花言葉

花言葉【サンビタリア】風水で運気アップ*誕生花とスピリチュアルな伝説について

花言葉,サンビタリア
「サンビタリア」は、ヒマワリを小さくかわいくしたようなお花を咲かせるキク科の植物で、和名は「ジャノメギク」として知られています。

「サンビタリア」は地を這うように広がって生えるので、そのかわいさからガーデニングでも人気があり、よく用いられています。

では明治時代に日本に渡来したという「サンビタリア」が持つ、スピリチュアル的な意味やエピソードなどには、どのようなものがあるのでしょうか?

Array

【サンビタリア】にまつわるスピリチュアルなお話

花言葉,サンビタリア

「サンビタリア」にまつわる西洋の伝説

「サンビタリア」にまつわる伝説や神話が西洋にはいくつか残されています。

「サンビタリア」の花は、神の使者と考えられており、人々に希望や喜び、繁栄のメッセージを届けると考えられていました。

それゆえに「サンビタリア」の花を持っていると、太陽神の祝福によって幸福がもたらされるとされていました。

また別の伝説では、「サンビタリア」は美と自然を愛する女神によって、自然と美への愛の象徴として作られたと言われています。

したがって庭で「サンビタリア」を育てると、女神のご加護が受けられるのだそうです。

「サンビタリア」のスピリチュアル的な意味

「サンビタリア」は、精神的あるいは肉体的な傷を癒す効果があると考えられ、また内なる平和を見つけたり、霊的な自己とのつながりを見つけるのにも役立つとされています。

そんな意味からも、古代には「サンビタリア」の花は、治癒の儀式などにも用いられていました。

「サンビタリア」の薬効

「サンビタリア」は、精神的な癒しのみならず、伝統医学でも消化器や呼吸器系疾患を癒す薬として用いられていました。

また「サンビタリア」の花には、抗酸化作用や抗炎症作用があるため、化粧品などにも利用されています。

【サンビタリア】が誕生花の日

【サンビタリア】が誕生花です。

  • 7月22日
  • 8月11日
  • 8月31日
  • 9月21日
  • 10月10日
  • 10月18日

【サンビタリア】を使って運気をアップする方

ここで説明する風水は、「誰でもできるかんたん風水!バグア・チャート風水」
伊庭野れい子著(太玄社)

著者ご本人に解説してもらいます。

「誰でもできるかんたん風水!バグア・チャート風水」伊庭野れい子著,太玄社

(本の解説)
ハワイ在住の風水師クリア・イングレバート氏(『ハワイアン風水』著者)に師事した著者が、バグア・チャートを使った風水を基本からよりわかりやすく、誰でも手軽に自宅で実践できるようにイラスト付きで解説した開運風水本。
花言葉,サンビタリア

風水で運気UP

「サンビタリア」は、情熱や意欲を湧き立たせる象徴の花として、風水でも利用されることがあります。

ポジティブなエネルギーを発するので、浄化したいエリアなどに植えたり、飾るとよいでしょう。

金運気UP

「サンビタリア」を西の方角に植えたり、飾ることで金運をアップさせる効果があります。

名声・評判運気UP

「サンビタリア」の花を南の方角に植えたり、飾ることで、名声・評判の運気をアップさせる効果があります。

花言葉【サンビタリア】の意味

「サンビタリア」は、メキシコやグァテマラなどの中南米が原産の一年草、または多年草の植物です。

その背丈は10センチから20センチほどで、地面を這うように広がって育ちます。

花期は7月から11月頃で、直径が2センチほどの小さな花を長く楽しむことができます。

「サンビタリア」という名前は、イタリア人の学者であるフェデリコ・サンビタリの名前にちなんだものです。

和名の「ジャノメギク」は、花の中心が焦げ茶色で目のように見えることから付けられました。

英語では、「サンビタリア」以外にも「クリーピング・ジニア(Creeping Zinia)」という名前でも呼ばれています。これは「這うように育つジニア」という意味になります。

「サンビタリア」は湿度に弱いので、できるだけドライな場所に植えるようにしましょう。

「サンビタリア」には黄色やオレンジ色の花がありますが、色別の花言葉はありません。

「サンビタリア」の花言葉①

  • 私を見つめて

この花言葉は、「サンビタリア」が夏から秋にかけて、一斉に広い範囲で咲き始めるため、「ここにいる私を見て!」と自己主張しているように感じられることから付けられています。

好きな人ができたら、この花言葉を添えて「サンビタリア」を贈ると、あなたの存在に気付いてくれそうですね。

「サンビタリア」の花言葉②

  • 愛の始まり

この花言葉は「サンビタリア」が長い期間花を咲かせている間に、花の中心部が緑色から焦げ茶色へと変化してゆく様子から、恋愛がだんだんと成熟していくようで付けられています。

交際を始めたばかりなら、この花言葉を添えて彼女にプレゼントしてみるとよいでしょう。

「サンビタリア」の花言葉③

  • 切なる喜び

この花言葉は「サンビタリア」が小さい花をたくさん、一生懸命咲かせて「なんとか見てもらいたい!」と頑張っている、その姿から付けられたものです。

「サンビタリア」の花言葉④

  • 変わらぬ熱愛

この花言葉は、「サンビタリア」が長い期間、次から次へと花を咲かせることから、変わらぬ気持ちを表しているようで付けられています。

大好きなあの人に、自分の変わらぬ気持ちを伝えたいときに、この花言葉を添えて贈りましょう。

「サンビタリア」の花言葉⑤

  • いつも愉快

この花言葉は、たくさん咲く「サンビタリア」の姿が、いかにも楽しそうに見えることから付けられたものです。

いつも一緒にいると楽しい、そんなお友達にこの花言葉を添えて贈ってあげてはいかがでしょうか?

花言葉【サンビタリア】の基本情報

“【サンビタリア】の基本情報”
科 属 キク科 ジャノメギク属
原産地 メキシコ・グァテマラ
品種 約7種類
開花時期 6月~11月
英語和名 ・Sanvitalia(サンビタリア)、Creeping Zinia(クリーピング・ジニア)
・サンビタリア、ジャノメギク(蛇の目菊)

まとめ

「サンビタリア」は、メキシコなどの中南米を原産とする植物で、小さな花が地を這うようにたくさん、そして長い期間咲きます。そんな姿から付けられた花言葉は、愛の始まりや、恋愛に関するものが中心となっています。

ABOUT ME
Written by 伊庭野れい子
【スピリチュアル・カウンセラー、風水師】 ハワイで20年間、撮影コーディネーターやライターをしながら透視能力を開花させる。 現在は大阪にてライター&翻訳業及び、自身のスピリチュアル本等の出版とチャネリング中心のスピリチュアル&風水カウンセラーとしても活躍中。 https://tarotreiko.amebaownd.com/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

LINE友達登録