花言葉

花言葉【カルミア】風水で運気アップ*誕生花とスピリチュアルな伝説

花言葉,カルミア

「カルミア」は、金平糖のような五角形のかわいい花を咲かせる常緑低木で、蕾のときはピンク色で、花が咲くと白色なのが特徴です。

「カルミア」の花の雄しべは、虫が飛んできたその刺激により飛び出して、花粉が散るという、少し変わった特徴を持っています。

初夏には美しいレースのような花を咲かせる「カルミア」ですが、このお花が持つスピリチュアル的な意味やエピソードなどには、どのようなものがあるのでしょうか?







【カルミア】にまつわるスピリチュアルなお話

花言葉,カルミア

北米に伝わる逸話

かつて北米では、「カルミア」の実を食べた鳥の肉を決して食べてはいけないと言われていました。

それは魔術師たちが、最も罪深い儀式で「カルミア」の木を用いていたことから、「カルミア」は『悪魔の木』、もしくは『魔術師のヒノキ』と呼ばれていたからなのです。

その木の実を食べた鳥にも悪魔や悪いものが宿っていると考えていたのでしょう。

実は、これは「カルミア」の葉には毒があることから、語り継がれた逸話のようです。

【カルミア】が誕生花の日

【カルミア】の誕生花です。

    • 2月11日
    • 2月17日
    • 2月20日
    • 3月21日
    • 4月1日
    • 4月30日
    • 7月10日
    • 8月7日

【カルミア】を使って運気をアップする方

ここで説明する風水は、「誰でもできるかんたん風水!バグア・チャート風水」
伊庭野れい子著(太玄社)

著者ご本人に解説してもらいます。

「誰でもできるかんたん風水!バグア・チャート風水」伊庭野れい子著,太玄社

(本の解説)
ハワイ在住の風水師クリア・イングレバート氏(『ハワイアン風水』著者)に師事した著者が、バグア・チャートを使った風水を基本からよりわかりやすく、誰でも手軽に自宅で実践できるようにイラスト付きで解説した開運風水本。
花言葉,カルミア

風水で運気UP

風水において「カルミア」の木は、お庭の南の方角に植えるとよいとされています。

南には「カルミア」のような背の低い木で、白やピンクの花を咲かせるものを植えることで、直観力、芸術性を高め、人気運、ビューティー運もアップさせてくれます。

恋愛運UP

「カルミア」のピンクのお花を、バグア・チャート風水を使った恋愛のコーナーである、お部屋を入って右手奥に飾っておけば、情熱的な恋愛運を引き寄せてくれます。

ただし枯れた花はすぐに摘み取るようにしましょう。風水で枯れた花は「死」を意味してしまうので、いつまでも枯れた花を飾っておくと、逆効果になります。

花言葉【カルミア】の意味

「カルミア」は、暑さには弱く育てるのが簡単ではないので、あまり見かけることのない珍しい花です。

北米原産の「カルミア」は、1912年に日本がアメリカのワシントンに、桜の苗木を贈った返礼として、ハナミズキと共に1915年にアメリカから日本に持ち込まれました。

日本では「アメリカシャクナゲ」や「花笠シャクナゲ」という名前で呼ばれています。

「カルミア」という名前は、スウェーデンの植物学者のペール・カルム氏が北米でこの花を発見したことから、彼の名前にちなんで付けられたものです。

「カルミア」の葉には、グラヤノトキシンという羊が中毒を起こす有毒物質が含まれており、LambKill(羊殺し)という別名もついています。人間が食べても心筋梗塞や麻痺を起こしてしまいます。

「カルミア」の葉に触る程度では、問題にはなりませんが、触ったあとは必ず手を洗うことと、ペットや小さいお子さんがいる場所には、置かないようにするほうが無難かもしれません。

「カルミア」は、可愛らしいピンク色や白などの、レースの日傘のような五角形の花を咲かせ、鉢植えのプレゼントとして用いられることも多いようです。

「カルミア」にはよい花言葉と怖い花言葉があるので、プレゼントにするときは必ずよい意味の花言葉を添えて贈るようにしてください。

「カルミア」は白とピンクがありますが、色別の花言葉は存在していません。

「カルミア」の花言葉①

  • 大きな希望

この花言葉は、「カルミア」は小さな蕾からだんだんと花を開き、太陽に向かって精一杯広がるように咲いていることから、付けられました。

元気のないお友達を励ましたり、あるいは卒業や入学など新しい門出を迎える人に、この花言葉を添えて贈ってみましょう。

「カルミア」の花言葉②

  • 優美な女性

こちらは「カルミア」が美しい日傘を広げているように見えることから付けられた花言葉です。

このお花が誕生花である、素敵な女性へのプレゼントとして、この花言葉と共に贈ると喜ばれることでしょう。

「カルミア」の花言葉③

  • さわやかな笑顔
  • にぎやかな家庭

これらの花言葉は、「カルミア」の花が楽しそうに集まって咲く姿から付けられています。

さわやかな笑顔のお友達のお誕生日に、この花言葉を添えて贈ってみてはいかがでしょうか?

「カルミア」の花言葉④

  • 裏切り
  • 野心
  • 嫌悪

これは「カルミア」の葉に毒が含まれていることから、付けられた花言葉です。

プレゼントをするときに、あなたが意図する花言葉のカードを添えて贈らないと、もらった人がこれらの花言葉を知っていたり、調べたりして、誤解されてしまうかもしれないので気をつけましょう。

花言葉【カルミア】の基本情報

“【カルミア】の基本情報”
科 属 ツツジ科 カルミア属
原産地 北アメリカ
品種 主に原種は7種ですが、品種改良されたものを含むと80種ほど。
開花時期 5月~6月
英語和名 ・Kalmia(カルミア)、Calico Bush(カリコ・ブッシュ)、Mountain Laurel(マウンテン・ローレル)・カルミア、アメリカシャクナゲ、花笠シャクナゲ

まとめ

「カルミア」は、ユニークでかわいらしい花を咲かせ、鉢植えにもなるのでプレゼントにも適しています。花言葉には、よい花言葉と怖い花言葉が存在するので、プレゼントにするときは、必ず自分が意図する気持ちの、正しい花言葉を添えて贈り、誤解のないようにしましょう。

▶︎花言葉まとめ一覧ページはこちら

ABOUT ME
Written by 伊庭野れい子
【スピリチュアル・カウンセラー、風水師】 ハワイで20年間、撮影コーディネーターやライターをしながら透視能力を開花させる。 現在は大阪にてライター&翻訳業及び、自身のスピリチュアル本等の出版とチャネリング中心のスピリチュアル&風水カウンセラーとしても活躍中。 https://tarotreiko.amebaownd.com/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)