風水

【風水】亀にまつわる金運や縁起のいい開運アドバイスとは?

風水,亀
「亀」は世界各国で神聖な生き物と言われており、幸せのシンボルです。神聖な生き物として神話などに登場することも多いです。風水では亀は縁起ものとして取り入れられることも多く、亀の恩恵を受けている人もいるのではないでしょうか。亀にまつわる金運や縁起のいい開運アドバイスについてご紹介します。







【風水】亀の意味とは

水辺に住む生き物である「亀」は、水の神の使いと言われています。水の神を祀っている神社に、亀が放たれていました。亀をお祀りしている神社も数多くあります。「鶴は千年、亀は万年」という言葉があります。中国では不老長寿の仙人の使いであることから、長寿をもたらしてくれるシンボルです。亀を見かけたときは、幸運が訪れる予兆とも言われています。ウミガメは子孫繁栄や富の繁栄のシンボルです。

【風水】亀の置物について

風水では亀の置物は長寿のシンボルになり、健康運や金運を高めたいときに取り入れます。甲羅が凸面鏡の役割をして邪気を跳ね返し、殺気を転化する効果があります。殺気のある場所に亀の置物を置くことで殺気を跳ね返すことができるので、気を緩和するために用いられます。家が高いビルなどに囲まれて殺気がある状態を「天斬殺(てんざんさつ)」「四害殺(しがいさつ)」の状態と言い、この状態を改善するために亀を置いて調整していきます。

※天斬殺とは、都市部で見かける家の両脇に高い建物がある状態を指します。四方を高い建物に囲まれている土地は、四害殺と言います。日当たりや風通しが悪くなり、健康運にも影響がでてくると言われています。

 置くのにいい方角

亀は水の中で暮らす生き物なので水の気と相性がよく、五行で水の気は北の方角になります。亀は北に置くと相性が良いです。玄関に置くことで、魔除けの効果があります。玄関の扉の方向に顔が向くように置きましょう。殺気のあるところに置くことで、殺気が緩和されていきます。金運を高めたい場合は、西の方角に金属製の亀を置きましょう。

 亀の置物選び方

亀の置物にはさまざまなものがありますが、四本の足がしっかりと地についているものを選びましょう。また、頭を上げたものを選ぶことで、運気が上昇していきます。亀を北に置く場合は、北の方角は数字で1を象徴します。幸運を呼び込むために、亀の置物は一つだけ北に置くと良いでしょう。

【風水】亀の絵について

幸運を呼び込んでくれる亀の絵を取り入れて、場を調整したり、運気を高めたりしていきましょう。

 亀の絵画の選び方

見ていて気持ちが良くなる絵画を選ぶのが一番効果的です。部屋全体の色調と絵画の色調を合わせるようにしましょう。いくら縁起の良い亀の絵画を飾っても、全体的にアンバランスだと逆効果です。見ていて心地の良い亀の絵画を選択してください。

 置くのにいい方角

風水では「五行」をポイントにして飾る位置を決めていきます。亀と相性の良い水の気である北の方角に飾りましょう。海の中で優雅に泳いでいる亀などと相性が良いです。北は金運や愛情運を高めてくれる方角です。もしくは、玄関に飾ることで邪気を跳ね返し、良い気のみを家の中に入れることができます。

【風水】亀を飼うのは?

縁起の良い生き物である亀を飼うと、邪気を祓って幸運が舞い込むと言われています。ペットとして飼われることが多いのは、クサガメやミドリガメです。玄関の向きからお金の気が流れている方角が分かります。玄関を出て玄関ドアに背中を付け、顔が向いている方位をチェックし、財方を調べましょぅ。財方に水槽を置くことで、金運が高まると言われています。但し、財方であっても寝室やキッチン、トイレに水槽を置くのはNGです。

【北向き玄関】東・南西
【北東向き玄関】南東
【東向き玄関】北・南西
【南東向き玄関】東・南西
【南向き玄関】南東
【南西向き玄関】西
【西向き玄関】北・西・南東
【北西向き玄関】東・南・北西

【風水】亀で運気アップできる方法

その他に亀で運気アップできる方法をご紹介します。

亀のモチーフ

ハワイでは、ウミガメのことをHonu(ホヌ)といい、「幸せを運んでくる」「金運」「長寿」のシンボルとして大切にされています。海の守り神と呼ばれています。ホヌは、アウマクアとも言われます。アウマクアは、神様やご先祖様がハワイの生き物や自然に姿を変えて家族を守っている守護神と信じられています。ホヌをかたどったジュエリーなどが人気で、結婚指輪などのモチーフとして取り入れることがあります。お財布に小さな亀のモチーフを入れておくことで、金運を高めてくれると言われています。神社などでも亀のお守りを頂けるところがあります。

まとめ

亀は、吉祥動物として風水でもよく取り入れられる動物の一つです。邪気を跳ね返し、プラスに転化してくれる効果があるので、邪気を感じる場所に置いておくのも良いでしょう。亀は水辺に住む生き物なので、水の気と関係している北方位と相性が良いと言われています。

ABOUT ME
Written by 天愛来(ティアラ)
23年以上の経験と知識を活かし『カウンセリング&セミナー講師』にて活動中。風水・ヌメロロジー・心理学・ヒプノセラピー・霊気など資格取得。スピリチュアル分野である西洋占星術・アロマテラピー・カラーセラピー・フラワーエッセンス・クリスタルヒーリングで心豊かになれるようにさまざまなアプローチを通して気付き&癒し、知識を提供。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)