パワースポット

【圓教寺 御朱印】ラストサムライロケ地!千年の時が流れるパワースポット

圓教寺(円教寺・えんぎょうじ)は、姫路市の北方約8㎞の書写山にあり、「西の比叡山」と呼ばれる寺格の高いお寺です。千年以上の歴史を持つ境内は、標高371mの山上一帯に広がり、今も修行道場の雰囲気をとどめています。

Array

圓教寺・三之堂『ラストサムライ』のロケ地!

摩尼殿を出てさらに奥へ、樹齢700年を超える木々が生い茂る道を5分ほど歩きます。すると突然、空が高く開け、なんとも言えない神聖な空気が流れる広場に出ました。

西国27番,圓教寺,三之堂,常行堂,食道,大講

青く澄み渡った空と白い砂、黒くどっしりとした三つの建物(左:常行堂、中央奥:食堂、右:大講堂)が冂の形に配置された空間。人が小さく見え、たたずんでいると体の中を涼風が吹き抜けていくような感じがしました。

書写山全体がパワーにあふれていますが、中でもここは最強のパワースポットです。ハリウッド映画『ラストサムライ』のロケ地となったのもなるほどとうなずけます。

圓教寺・大講堂

西国27番,圓教寺,大講堂
圓教寺の総本堂で、学問と修行の場です。入母屋造、本瓦葺。元は、花山法皇の勅願により建立されましたが、現在のものは室町時代中期の建築です。重厚な二層の屋根に圧倒されます。

内陣には、986年、感阿(かんな)上人の作と伝えられる文殊菩薩・釈迦如来・普賢菩薩の釈迦三尊像が安置されています。いずれも国指定重要文化財です。

圓教寺・食堂(じきどう)

西国27番,圓教寺,食堂
修行僧の寝食のための建物です。平安時代末期1174年に参詣した後白河法皇の勅願により建立されました。入母屋造、本瓦葺。現在のものは室町時代中期の建築と考えられます。珍しい2階建て建築で、長さが40mもあります。

現在は、1階が写経道場、2階が寺宝の展示室となっています。本尊の僧形文殊菩薩や南北朝時代の作という金剛薩埵坐像(こんごうさったざぞう)などが展示されています。
西国27番,圓教寺,食堂2階からの眺め
こちらの写真は2階の廊下から広場と常行堂を撮ったものです。

西国27番,圓教寺,

出典:TABIAN JAPAN
ちなみにこの1階でトムクルーズ扮するネイサン・オールグレン大尉と、渡辺謙扮する勝元盛次の対面シーンが撮影されました。世界の大スターたちも見た光景です。

圓教寺・常行堂(じょうぎょうどう)

西国27番,圓教寺,常行堂
ひたすら阿弥陀仏の名を唱えながら本尊を回る修行をするための道場です。方五間の東向きで、入母屋造、本瓦葺。

内部の瑠璃壇には、像高2m54㎝の本尊阿弥陀如来坐像(国指定重要文化財)が安置されています。性空上人の弟子安鎮により1005年ごろに造立されました。北側に長さ十間の細長い楽屋と呼ばれる建物が隣接し、その中央に舞台が張り出しています。舞台では、向かい側の大講堂の釈迦三尊に舞楽が奉納されます。

西国27番,圓教寺,常行堂の左奥
常行堂の左奥です。

圓教寺・奥之院

圓教寺を開山した性空上人の像を祀っている開山堂(国指定重要文化財)があります。軒下の三隅の力士像は左甚五郎作と伝えられ、西北隅の1体は重さに耐えかねて逃げ出したという愉快な伝説があります。

圓教寺・水子地蔵

西国27番,圓教寺,水子地蔵
摩尼殿下に戻る途中にありました。奉納された小さな地蔵尊がずらりと並んでいます。子供を亡くした人の悲しみがひしひしと伝わってきます。

圓教寺・御朱印

御朱印は摩尼殿、食堂、開山堂の3カ所でいただけますが、それぞれ異なる御朱印ですので注意してください。
西国27番,圓教寺,御朱印
こちらは、魔尼殿の納経所でいただける西国三十三所観音霊場第27番札所の御朱印です。中央に摩尼殿と書かれています。左上の四角い朱印は、西国三十三札所草創1300年記念の特別印(2020年まで)です。納経料は300円です。

その他、食堂で大講堂と、根本堂(播州薬師霊場第16番)の御朱印がいただけます。開山堂では、開山堂の日本語バージョンとチベット語バージョンの御朱印がいただけます。

チベット語の御朱印は大人気ですので、時間にゆとりを持ってお参りした方がよさそうです。各300円。

所在地・入山時間

書写山圓教寺 〒671-2201 兵庫県姫路市書写2968 ☎ 079-266-33227
入山時間 8:30~18:00(冬季17:00)

アクセス

JR・山陽電鉄「姫路駅」から神姫バス「書写ロープウェイ行」で終点「ロープウェイ山麓駅」下車(約30分)
ロープウェイで「山上駅」まで4分、毎時15分ごとに運行

まとめ

圓教寺はいかがでしたでしょうか。緑に囲まれ、歴史的建造物も多いことから境内全体が国指定史跡となっています。

西国27番,圓教寺,和泉式部,案内版

平安時代中期の歌人和泉式部が性空上人と歌を交わしたと伝えられ、奥之院には和泉式部の歌塚があります。摩尼殿下の「はづき茶屋」は式部の歌「暗きより暗き道にぞ入りぬべき 遥かかに照らせ山の端の月」にちなんだ店名です。よく煮込んだおでんがおいしいそうですよ。

また、弁慶も圓教寺で修行したといわれ、弁慶石や弁慶の鏡井戸などがあります。

性空上人の教えを求めて入山した人々の修行道場として栄えた圓教寺は、今も神聖な空気で覆われています。常行堂で座禅の体験、摩尼殿または食堂で写経の体験などができます。10分程度でできる花びら写経もあります。私がお参りした時も、食堂で高校生たちが静かに写経をしていました。修学旅行などの体験だったのでしょうか。

西国27番,圓教寺,下から見た本堂

心のリフレッシュに皆さんもぜひ訪れてみてください。

▶︎兵庫のパワースポット神社はこちら

▶︎日本全国都道府県の神聖なパワースポットまとめ一覧ページはこちら




1 2
ABOUT ME
Written by ゆうこ
卯年、山羊座。元国語教師。趣味は、温泉旅行や食べること。百人一首競技かるたは選手&読手A級。お寺や神社に立つと、幾度もの興亡が繰り返され、再建・再生され、長年月維持し、受け継いできた無数の無名の人々がいたことを思わずにいられません。そういう人々の思いを少しでも伝えられたらと思っています。 共著書:『新渡戸稲造の至言』(新渡戸基金発行)『花ひらく女学校』(女子教育史散策 明治後期編)

POSTED COMMENT

  1. きりん より:

    懸造の構造凄いですね、和泉式部名前は知っていましたが、歌は知りませんでした、チベット語の御朱印あるとは知りませんでした。次の機会があれば欲しいです。魔尼殿の意味初めて知りました。ありがとうございます。

    • Written by より:

      ご訪問ありがとうございます。和泉式部の歌塚もチベット語の御朱印がいただける開山堂も奥之院ですので、時間の余裕をもってお参りなさってください。
      ただし、チベット語の御朱印を書ける方がご不在の時はいただけないそうです。ご縁がありますように。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

LINE友達登録