風水

【風水の幸運を呼ぶ照明】とは?!色や形・場所・置き方開運アドバイス

風水,照明
同じお部屋でも照明を変えるだけで、雰囲気も異なります。照明の色や形、置き方などによって空間のエネルギーをより良くしていくことができます。照明によってリラックス効果を高めたり、ムードを演出したりとアイデア次第で心豊かな空間づくりをすることができるでしょう。風水で幸運を呼ぶ照明をご紹介します。







風水で照明にこだわるとなぜいいの?

風水で照明は「陽の気」になります。照明を効果的に使い、運気をアップさせていくことが可能です。空間が整っていてもお部屋が暗いと風水的効果が活かされません。光が当たらない場所などは照明を取り入れていくことで陽の気が集まり、運気を高める場にすることができます。暗い場所や陰の気が強い場所には、照明を設置することで気のバランスを取っていきます。

照明の色について

照明は陽の気を放ってくれる大切なアイテムですが、シーンや目的によって適切なものを選ぶことが大切です。照明の色はお部屋だけではなく場所やシーン、時間などに応じて変えていきましょう。主に使われているのは、4つ。1つ目は、オレンジがかった温かみのある「電球色」。オレンジっぽい光で少し暗めの照明になるので、リラックスしたい部屋に取り入れるとよいです。

2つ目は、落ち着きのある明るい光色の「温白色」。リビングやダイニングなどくつろげる場所に使うとよいでしょう。3つ目は、白っぽくて青みを帯びた最も明るい光を放つ「昼光色(ちゅうこうしょく)」。勉強部屋や作業をする部屋など、明るく活動的な空間に向いています。

4つ目は、太陽光に近く自然な明るさのある光を放つ「昼白色(ちゅうはくしょく)」。明るいのでキッチンやメークをする場、洗面台などに向いています。

照明の形について

部屋のインテリア、雰囲気に合わせた照明選びをしましょう。全体と調和がとれていることが大切です。部屋の隅などでは気の流れがよどむこともあるので、フロアライトなどを設置すると良いでしょう。ペンダントライトが人の真上や寝ている人などにあたるのは、殺気になりNGになります。

照明として取り入れる際には、シェードに埃がたまりやすくなるのでこまめに拭き掃除をしましょう。シャンデリアなどもリビングに用いるとゴージャス感を演出してくれますが、寝室に取り入れるのはNGです。寝室には天井にくっつけるシーリングライトがおすすめです。

照明の場所・配置のおすすめ

照明の効果的な取り入れ方や電球の色など、各お部屋にどのように取り入れていくとよいのでしょうか?照明は明るければ何でもよい訳ではなく、場所によって向き不向きがあります。場所に適した照明を取り入れていくことで、運気を高めていきましょう。

リビング

電球色のほうが部屋の演出効果が高くなるので、雰囲気あるくつろげるリビングにしたい時はおすすめです。リビングで本を読んだり、文字を書いたりなどして過ごすことが多い人は昼光色、昼白色の方がより明るさを感じ見やすくなります。またフロアスタンドやテーブルライトなどを取り入れていき、過ごし方に応じて切り替えていくこともできます。間接照明を取り入れていくことで、オシャレな空間に演出できます。

玄関

玄関は気の出入り口です。明るく開放感がある空間だと良い気が満ちていきます。逆に、暗くて狭い玄関は良い運気が入ってきにくくなります。光が差し込まず1日暗い玄関は、照明をつけておきましょう。薄暗い玄関は陰の気になってしまうので、明るく照らすスタンドライトを使っていくと雰囲気ある玄関にできます。また玄関外のポーチライトやガーデンライトも、照明をつけることで良い気が入ってきやすくなります。

トイレ

トイレは陰の気の強い場所になるので光が入ってくるのが好ましいですが、マンションなどで窓がない場合は、照明をつけたままにしておくと陰の気を飛ばすことができます。照明は明るいものを選びましょう。

寝室

寝室の照明は明るすぎないようにしましょう。ワット数をおさえるなど、明るさを意識して選びます。昼光色は明るく感じすぎるので、電球色で落ち着いた温かみのある雰囲気にすると眠りにつきやすくなります。

明るさを調節する「調光機能」がついたものもありますので、自分好みの明るさに調整できるものを取り入れるのもよいでしょう。ベッドサイドに間接照明を取り入れることで、お休み前にある程度落ち着いた照明にすることができるので、眠りにつきやすくなります。

書斎

書斎では、昼白色にすることでストレスなく過ごすことができます。昼光色は長時間浴び続けると疲れを感じる人もいます。書斎には間接照明を取り入れ、落ち着いて読書や作業などをすることができるようにするのもおすすめです。

まとめ

照明器具や電球は、選ぶもので同じ部屋でも随分と雰囲気が変わるアイテムのひとつです。お部屋それぞれの目的、シーンに応じて選んでいきましょう。また間接照明をうまく使っていくことで、気の流れを整えることができます。

▶︎風水のまとめ一覧ページはこちら

ABOUT ME
Written By 天愛来(ティアラ)
23年以上の経験と知識を活かし『カウンセリング&セミナー講師』にて活動中。風水・ヌメロロジー・心理学・ヒプノセラピー・霊気など資格取得。スピリチュアル分野である西洋占星術・アロマテラピー・カラーセラピー・フラワーエッセンス・クリスタルヒーリングで心豊かになれるようにさまざまなアプローチを通して気付き&癒し、知識を提供。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)