風水

【風水】元旦や三が日の過ごし方とは?年神さまを迎えて開運な年明けにする!

風水,元旦
「一年の計は元旦にあり」と言われますが、新たな年の計画を立てて過ごすことで進化し、成長していくことができます。元旦には、新年の幸せをもたらすために歳神様がやってきます。元旦や三が日の過ごし方とは?歳神様を迎えて新年を開運する方法をご紹介します。

Array

【風水】元旦やお正月の意味

元旦は、厳密に言えば1月1日の午前中のことです。元旦は新たな一年のスタートの大切な日です。だからこそ縁起の良いことを行うようにし、良い運気を呼び込みます。お正月には一年間の幸せをもたらすために歳神様がやってくるので、家族でお迎えします。歳神様の依り代となる左右一対(雌松と雄松)の門松を飾っておきましょう。お正月は、元旦から7日間(地域によっては15日程度まで)の期間を指します。

※歳神様は五穀豊穣や稲の神様で、歳徳神(としとくじん)とも呼ばれます。

【風水】元旦や三が日の過ごし方

元旦や三が日の過ごし方についてご紹介します。

おせち料理を食べる

おせち料理とは「節供料理」「御節供(おせちく)」の略で、歳神様へのおもてなしのひとつです。神様にお供えすると同時に共食することで、神様の恩恵を受けることができます。重箱に詰めるのは「福が重なるように」という意味があります。家族の安全と健康、子孫繁栄をお祈りするために、一品ごとに意味があります。

黒豆は健康でまめに働けるように、数の子は子孫繁栄、栗きんとんは勝栗と呼ばれ豊かさを象徴します。「めでたい」と縁起の良いことから焼いた鯛や、出世魚と言われるブリなどをいただきます。おせち料理を食べるときは、「祝い箸」という両方の先が細くなったお箸を使います。これは「神人共食(しんじんきょうしょく)」を意味します。

家でのんびり過ごす

お正月は家でのんびりと過ごすのが理想です。一年の始まりを歳神様と迎え、リラックスして心地良い一日を過ごしましょう。一年の始まりが良いスタートになると、その一年も良い年になるでしょう。元旦に喧嘩などをして、新年早々険悪な雰囲気になると良いスタートとは言えません。

新年の抱負を書く

一年頑張りたい、やりたいと思うことをノートに書き、神様に誓いましょう。一年の目標や抱負を細かくノートに書き出してみることで、一年をどのように過ごせばいいのかが見えてきます。1月2日に書初めを行うと、字が上手くなるという言い伝えがあります。

初詣

神様に新年のご挨拶をしに、神社や寺院を参拝しましょう。今年が良い年になるようにお願いし、神様からのメッセージを受け取るためにおみくじを引きます。福岡などの特定の地域では、初詣として三つの神社にお参りをする「三社参り」の風習があります。

初日の出を見る

日本では古来より、初日の出とともに歳神様が現れるので縁起が良いと言われています。物事をスタートするパワーがある初日の出を拝み、一年のパワーをいただきましょう。昨年の感謝の気持ちと、新たな年の幸せや健康を願います。高い山や山頂などから見える日の出は「ご来光」と呼ばれます。人気の初日の出スポットにお出かけしてみると、ご来光を見ることができるでしょう。

【2023年初日の出時刻】
北海道: 7時06分
東京都: 6時51分
大阪府: 7時05分
福岡県: 7時22分

【風水】元旦や三が日にNGなのは?

元旦や三が日にやってはいけないことがあります。日常的にやっていることなので、当たり前のようにやってしまうかもしれません。昔から言い伝えられている、元旦や三が日にNGなことをチェックしてみましょう。

掃除はしない

元旦、三が日には一年の幸せをお祈りする歳神様がやってきます。掃除をすると埃と一緒に歳神様を掃き出してしまうことになるので、掃除は年末にしっかりと行い、元旦はゆっくりと過ごしましょう。特に玄関の掃き掃除はNGなので、気をつけましょう。三が日が明けてから掃除をします。

刃物を使うのはNG

お正月は包丁などの刃物を使うのは縁起が悪いと言われています。刃物で幸運を切ってしまうことから、刃物を使わないおせち料理をいただきます。

火と水を使うのはNG

お正月から火を使うと、キッチンの神様である荒神様を怒らせてしまうという言い伝えがあります。水を使うことで歳神様を洗い流してしまうと言われています。洗濯や洗い物がNGだと困る方は、1月1日の午前中である元旦のみを意識してみると良いでしょう。

牛肉・豚肉を食べるのはNG

お正月から殺生をするものではないという意味から、牛肉・豚肉などの四足歩行の動物の肉を食べるのはNGです。お雑煮やお煮しめには鶏肉を使います。

お金を使うのはNG

年の初めにお金を使いすぎるとその一年は出費が多くなり、お金が貯まらないと言われています。一年の始まりに買い物をするのは控えておきましょう。金運を高めるためにも、初詣などのお賽銭以外でお金を使わないようにしましょう。

まとめ

お正月は新たな年の運気を上げるためにも、できるだけ良い状態で過ごしたいですね。開運を心掛けて過ごしてみましょう。

▶︎【初詣の種類】大晦日から行っていいの?何日まで?行ってはいけない日はこちら

▶︎風水のまとめ一覧ページはこちら

ABOUT ME
Written by 天愛来(ティアラ)
23年以上の経験と知識を活かし『カウンセリング&セミナー講師』にて活動中。風水・ヌメロロジー・心理学・ヒプノセラピー・霊気など資格取得。スピリチュアル分野である西洋占星術・アロマテラピー・カラーセラピー・フラワーエッセンス・クリスタルヒーリングで心豊かになれるようにさまざまなアプローチを通して気付き&癒し、知識を提供。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

LINE友達登録