ギリシャ神話 メデューサにまつわる5つの話

De Medusa
De Medusa / Resio

ギリシャ神話のメデューサという怪物をご存知ですか?ゲームや漫画なんかでもこの名前のモンスターが登場することが多いので結構有名どころのギリシャ神話の怪物なのですが、このメデューサについて名前とか見た目以外はあんまり詳しい人も多くはないと思います。

そこで今回は本家ギリシャ神話におけるメデューサと言う怪物についてのお話をいくつかさせていただきます。メデューサの意外な一面是非お楽しみくださいませ。


スポンサーリンク


ギリシャ神話の怪物、メデューサについて

①メデューサと言う怪物の特徴

ギリシャ神話において実はメデューサと言う怪物はいくつか異なる姿で描写させている怪物ですが、一般的にメデューサとは「頭髪は無数の毒蛇で、イノシシの歯、青銅の手、黄金の翼を持っている怪物」と言う姿がスタンダードです。

またメデューサの頭髪が蛇と言う容姿以上に有名なのは、その姿を目にした者を石に変えると言う特殊な力ですがコレ実はゴルゴン3姉妹全員が持っている力でもあります。

ゴルゴン3姉妹とは長女「ステンノー(強い女と言う意味)」次女「エウリュアレー(広く彷徨うの意味)」そしてメデゥーサの三人で構成される姉妹でして、ゴルゴンとは日本語にすると「恐ろしいもの」でして「醜い女の怪物」の総称でもあるようですから、どうも実際の姉妹という訳ではなく、その神話の中に出てくる似た様な容姿と力を持った怪物3匹、と言うのが本来の姿のようです。

ちなみにメデューサの名の語源は「medousa」でして「支配・女」で王妃、女王であると言われています。

こんな特徴と能力があるモノですから現代の色々な作品の中でもモンスターとして有名どころなのも納得と言う物ですね。

しかしこのメデューサ、実は最初から怪物であった訳ではないという事もまたギリシャ神話の中で語られているのです。

②怪物になる前のメデューサ

ギリシャ神話の中でも有名なメデューサと言う怪物ですが、ゼウスの血を引く半神の英雄ペルセウスの話で討伐されるのとは別の神話では実は怪物になる前は人間だったと言われています。

ではどうして彼女は怪物になってしまったのかと言うとそれには二つの説があります。

1つはメデューサは元々人間の美少女であり、海神にして最高神の兄弟でもあるポセイドンの愛人であり、ポセイドンの奥さんであるアンピトリテがあまりにも怖いのでばれないように密会するためにアテナの神殿で交わっていたのですが、このことがバレてアテナの怒りを買い醜い怪物にされてしまい、彼女にした仕打ちがあまりにもひどいと抗議した姉二人も怪物にされてしまい、ゴルゴン3姉妹になったと言う話。

ペルセウスの神話の中の「ゴルゴン3姉妹」が存在する理由を補完するような神話であり、アテナとポセイドンの不仲の理由につなげられることもある神話がコレです。

もう一つの神話ではとても美しい髪を持った美少女メデューサはあまりの美しさからちやほやされすぎてドンドン傲慢になり、自分の髪はアテナの髪より美しいといつも自慢するようになり、その神を敬わぬ言動がアテナの怒りに触れてその美貌を醜悪にされ、自慢の髪は恐ろしい蛇に変えられてしまったと言う神話です。

こちらの場合には彼女の姉妹は登場してきませんし、アテナが真面目すぎて神を敬わない者を化け物に変えるという話の展開が「アラクネ」の神話と同じ流れですからアラクネの話と混ざって生まれた神話であるとか、同一視されることもありますが、実はこちらの方が本筋であったのではないかと言える当時の政治や宗教的な事情もあります。

とにかくどちらにしろアテナによって怪物にされたという所と自分の日ごろの行いの報いでそうされたという事までは一致しており、美人であっても許されないことってあると言うのはこの時代からあった事だと分かります。


スポンサーリンク


③メデューサとペルセウス

メデューサはギリシャ神話における怪物ですから、ちょっと可愛そうにも思える過去があっても神話と言う物語のためにも当然死にます。

そんなメデューサに引導を渡すのはゼウスの子供でもあり、ギリシャ神話の中でも有名どころの一人でありますペルセウス。

そんなペルセウスの神話の中のメデューサの出てくる部分は以下のようなものです。

ペルセウスはセリーポス島という所で母と生活していたのですが、その島の領主であるポリュデクテースがペルセウスの母に恋し、邪魔になるペルセウスを遠ざけるためにゴルゴンの一人メドゥーサの首を取ってくるようにと命じます。

ゴルゴンと言えば見たものを石に変えるという恐ろしい力の持ち主で流石の英雄ペルセウスでもこれは簡単な事ではなく、ペルセウスはアテナとヘルメスに力を貸してくださるように頼み込みます。

するとヘルメスからはメデューサの首を切るための鎌ハルパーを、アテナからはメデューサを直接見ることなく済むように特別な鏡のように磨き上げられた青銅の盾(神話によってはアテナの所有している最強の盾であるアイギス)を授かり、更には妖精達から翼のあるサンダルと、被ると姿の消えるハーデスの黒いかくれ帽子、メドゥーサの首を入れるのに必要となる魔法の袋キビシスを借してもらえました。

