花言葉

花言葉【桔梗】風水で運気アップ*誕生花とスピリチュアルな伝説

日本らしさをかもしだす上品な花、「桔梗」。「桔梗」は秋の七草のひとつでもあり、古くから日本では万葉集で歌われたり、武将たちの家紋にも使われたりしてきました。

現在花屋さんで見かける「桔梗」は園芸品種と呼ばれるもので、その原種は実は絶滅危惧種になってしまっています。

花言葉,桔梗

では、古代より日本で愛されてきたこの「桔梗」の花言葉や、スピリチュアル的な意味などには、どのようなものがあるのでしょうか?

【桔梗】の基本情報

科・属: キキョウ科 キキョウ属

原産地:日本、中国、東アジア

品種: 園芸品種は多数

開花時期:5月~10月

英語名:Balloon Flower (バルーン・フラワー)

和名:桔梗(別名:オカトトキ(岡止々岐))







花言葉【桔梗】の意味

五角形をして、星型にも見え、神秘的でもある「桔梗」の一般的な花言葉は、従順、変わらぬ愛、誠実、気品などです。

「桔梗」の花には紫(青)、白、ピンクなどの色があり、それぞれの花言葉は下記のとおりです。

紫(青)色の「桔梗」の花言葉

気品

原種の「桔梗」がこの紫(青)であり、この色は日本では昔から高貴で神秘的な色と考えられてきました。したがって、位の高い人々も愛する気品のある花ということで、つけられた花言葉なのです。気品を感じる方へのプレゼントにはおすすめのお花です。

青色に見える「桔梗」は、紫の花の色が退色して青になるため、花言葉は紫と同じになります。

白色の「桔梗」の花言葉

清楚・従順

白い「桔梗」は、古風で奥ゆかしい日本女性を想い浮かばせるようなイメージがあるため、清楚や従順という花言葉が用いられています。

ピンク色の「桔梗」の花言葉

薄幸

少し残念な花言葉ですが、おとなしいピンク色が醸し出す物悲しさ、弱さや寂しさから付けられた花言葉なのでしょう。可愛い色のお花ですが、プレゼントには適さない花言葉なので、気をつけましょう。

「桔梗」をプレゼントするなら、小さい鉢植え、もしくはブーケにするのが通常ですが、花瓶に生けるときは、花器が大きすぎると「桔梗」の存在が負けてしまうので、シンプルで小さめのものを用いましょう。大切な女性へのプレゼントにすると喜ばれることでしょう。

【桔梗】にまつわるスピリチュアルなお話

花言葉,桔梗

「桔梗」の花は、古くから神様や仏様によくお供えし、吉凶を占う花であったことから、「キキョウ」という名がついたという説もあります。

また、日本に伝わるお話の中に、「桔梗」にまつわる有名なお話があります。かの平家を率いた、平将門の妾であった女性が「桔梗御前」という名前でした。

この女性、実はスパイのようなことをしていたようで、敵の藤原秀郷に将門の弱点を教えてしまい、結果として将門は秀郷に殺されてしまいます。同時に口封じとして「桔梗御前」も殺害されてしまいました。

このため「桔梗御前」の祟りで「桔梗」を植えても咲かないという言い伝えが生まれ、『咲かずの「桔梗」伝説』と呼ばれています。

ほかにも、陰陽師である安倍晴明が魔除けの呪符として用いていた五芒星は、「桔梗」の花を図案化したもので、「桔梗紋」「晴明桔梗」とも呼ばれています。

このほか、明智光秀、加藤清正、坂本龍馬も家紋に「桔梗」を選んだほど、「桔梗」には気品とパワーがあると信じられてきました。

一方、西洋では「桔梗」が大好きだった女性が不慮の事故で亡くなった後も、恋人である男性のことを思い続けたことから、「桔梗」の花にはその女性の「念」が込められているので、怖い花であると考えている人もいるそうです。

【桔梗】が誕生花の日

「桔梗」は、8月2日、28日、9月1日の誕生花です。

また白色の花の誕生花は10月2日です

【桔梗】を使って運気をアップする方

花言葉,桔梗

「桔梗」は、その根に含まれるサポニンを利用して、古くから咳止め、去痰などに効果のある漢方薬としても利用されてきました。

また風水において「桔梗」は、非常に縁起のよいお花です。

仕事運をアップする効果があると同時に、特に紫(青)の「桔梗」は、部屋の南側に飾るとツキを呼び込む花と考えられています。

あるいは、高貴な色である紫色の「桔梗」がたんさく描かれた絵を、バグアチャート風水の金運のコーナーである、お部屋の入り口を入って左奥に飾ると、金運アップに役立ちます。

もちろん元気のよい「桔梗」の生花をたくさん金運のコーナーに飾れば、富と金運を引き寄せてくれます。

「桔梗」を飾るときのポイントは、必ず開いた花ばかりではなく、蕾もいくつか混ぜておくことです。

「桔梗」の花の蕾には、たくさんのエネルギーを蓄えていると考えられており、蕾を多く飾ることで、お部屋のエネルギーも活性化されるのです。

やや青色が濃い「桔梗」には浄化作用も多くあるので、部屋の気の流れの悪さを感じたら、玄関に「桔梗」の花束を飾りましょう。

また、白い「桔梗」は心の安定と浄化をもたらします。リビングの真中に飾るとお部屋の中を浄化し、明るくしてくれます。

まとめ

「桔梗」は、万葉集にも歌われ、日本で古くから愛されてきたお花です。その花言葉も古風で清楚な女性を連想させるようなものや、上品で高貴なものが選ばれています。また、風水的にもパワフルなエネルギーを持つお花なので、浄化や開運作用も期待できます。

▶︎花言葉まとめ一覧ページはこちら

ABOUT ME
Written by 伊庭野れい子
【スピリチュアル・カウンセラー、風水師】 ハワイで20年間、撮影コーディネーターやライターをしながら透視能力を開花させる。 現在は大阪にてライター&翻訳業及び、自身のスピリチュアル本等の出版とチャネリング中心のスピリチュアル&風水カウンセラーとしても活躍中。 https://tarotreiko.amebaownd.com/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)