花言葉

花言葉【シクラメン】誕生花やスピリチュアルな話と開運について

冬になると鮮やかなお花が少なくなる中、花壇やお花屋さんでよく見かけるようになる「シクラメン」は、鉢植えのプレゼントとしても非常に人気のあるお花です。

「シクラメン」の人気の秘密は、色が豊富であることや、またヨーロッパでは「恋の魔法」の花として、おまじないなどにも用いられていることにもあります。

花言葉、シクラメン

では、そのカラフルさや、上品さから人気の「シクラメン」の花言葉や、スピリチュアル的な意味などには、どのようなものがあるのでしょうか?

【シクラメン】の基本情報

科・属:サクラソウ科 シクラメン属

原産地:地中海、ヨーロッパ

品種:原種は20種ほどですが、園芸種は多数

開花時期:10月~5月

英語名:Cyclamen(シクラメン)、Sow Bread(ソウ・ブレッドーメス豚のパン)

和名:シクラメン、豚の饅頭、篝火花(かがりびばな)







花言葉【シクラメン】の意味

ややうつむいて咲く「シクラメン」ですが、それは花の中に雨水がたまることで、花粉が破裂してしまうのを防ぐためなのだそうです。

そんな「シクラメン」の全体の花言葉は、『内気』『はにかみ』『遠慮深い人』です。

これらはうつむき加減に咲く「シクラメン」の姿から付けられた花言葉。

ただ、日本では「シクラメン」という言葉が「死」と「苦」を含むことから、お見舞いなどのプレゼントには避けられています。

「シクラメン」には紫、青、ピンク、赤、白、黄、オレンジなどがありますが、独自の花言葉が存在しているのは下記の通りです。

赤色の「シクラメン」の花言葉

嫉妬

この『嫉妬』という花言葉は、どちらかというと怖い花言葉の類になってしまいそうですね。

真っ赤な色と花の形が、メラメラと燃える嫉妬の炎のように見えるからです。

したがって、新築祝いやお店の開店祝いにも、赤い「シクラメン」は火事を連想させることから贈ってはいけません。

また、赤色が「血」の色に感じることや、「シクラメン」が「死」「苦」という音を含むことから、お見舞いにもNGのお花です。

青色の「シクラメン」の花言葉

恥ずかしがり屋・遠慮

青色が与えるひっそりとした感じが、『はずかしがり屋』『遠慮』という花言葉を生みました。

華やかな色ではないももの、見ているだけで気持ちが落ち着くようですね。ちょっと癒されたいときにはお部屋に飾ってみるとよいでしょう。

ピンク色の「シクラメン」の花言葉

憧れ・内気・はにかみ

「シクラメン」の控えめさにピンク色がプラスされて、『内気』『はにかみ』という全体的な意味以外にも『憧れ』という花言葉が付いています。

内気なので、告白しづらくて、でもそっと影から憧れのまなざしで相手を見ている、そんな姿を想像させるからでしょう。

あなたが思いを伝えたいと思う人に、プレゼントしてみてはどうでしょうか?

白色の「シクラメン」の花言葉

純粋・誠実

結婚式にもよく用いられる白色の「シクラメン」は、見た目の純粋さ、清潔さなどから付けられた花言葉です。

白色の「シクラメン」は、ヨーロッパでは純粋に愛し合うカップルを表す花であるとされています。

【シクラメン】にまつわるスピリチュアルなお話

シクラメン 花言葉

「シクラメン」は、イスラエルに有名な伝説が残っています。

イスラエルのソロモン王が自分の王冠を作るときに、王冠のモチーフにするお花を探していました。

庭の花を集め、誰か自分の王冠のデザインになってくれるものはいないのかと尋ねますが、どの花もよい返事をしません。

がっかりとしていたソロモン王に、名乗りを上げたのが「シクラメン」でした。

感激したソロモン王は、「シクラメン」をほめちぎり、「シクラメン」は恥ずかしさでピンク色に染まりながら下を向いたのだそうです。

それ以来「シクラメン」は下向きに咲くようになったと言われています。

【シクラメン】が誕生花の日

「シクラメン」は、1月14日、12月7日、10日の誕生花です。

色別の誕生花は下記の通りです。

  • 赤色の「シクラメン」:11月26日、12月10日、12月22日
  • 白色の「シクラメン」:1月7日、12月5日、8日、10日
  • ピンク色の「シクラメン」:1月4日、2月4日

【シクラメン】を使って運気をアップする方

シクラメン 花言葉

「シクラメン」の葉はハートの形をしているのをご存じでしょうか?これだけでも恋愛運がアップしそうなお花ですね。

しかし、ヨーロッパでは、昔から「シクラメン」は惚れ薬とも考えられており、「シクラメン」の球根や根をお菓子にまぜて、それを相手が食べてくれれば恋が叶うと信じられていました。

また、白色の「シクラメン」を恋人に告白するときに隠し持っていき、相手がOKを出してくれて、その恋が成就すると持って行った白い「シクラメン」を相手に贈ったのでした。

このことから白色の「シクラメン」は、恋愛運をアップする「恋の魔法の花」とされています。

一方、白色の「シクラメン」を玄関に置いておくと、邪気を払ってくれるとともに恋愛運もアップしてくれます。

ピンク色の「シクラメン」を寝室に置いておくと、眠っている人を魔物から守り、カップルの絆を深めてくれます。

まとめ

「シクラメン」は鉢植えや花壇に植えるお花としては最もポピュラーなお花のひとつです。その花言葉は、見かけが控えめな感じであることから付けられたものも多いのですが、色によっては、プレゼントしてはいけないものもあるので注意しましょう。

花言葉まとめ
花言葉まとめ一覧 お花は貰っても、育てても、飾っても嬉しいですよね! 大好きな花を使って運気アップ出来たら更に楽しい毎日になります。誕生花を...
ABOUT ME
Written by 伊庭野れい子
Written by 伊庭野れい子
【スピリチュアル・カウンセラー、風水師】 ハワイで20年間、撮影コーディネーターやライターをしながら透視能力を開花させる。 現在は大阪にてライター&翻訳業及び、自身のスピリチュアル本等の出版とチャネリング中心のスピリチュアル&風水カウンセラーとしても活躍中。 https://tarotreiko.amebaownd.com/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)