そしていよいよゴルゴンを倒すため、その居場所を知るゴルゴン達の妹であるグライアイ三姉妹の元に行き、その生まれた時から醜い老婆の姿をしている怪物たちからゴルゴンたちの居場所を聞きだすと、ゴルゴンの中でも唯一不死ではないメデューサの首を寝ている隙に鏡の盾で場所を確認し、鎌で切り落としました。

この時メドゥーサの首から滴り落ちた血は毒を持った生き物達をいくつも生み出し、海に落ちた血は赤い珊瑚に変わり、身体からは噴き出した血と共に、ペガサスと黄金の剣を持つ怪物クリューサオールも出現しました。

この二匹の怪物は生まれると同時に姉のステンノーとエウリュアレーを呼びに行ったので、ペルセウスはかくれ帽子で姿を見えなくして、翼のあるサンダルで逃げました。

こうしてメデューサはとくに何の抵抗もなく、そしてあっけなく死んでしまいます。

しかしメデューサはこの後の首だけになってからの方が実は活躍することになる運命なのです。

④魔よけ厄除けに最適?なメデューサの首

ギリシャ神話におけるメデューサと言う怪物はその恐ろしい容姿や瞳に映した者を石にする力を持った恐ろしい怪物ですが、誰も倒すことが出来ないと言われるほどの高い前評判の割には神様達の武器を借りたペルセウスにあっさりと寝ている間に殺されてしまいます。

しかしメデューサの活躍は実は彼女が首だけになってから始まるのです。

まずその恩恵にあずかるのは彼女の首を取ったペルセウス。

ペルセウスはメデューサの首を手に入れた帰り道に一人の美少女が生贄にされているのを見つけ、彼女のために海の怪物「ケートス」と戦う事になりますがこの怪物がとても固くてペルセウスの剣では全く歯が立たず、彼はメデューサの首を封じる袋キビシスから首を取り出しケートスを石に変えて美少女「アンドロメダ」を救い、その縁で結婚することになります。

そして彼は感謝の意を含め、力を貸してくれたアテナにメドゥーサの首を贈り、アテナは自分の盾であるアイギスにメドゥーサの首をつけ、アイギスは最強の盾になります。

このペルセウスにあやかって古代ギリシアやローマにおいては武具や防具にメドゥーサの首が描かれるようになります。

実際にポンペイ遺跡から発掘されたイッソスの戦いのモザイク画には、メドゥーサの胸当てを付けたアレクサンダー大王が描かれていますし、古代ギリシアでは子供の悪戯防止と魔除けの意味を込めていたようで竈にメドゥーサの絵を描いていた事が分かっています。

またこの時代では基本的に人物は横顔が描かれているものなのですが、メデューサについてはその魔除け厄除け効果があるようにと正面を向いた「首」がかかれていると言うのもメデューサだけの特徴です。

なんとまさかの首だけになってからの方が活躍してしまうわ、その活躍する首が自分を怪物に変えたアテナをより最強にしてしまうわと流石にここまで来るとちょっと可愛そうな女性な気もしてきます。

⑤メデューサとアテナの関係

ギリシャ神話において実はメデューサは何かとアテナと関連深い存在です。

その理由は実はメデューサはアテナを祭っていた都市国家連合ポリスによって制圧された人たちが信仰していた女神がメデューサであり、その土地の古代トルコ(アナトリア)の大地の女神であったからだと考えられているのです。

蛇は西洋では今でこそ不吉や邪悪の象徴のイメージが強いですが、東洋に残っているような考え方のように古代の西洋でも大地や水を表している事が多く、それを頭から生やしているメデューサを大地母神や水神としていたのではないかと言われております。

そしてそんな大地や水の女神様はアテナに逆らい怪物にされるので、それぞれの神様がそれぞれの国や民族の立場や力関係を現している事を暗示しています。

メデューサはアテナに反抗的であったため怪物にされ最後は討伐される、アテナはゼウスのお気に入りの娘で強い子。

メデューサはアテナに反抗的だったが討伐された後は、そのアテナやギリシャのためになる役割を果たした。

と言う形になることでその土地で起きた歴史の流れが大体把握できるかと思います。

また

「自然信仰で生まれた神様は神話と言う人類の文明の中で生まれた神様とは違う怪物である」

と言う宗教的な思想も一緒に神話によって多くの人に知らせることで作り上げたのではないかと考える事ができます。

これらはどこまで言ってもあくまで仮説なのですが神話においても裏話においてもメデューサってちょっと可愛そうな子です。


メデューサと言うギリシャ神話の怪物についてを色々ご紹介させていただきましたがいかがだったでしょうか?

名前こそ知ってはいても恐らくここまでマニアックな事を知っている人はあんまりいなかったと思いますし、どうしてこういう扱いなのかを知らない人も多いと思いますが実はこんな神話や背景がメデューサにはあるのです。

ギリシャ神話が長い間語り継がれてきた理由のひとつに面白いだけでなく、実は結構勉強になることも実はあるので是非興味をもたれた方はギリシャ神話是非一度呼んでみて下さい。

スポンサーリンク

あなたの好きな人は本当に運命の人? 97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『六芒星占術』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる方は、是非お試しを!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 夢占い 廃墟

    2017.10.18

  2. 夢占い ギャンブル
  3. 夢占い はしご
  4. エンジェルナンバー 222
  5. 寝ながら 瞑想

スポンサーリンク