ギリシャ神話 英雄アキレスとアキレス腱との関係とは?

Achilles
Achilles / Matt From London

アキレスと言うギリシャ神話の英雄をご存知ですか?「アキレス腱」と言う名前がつけられるほど明確な弱点を持った英雄という事は知っている方も多いと思いますが、実はこのアキレスはギリシャ神話の中でも恐らく最強に1番近い英雄でもあり、その活躍がいくつかの神話で描かれてもいる人物です。

今回はそんなギリシャ神話の英雄アキレスがどんな人物であるのかについてと、アキレスの神話についてを御紹介させていただきます。


スポンサーリンク


ギリシャ神話の英雄アキレスについて

①アキレスと言う英雄の特徴

ギリシャ神話の中でのアキレスはギリシャ神話の英雄の所謂テンプレートの一つとも言える半分神様と言う特徴を持った人物で、プティーアと言う国の王「ペーレウス」と海の女神「テティス」との間に生まれた子供にして、冥界の審判官の一人にして最高神ゼウスの子供でもある「アイアコス」の孫に当たる人物。

色々な名前が出てきましたが、簡潔に言うならアキレスはかなり良い血筋の英雄という事です。

そして更に血筋がいいだけにとどまらずこのアキレウス、最大の特徴として「ほぼ不死身」というとんでもない特徴を持っている事が有名です。

どうしてそんなとんでもない特徴を彼が身につけたのかと言いますと、自分の子供が生まれて喜ぶ母テティスが我が子が不慮の事故で死なないようにと冥府を流れる川ステュクスの水に息子を浸した事が切欠です。

この川の水はギリシャ神話の中でも何度か出てくる神々さえも支配する特別な力が宿っており、時には猛毒にもなり、時には逆に不死をもたらす神水にもなったりもする不思議な水でして、アキレスの神話の時はプラスの方向にこの水の力は働き彼は水に使ったところは皮膚がどんな鎧よりも丈夫になり、 人間の武器では傷つけられないと言う超人的な肉体になった訳です。

しかし問題が一つあり、母テティスが彼の足首を掴んで川に浸したためその部分だけが弱点になったと言われています。

普通に考えたらもう一回足だけ川に入れなおしてあげたら良かっただけの話なのですがお母さんはそんなことには気がつかなかったようです。

更にこのお母さんはどういうわけかこの直ぐ後に海に帰ってしまいまして、父であるペーレウスはアキレウスをケンタウロスの賢者ケイローンに預けて育ててもらうことにします。

預けられたアキレスは6歳から狩りを教わり、また医術や竪琴も学び更に完璧超人への道を歩みます。

そして成長しきったアキレスはギリシャ神話における多くの英雄達の中でも最も美貌に優れ、あらゆる武器の扱いに長け、無敵の体を持つため素手であってもどんな敵にも勝てる力を持ち、父から譲り受けた最高の馬であるバリオスとクサントスを除いてどんな馬よりも速く走れるという正に欠点を探す方が難しい超人となります。

こんな人物であるためアキレスこそがヘラクレスやペルセウスを超えるスペックを持った最強の英雄と考えてもまず間違いはありません。

②アキレスと『イーリアス』

ギリシャ神話の英雄アキレスを知るにはまず最初にアキレスと言う人物について語られ始めたと言われるアキレスを主役とした『イーリアス』という物について知って欲しいです。

この『イーリアス』とは何なのかと言いますと一説では彼の存在すらも神話だと言われる「ホメロス」によって紀元前8世紀半ば頃作られたと伝えられる長編叙事詩の一つで、最古期の古代ギリシア詩作品と言われるもの。

内容はトロイア戦争十年目のある日に生じたアキレスの怒りから、アキレスの敵役トロイアの英雄「ヘクトール」の葬儀までを描写した話しからなっており、その内容は簡単に語ると以下の通り。

アキレスは、友人パトロクロスと共に自分の国の兵士を率いて当時何年も続くトロイア戦争に参加しました。

そんなある時、戦利品として連れ帰ってきた女性を自分達の総大将アガメムノーンに理不尽な理由で奪われ、頭にきたアキレスはそれ以降戦いに参加しなくなります。

それでも気が治まらないアキレスは更に神々にギリシャ勢に力を貸さないで欲しいと母テティスを通じて頼み、ゼウスもコレを了承。

神々の加護を失ってしまい、名だたる英雄たちも傷つき総崩れとなり、これを見たアキレスの親友パトロクロスはアキレスに戦争に参加して欲しいと頼見ますが、アキレウスは首を縦に振らずならばせめてとアキレウスの鎧を借り、自分が兵を率いて出陣します。

アキレウスの鎧を着たパトロクロスの活躍によりなんとかギリシャ勢はトロイア勢を押し返しますが、パトロクロスも敵方の事実上の総大将であるヘクトールに討たれ、アキレウスの鎧も奪われ再びギリシャ不利の状況が訪れます。

しかしここで親友パトロクロスの死知ったアキレウスがそのことを深く嘆き、ついにヘクトールへの復讐のために出陣することを決心。

彼が出陣するとあって鎧を失った彼に母テティスはアキレウスのために新しい鎧を用意し、アキレウスに授け、それを着て出陣したアキレスはトロイアの名だたる英雄たちをも容易く葬り去りついに親友の仇ヘクトールとの一騎討ちにまで持ち込みます。

