ただ毎日が同じことの繰り返しになっている中で、自分らしさや未来への展望を持てというは酷な話。

本来ならばそうした思想は、感情の積み重ねにより作るものであり、このドストエフスキーの名言は彼がそうした理由から人の感情を大事にした人物である事を教え、感情の大事さを改めて教えてくれる名言でもあるのです。


ドストエフスキーの名言5ついかがだったでしょうか?

ドストエフスキーは多くの日本人作家たちにも影響を与えた非常に著名なロシア人作家であり、その作品には彼の考え方が非常に反映されているものが多いのでとても勉強になるものが多いです。今回ご紹介したような名言のようにすぐに私たちが取り入れられるような考え方も少なくありません。

今回の記事で興味を持った方がいましたら是非著書の方も御覧になっていただきたいと思います。

こちらの記事もご覧ください。
▶︎ 【世界名言集】偉人から人生を学ぶ最高のヒントまとめ一覧

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだタロットカードや生年月日をもとに導き出される 『恋愛タロット占い』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら期間限定で診断カルテを無料でプレゼント!

この機会にあなたの運命がどうなるのか知りたい方は是非やってみて下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

error: Content is protected !!