画像心理テスト|価値観や常識・直感力が診断できる!?

画像 心理テスト

心理テストの原点と言うのは「物事をどう捉えるかでその人の心理的な傾向を知ること」であると言います。その為どうとでも取れるものを相手に見せたときの反応を見るような形の心理テストがいくつか存在します。

今回はそんな心理テストの中から画像を利用した心理テストをいくつか御紹介させていただきます。


スポンサーリンク


画像を利用した心理テスト

①常識にとらわれやすさが分かる心理テスト

あなたは、行き先も乗り物も知らされていない「ミステリーツアー」に誘われました。集合場所で渡されたのは、コースが決められるという「一枚の絵」。さあ、あなたならどれを選びますか?
%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91
出典:http://ymitsukuni.blog55.fc2.com/

この心理テストでは、「山・森・海・道」のどの絵を選ぶかによって、価値観、生き方の傾向を見だして、そこから常識に囚われなさ、言ってしまうと「変な人度」を探れる心理テストです。

1と答えた方は、少々意地っ張りなところがあったり、一度言い出したことややり始めたことは最後までやらない時がすまない人が多いです。基本的に自尊心が高く、自分の可能性を信じている人が多く選択しやすく、主に思春期の人や上り調子の人が多く行き着きやすい答えです。そうしたことから少々感情的になるところがあるものの比較的常識人でいようとするため常識に結構囚われるところがあります。

2と答えた方は、目に見えないものを信じたり、物事を確立や数字で判断することを嫌う人が多いです。基本的には自尊心が高いもののそれ故にあまり周囲の眼を気にしないで自分の殻に閉じこもりがちな人が多く選択しやすく、主に思春期以前の子供や現状に余裕がとてもあるか、逆に全く余裕がなく全てを投げ出したい心境の人が行き着きやすい答えです。そうしたところからあんまり常識に囚われないで思考・発想をするためにちょっと変わった人だと思われるところが多いかもしれません。

3と答えた方は、ちょっと悲観的なところがあり、つい色々なことを引きずってしまうような人が多いです。基本的には自尊心があまり高くなく、自分の世界に閉じこもりたがる人が多いですし、現実逃避をしたい心境の人が多く選択しやすく、老年の方やすっかり燃え尽きてしまった人が行き着きやすい答えです。そうしたところから人目を特に気にすることなく突飛な事をする人もいて、かなり常識に囚われない所謂「変な人」と思われるような人が多いです。ちなみに芸術家だとか創作活動をするタイプの才能に最も恵まれるのはこのタイプの人です。

4と答えた方は、少々乱暴なところはあっても、何事にも積極的に行動しようとする人が多いです。基本的にはとても行動的な人が多く、色々な事に挑戦したいとか周囲がどうなっているのか気になるだとか関心が「外」に全部向いている人が選択しやすく、主に1番フレッシュな成人したばかりぐらいの人や新しい環境下になったばかりの人が行き着きやすい答えです。そうしたことから基本的には常識に縛られるところはあるものの、目的のためには時にはそんな常識だとかも平気で乗り越える人がいるので「とても革新的な人」と思われることが多いでしょう。

②脳の特徴が分かる画像心理テスト

以下の五つの図形の中から最も気になる物を1つだけ選んでください。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%92
出典:http://rocketnews24.com/

この画像を使った心理テストでは大体の脳の特徴から活かせるような長所が分かるのだと言います。

1のZ形を選んだ方は直観力に優れた右脳型タイプで想像力に富んだ人であり、ちょっと変わった考え方をしていると言われることも多いです。奇抜な発想で周りをあっと言わせたり、誰も考え付かないことで大成功を収めたりすることもあります。ただしかなり好戦的な面もあり、ルールや常識に縛られるのが大嫌い。所謂「社会の歯車」には最も向かないタイプの人が多いので、ちょっと普通とは離れた人と違った道を行く方が楽しい人生を送れます。

2の正方形を選んだ方は「理性脳」とでも言うべき大脳新皮質の働きが強くとても冷静な考え方が出来る人であり、努力家であることがとても評価されます。精神的に揺らぐことが少なくいられるという事から一つの事をひたすらやり続けるのにもむいていますが、どちらかと言うとあらゆる分野で実力を発揮できるオールマイティーな所こそが一番の魅力。どんな仕事でもソツなくこなし、周りにも重宝される反面、ちょっと器用貧乏なところはあるかもしれません。1番サラリーマンに適したタイプの人です。

3の三角形を選んだ方は「動物脳」とでも言うべき本能の働きが強い感性鋭いパワフルな人であり、リーダーシップがある事がもっとも評価されます。賑やかなのが好きで友人も多いですが、張り合うことが好きですからライバルも多くなりがちですし、あまり深く考えず思うまま行動するため、失敗することも結構大目。しかしそれでも自然と周りに愛される人が多いので、人の上に立つことができた時から本領発揮するタイプです。