ヘクトールは確かに強い英雄と呼べる人物でしたがアキレス相手には部が悪く、ヘクトールはなんとか逃げ回ってはいましたが、ついに討たれます。

復讐を遂げて満足したアキレウスは、さまざまな賞品を賭けてパトロクロスの霊をなぐさめるための競技会を開きました。

その後アキレスの下にヘクトールの父プリアモスがやってきて、アキレスはヘクトールの遺体を返し、ヘクトールの葬儀も行われました。

コレが『イーリアス』で語られるアキレスの神話です。


スポンサーリンク


③アキレスの『イーリアス』で語られる以前の神話

ギリシャ神話で主にアキレスの活躍が語られているのは『イーリアス』ですがこの神話ではどうして彼がトロイア戦争に参加することになったのかという事には触れられておらず、トロイア戦争に兵を率いて参加し、たった一人でも戦況を逆転させ、敵の名将を尽く討ち取るなどの無双の力を誇ったことだけが語られています。

しかしそれ以前の話も神話として実は残されており、ここではアキレスがトロイア戦争に参加する事になった『イーリアス』で語られる以前のアキレス神話をご紹介させていただきたいと思います。

長く続くトロイアとの戦争にて勝利を手に入れるため、ギリシャ側の総大将「アガメムノン」は予言者「カルカス」と言う人物をギリシャ軍に向かい入れ、どうしたら戦争で勝つことが出来るかを彼に問います。

するとはカルカスはトロイア戦争でギリシャ軍が勝利する為にはアキレスの存在が不可欠だという事を宣言します。

しかしそれと同時にアキレスの母テティスはアキレスがトロイア戦争に参列すれば、逃れられない死を迎えると言う予言を聞きます。

息子を失わないように不死身にまでした母テティスはアキレスを失う可能性があると聞き、男性では徴兵されてしまうため、アキレウスをスキューロス島に送り、女の格好をさせ戦争に参加させないようにしてしまいます。

この間にアキレスはここで子供が出来たりもして順調に暮らしていましたが、そこに商人のなりをした別の神話での主人公でもある英雄「オデュッセウス」がアキレスをトロイア戦争に参加させるためにやってきます。

彼は女向けの商品の中に武器をまぜて展示する事で女たちが見向きもしない物にアキレスだけが興味を持ったことから正体を暴きトロイア戦争に引きずり出します。

アキレスがトロイア戦争への参列が決まるとテティスはせめて死ぬ確率が下がるようにとヘパイストスにアキレスのための武具を作らせそれをアキレスに持たせ、彼はそれを使ってトロイアとの戦争で活躍することとなるのです。

コレがアキレスが参加したら命を落すかもしれないと知っていたのにトロイア戦争に参加させられることになったとされる神話です。

④ほぼ不死身のアキレスの死と教訓

ギリシャ神話最強の英雄アキレスですが実は死んでしまう理由がかなり自業自得と思われる所もあるのです。

そもそもいくら弱点があるとは言っても正直どんな英雄であろうとも人間では彼にアキレス腱と言う弱点があろうととても太刀打ちできる物ではないのですが、彼はトロイア戦争の中で一人目立って活躍しすぎてしまったが故に、常にトロイア側の味方をしていたオリュンポス十二神の一人「アポロン」に目をつけられてしまいます。

しかしアポロンもオリュンポス十二神の一人であり、ただやたらと目立つ人間がいる程度であれば大目に見てくれていたのですが、アキレスはある時アポロンの逆鱗に触れることをしでかしてしまいます。

一説ではアポロンの子供である半神半人の人間を殺してしまったとか、別の話しではアポロンを篤(あつ)く信仰している神官を殺してしまったとか、彼の神殿を間違って攻めたなどと諸説ありますが、ようはアキレスは勢いがつきすぎて、絶対に敵に回してはいけない神様に喧嘩を売ってしまったという訳です。

いくら最強の英雄と言えどもそれはあくまで人間同士での話しですし、しかも自分の弱点まで知られていますから相当分が悪いというもの。

更に敵に回した神様は弓術に優れ、敵対した物には容赦の欠片も無いアポロン。

当然アポロンは直ぐにアキレス殺害を計画し、トロイアを攻めにきたアキレスの弱点をトロイアの王子パリス教え、自分の弓と弓術の力を貸し与え彼の弱点を打ち抜かせます。

本来はこの傷ぐらいならは致命傷足り得ないのでしょうが、これまで自分自身の不死身の肉体であった事を過信しすぎたアキレスはそのまま戦い続け、やがてはその傷が原因となり死亡することとなってしまいます。

どんなに強い力があっても調子に乗りすぎてはいけないという事と、自分にも弱点があると省みること、そして小さなミスでもそれを放置しっぱなしにはしない事。

実はこんなにも大事な事をギリシャ神話の英雄アキレスは私達に教えてくれているのです。


アキレスと言うギリシャ神話の英雄についてを色々ご紹介させていただきましたがいかがだったでしょうか?

アキレスと言う英雄について結構知っているようで知らないことがあった人もいると思いますが、ギリシャ神話と言うものが長い間語り継がれてきた理由のひとつに面白いだけでなく、ためになるからと言う理由も実はあるので是非興味をもたれた方はギリシャ神話について色々と調べてみることをおすすめします。

スポンサーリンク

あなたの好きな人は本当に運命の人? 97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『六芒星占術』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる方は、是非お試しを!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 夢占い 苦しい
  2. 夢占い 廃墟
  3. 夢占い ギャンブル
  4. 夢占い はしご
  5. エンジェルナンバー 222

スポンサーリンク