花言葉

花言葉【ゼラニウム】誕生花やスピリチュアルな話と開運について

「ゼラニウム」は1年を通して楽しめ、可愛らしさとあでやかな色を持つことから、ガーデニングでも大変人気のあるお花です。

また「ゼラニウム」はカラフルな花のみならず、その葉もよい香りがする種類のものも多いことから、プレゼントにしても喜ばれるお花のひとつなのです。

花言葉、ゼラニウム

日本には江戸末期に輸入され、テンジクアオイという名で知られた「ゼラニウム」のスピリチュアル的な意味やエピソードなどには、どのようなものがあるのでしょうか?

【ゼラニウム】の基本情報

科・属:フウロソウ科ペラルゴニウム属(テンジクアオイ属)/フウロソウ属

原産地:南アフリカ、熱帯アフリカ、シリア、オーストラリア

品種:約300種

開花時期:3月〜11月

英語名:Geranium(ゼラニウム)、Pelargonium(ペラルゴニラム)

和名:ゼラニウム、テンジクアオイ







花言葉【ゼラニウム】の意味

「ゼラニウム」という名前はギリシャ語で鶴を意味する「ゼラノス」からきています。

その花の実が長くて、鶴のくちばしのようだったことから名付けられたようです。

「ゼラニウム」の全体の花言葉には、『愛情』『信頼』『詭計(きけい)』『憂鬱』『偽り』などが存在しています。

『愛情』『信頼』という花言葉は、「ゼラニウム」の花が醸し出す、相手を思いやるようなやさしさを感じられることから付けられました。

また、それとは逆に、ややネガティブな花言葉の『詭計(きけい)-人を騙して陥れること』『憂鬱』『偽り』は、「ゼラニウム」の少し青臭いような匂いから付けられた花言葉です。

「ゼラニウム」をプレゼントするときは、ぜひポジティブな花言葉を添えて渡すことを忘れないようにしましょう。

このほか「ゼラニウム」の花言葉には、色別に下記のようなものが存在しています。また、青色の「ゼラニウム」と考えられているものは、「ゲラニウム」と呼ばれる別種です。

白色の「ゼラニウム」の花言葉

私はあなたを信じない

白い「ゼラニウム」の花言葉も、実はやや青臭い葉の匂いからくるネガティブなイメージに基づいて付けられたものです。

白い「ゼラニウム」は贈り物にはしないように注意してください。

赤色の「ゼラニウム」の花言葉

君がいて幸せ

赤色の「ゼラニウム」の『君がいて幸せ』は、恋愛の象徴である赤色のその明るさが与えるイメージから、つけられた花言葉です。
恋人にこの花言葉を添えて贈るとよさそうですね。

紫色の「ゼラニウム」の花言葉

憂鬱

紫色の「ゼラニウム」の花言葉は、その色が与えるやや沈んだ感じから付けられた花言葉です。

ピンク色の「ゼラニウム」の花言葉

決心

ピンク色の「ゼラニウム」は、見た感じとは裏腹な『決意』という花言葉が付けられています。

これは見た目のかわいらしさとは反対に、強い心が裏にはあることを象徴していると考えられているからです。

プロポーズのときに自分の決意を込めて、このお花を贈ってみてはどうでしょうか?

黄色の「ゼラニウム」の花言葉

予期せぬ思い

黄色い「ゼラニウム」の花言葉は、黄色が与えるふんわりとしたイメージにより、気がつかない間に相手を好きになっていた…という感じなのです。

【ゼラニウム】にまつわるスピリチュアルなお話

花言葉、ゼラニウム

「ゼラニウム」は、イスラム教の創始者であるマホメットの徳を称え、アラーの神によりこの世に生まれた植物であると言われています。よって、それにまつわる下記のようなお話がイスラムの世界には残っているようです。

ある日、マホメットが洗濯したシャツを、ラベンダー・マロウというアオイ科の植物の上に干していました。

ところが、不思議なことにシャツが乾くころにはその植物は、「ゼラニウム」に姿を変え、枝にたくさんの赤い花をつけて元気よく咲いていたのだそうです。

【ゼラニウム】が誕生花の日

「ゼラニウム」は、4月3日、24日、5月26日、6月28日、7月27日、8月11日の誕生花です。

色別の誕生花は下記の通りです。

  • 赤色の誕生花:1月26日、4月24日、6月29日、8月11日
  • ピンク色の誕生花:4月13日、8月11日、28日

【ゼラニウム】を使って運気をアップする方

花言葉、ゼラニウム

ヨーロッパでは昔、「ゼラニウム」を庭に植えたり、切り花にして家の中に飾ることで、魔除けになると考えられていました。

また、ピンク色の「ゼラニウム」は、恋愛のおまじないにも用いられたりしていました。

「ゼラニウム」には品種により、「センテッドゼラニウム」と呼ばれ、良い香りを放つものがあります。

「センテッドゼラニウム」は、とくに葉に独特の香りがあり、虫よけにも用いられています。

さらに、「ゼラニウム」の中でも香りの高い種類がいくつかあり、「ローズゼラニウム」と呼ばれる種類は、バラのような香りが、そして「レモンゼラニウム」はレモンのような香りがして、いずれも精油にしたり、ジャムなどにも用いられます。

また「ローズゼラニウム」の香りは、美肌効果があるとともに心が傷ついたときの癒しの効果もあります。

このほか、お金についているネガティブなエネルギーも「ローズゼラニウム」の香りは取り去ってくれるので、お金に精油を少しだけスプレーしておけば、金運アップにも役立ちます。

寝室に「ローズゼラニウム」を飾って置くだけでも、寝ている間に金運アップのパワーを得ることもできそうです。

まとめ

いろいろな種類がある「ゼラニウム」には、香りのよい葉を持つものもあれば青臭いものもあり、その香りによって花言葉も色々違ってきます。贈り物にするときは、必ずポジティブな花言葉のお花を選んで、花言葉を添えて渡すようにしてください。

花言葉まとめ
花言葉まとめ一覧 お花は貰っても、育てても、飾っても嬉しいですよね! 大好きな花を使って運気アップ出来たら更に楽しい毎日になります。誕生花を...
ABOUT ME
Written by 伊庭野れい子
【スピリチュアル・カウンセラー、風水師】 ハワイで20年間、撮影コーディネーターやライターをしながら透視能力を開花させる。 現在は大阪にてライター&翻訳業及び、自身のスピリチュアル本等の出版とチャネリング中心のスピリチュアル&風水カウンセラーとしても活躍中。 https://tarotreiko.amebaownd.com/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)