4の丸型を選んだ方は、「感情脳」とでも言うべき大脳辺縁系の働きが強く、とてもある意味人間らしいので協調性に富んだ人であり、平和主義者とか集団主義者といわれる人が多いです。人間にしかないような欲求や感情と言う物にとても敏感ですから高い社交的なセンスをもっている事も多く、それが高じて道徳的で親切な人になりやすく、周囲から頼りにされる事も多いでしょう。人の上よりも間に立って活躍する中間管理職とか仲介業者などに向いています。

5の長方形を選んだ方は合理性の権化、左脳型タイプで物事を理論や数字が大好きで、高い向上心と独立心の強い人が多いです。正方形を選んだ人と比較的近いところはあるのですが、こちらの場合は「耐えられる」のではなく、「それを好む」と言うのが大きな違いでして高い向上心がある反面慎重派で、自分を過小評価する傾向もあったりする人が多いです。その為このタイプもあんまりサラリーマン向けではなく、職人などが向いています。


スポンサーリンク


③直観力が分かる画像心理テスト

これは直観力が分かる心理テストです。次の画像の中にいくつ人の顔が見えますか?

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%93

出典:http://blogs.yahoo.co.jp/mitiko77jp/1905330.html

画像の上に書いてある言葉を読める人にはなんとなく落ちが見えるかもしれませんがこの画像の中に人の顔が「8から9」見つけられた。と答えるのが大体普通の人の範囲です。

なぜなら明確に人の顔をしていると分かるような構成をしているのが9個だからであり、そのうち一つは見落とすこともあるというレベルであるからだと言います。

「6から7」だと言う人は物事を多角的に見るというのが苦手な人が殆どのはず、加齢に伴う認識力の低下が見られるレベルでも「5」であると言われています。

「5」未満となるとやる気の方を疑った方がいいとも言われるレベルになってきます、加齢に伴う認識力の低下でそのレベルだという事はあまりなく、「どうせ分からない」とか「やるだけ無駄だと」別の所に影響が出ているケースが多いです。

逆に多い場合はどうなのかと言いますと「10」ですとかなり直観力があるといえる部類。

「11」「12」「13」ともなってくるとそれ以前にはっきりと人の顔だと思える「10こ」が邪魔をして、中々人の顔だと認識できる人はいないのでかなり直観力が高いレベル。

大体の人は「え?どれどれ?」と聞くこと間違いなしでしょう。

ちなみにこれは賢いかどうかとはあんまり関係ありません、あくまで直観力と多角的に物を見ることが出来るかどうかだけの話しですから全部見つけられないからと言って別にどうという事はありません。

④男性的か女性的かが分かる画像心理テスト

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%94
出典:http://mery.jp/

さてこの画像を最初に見た時、男性は一体どちらを向いていますか?

この男性がどちらを向いているかであなたが男性的な思考をする事が多いか、女性的な思考をする事が多いかが分かります。

世間的には男性脳と女性脳か?なんて風にも言われていますが、勘違いしないで欲しいのは脳の構造上の大きく違う明確な違いが男女ではないという事。

その為この画像を使った心理テストでは「思考が主に男性的か、女性的か」を診断できると言う表現をさせていただいております。

結論から言うと左の横顔に見えた方は男性的、正面を向いているように見えたのは女性的な思考を主にしていると考えて良いです。

ちなみに「女性ならば女性的な思考をする」とか、「男性なのに女性的な思考をするのはおかしいのか?」と言うと全くそんな事もないので予めご了承下さい。

ちなみに主にどう違うのかと言いますと男性的な思考をする方は理論的で、何かに特化していている事を好む攻めの姿勢の人が多く、一つの事に集中していたいと言う気持ちが強くなりがち。しかしそれに反して人の表情や感情を読み取るのが苦手で人付き合いが苦手と言う人も結構いますし、いっぺんにいろいろな事をやると言うのが苦手な人も多いです。

それに対して女性的な思考をする方は直感的で欠点がない事を好む守りの姿勢でいる人が多く、複数のことを同時にこなせることに魅力を感じますから自分もそうあろうとする人が多いです。人の感情や表情から情報取得量が多いため少々感情的になったり、合理性とはかけ離れたことをしてしまうのが弱点ですし、あまり一つの事を長くすることが苦手と言う人も多いです。


画像を使った心理テスト4ついかがだったでしょうか?

これらの元祖がロールシャッハテストと言う奴でして興味がある方は是非一度見てみて下さい。

画像を使った心理テストはとても単純ですし、分かりやすいと言うのが長所である反面、確認の仕様が全く無いのが難点ですが、是非皆さんで楽しんでやってみていただけたらと思います、

ちなみに最初の画像もちょっとした心理テストに使えて、「0と1で出来た縦の帯」が丸い図形よりも先に目に入った方は物事を広く見る視点が結構高い方達なのですが、皆さんはどちらに目を取られましたか?

こちらの記事をご覧ください。
▶︎ 人間の心理・心理テストまとめ

スポンサーリンク

あなたの好きな人は本当に運命の人? 97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『六芒星占術』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる方は、是非お試しを!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 夢占い 廃墟

    2017.10.18

  2. 夢占い ギャンブル
  3. 夢占い はしご
  4. エンジェルナンバー 222
  5. 寝ながら 瞑想

スポンサーリンク