花言葉

花言葉【ミスミソウ】風水で運気アップ*誕生花とスピリチュアルな伝説について

花言葉,ミスミソウ

「ミスミソウ」は、別名『雪割草』とも呼ばれています。しかしカタカナ名の「ユキワリソウ」とは別の種になっています。

一般的にはあまり見かけないようですが、寒い冬の最中に山野でひっそりと雪の中から顔を出して咲くその様子が、多くの花言葉を生み出しています。

淡い色合いの小さなお花、「ミスミソウ」が持つ、スピリチュアル的な意味やエピソードなどには、どのようなものがあるのでしょうか?







【ミスミソウ】にまつわるスピリチュアルなお話

花言葉,ミスミソウ

「ミスミソウ」のマジカルパワー

 
ヨーロッパではかつて、女性がこの「ミスミソウ」を袋に入れて持ち歩くことで、男性との恋愛関係を強固なものにすることができると信じられていました。

また、「ミスミソウ」の葉が三つに分かれたハートのような形をしており、それが肝臓の形に似ていることから、ラテン語の肝臓を意味する「ヘパティカ」や、英語では肝臓の葉という意味の「liverwort/liverleaf」とも呼ばれています。

そして実際に西洋では、「ミスミソウ」は肝臓に効果のある薬草としても用いられていたのです。現在では、ニキビ、気管支炎、痛風などの治療にも用いられます。

【ミスミソウ】が誕生花の日

【ミスミソウ】の誕生花です。

  • 1月5日
  • 1月7日
  • 1月11日
  • 1月12日
  • 1月18日
  • 1月20日
  • 1月26日
  • 1月28日

【ミスミソウ】を使って運気をアップする方

ここで説明する風水は、「誰でもできるかんたん風水!バグア・チャート風水」
伊庭野れい子著(太玄社)

著者ご本人に解説してもらいます。

「誰でもできるかんたん風水!バグア・チャート風水」伊庭野れい子著、太玄社

(本の解説)
ハワイ在住の風水師クリア・イングレバート氏(『ハワイアン風水』著者)に師事した著者が、バグア・チャートを使った風水を基本からよりわかりやすく、誰でも手軽に自宅で実践できるようにイラスト付きで解説した開運風水本。

花言葉,ミスミソウ

風水で運気UP

「ミスミソウ」は、白、ピンク、紫、青、赤などが存在しています。したがってそれぞれの色を使った風水を上手に用いることで開運へと導かれます。

しかし切り花としては、あまり簡単に手に入る花ではないので、写真や絵を利用してみるとよいでしょう。

恋愛運UP

ピンク色の「ミスミソウ」のお花の生花、あるいは写真や絵をバグア・チャート風水の恋愛のコーナーに当たる、お部屋を入って右手奥のコーナーに飾っておくことをおすすめします。

できるだけ、たくさんのお花があるものを用いるようにしましょう。

金運UP

紫色の「ミスミソウ」の花の切り花や絵、写真などをバグア・チャート風水の金運のコーナーに当たる、お部屋を入って左手奥のコーナーに飾っておくことをおすすめします。

こちらもできるだけたくさん、ゴージャスに飾れるものがよいでしょう。

花言葉【ミスミソウ】の意味

「ミスミソウ」は厳しい冬に、雪の中でひっそりと咲き始め、春先まで咲いている草花です。

日本ではもともと広く山地に分布している山野草ですが、最近では宅地開発などでめっきりと自然には見かけることが少なくなってきています。

しかし園芸ショップやホームセンターなどで探せば、手に入る植物でもあります。

「ミスミソウ」は、キンポウゲ科の植物で『雪割草』とも呼ばれていますが、サクラソウ科サクラソウ属にも「ユキワリソウ」とカタカナで呼ばれているものがあります。

もともとは、サクラソウ科のものが「ユキワリソウ」だったのですが、「ミスミソウ」も同じく雪を割って顔を出すことから、『雪割草』と呼ばれるようになり、漢字で書くかカナカナで書くかで区別しています。

「ミスミソウ」の変種としては、「オオミスミソウ」や「スハマソウ」「ケスハマソウ」などもあり、これらは日本が原種のものです。

「ミスミソウ」には、白、赤、ピンク、青、紫などがありますが、色別の花言葉はありません。

「ミスミソウ」の花言葉①

 

  • はにかみ屋

これは寒い冬に、雪の下からこっそりと小さな花を覗かせている、その姿から付けられた花言葉です。

「ミスミソウ」の花言葉②

  • 自信
  • 忍耐

これらの花言葉は、冬の寒さにもめげずに、頑張ってかわいらしいお花を咲かせることから付けられています。

「ミスミソウ」の花言葉③

  • 期待

この花言葉は、寒い冬に花を咲かせる「ミスミソウ」ですが、間もなく春が来ることも告げる花であることから、将来に期待を持たせてくれるような気持ちにさせてくれることから付けられています。

「ミスミソウ」の花言葉④

  • 慕われる人

春先の山里に、色々な色の「ミスミソウ」が咲き乱れて、春の到来を告げるところから、みんなに待ち焦がれられて、慕われる人に例えて付けられた花言葉です。

「ミスミソウ」の花言葉⑤

  • 和解

雪解け間近な季節に、雪の中から顔を出して咲く「ミスミソウ」なので、関係も雪解け間近という意味で付けられた花言葉です。

ケンカで気まずくなった友人に、この花言葉を添えて「ミスミソウ」の鉢植えを贈ってみるとよいでしょう。

「ミスミソウ」の花言葉⑥

  • 優雅

これは「ミスミソウ」が山野草でありながらも、丸みのあるカラフルで可憐な花を咲かせることから付けられた花言葉です。

「ミスミソウ」の花言葉⑦

  • あなたを信じます

こちらも、寒さの中で咲き始め、けなげに生きるその姿から受けるイメージで付けられた花言葉です。

花言葉【ミスミソウ】の基本情報

“【ミスミソウ】の基本情報”

  

科 属 キンポウゲ科 ミスミソウ属
原産地 ヨーロッパ・北アメリカ・日本
品種 約10種

開花時期 2月~5月
英語和名 ・Liverwort (リバーワート) 、Liverleaf(リバーリーフ)、Hepatica(ヘパティカ)

・ミスミソウ(三角草)、雪割草

まとめ

「ミスミソウ」は、冬から春にかけて咲く山野草です。厳冬の中、雪を割るようにして花を咲かせるその姿から付けられた花言葉がたくさん存在しています。山野で自生するものは手に入りにくいのですが、ホームセンターなどで園芸種が見つかれば、花言葉を添えてプレゼントしてみましょう。

▶︎花言葉まとめ一覧ページはこちら

ABOUT ME
Written by 伊庭野れい子
【スピリチュアル・カウンセラー、風水師】 ハワイで20年間、撮影コーディネーターやライターをしながら透視能力を開花させる。 現在は大阪にてライター&翻訳業及び、自身のスピリチュアル本等の出版とチャネリング中心のスピリチュアル&風水カウンセラーとしても活躍中。 https://tarotreiko.amebaownd.com/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)