花言葉

花言葉【椿】風水で運気アップ*誕生花とスピリチュアルな伝説

鮮やかな赤色と、濃いツヤツヤの葉を持つ「椿」は、日本を代表する花のひとつです。

冬の寒い中でもしっかりと花を咲かせる「椿」は、古くは万葉集でも読まれており、各地方に伝わる民話にも「椿」が登場するものが多く残っています。

花言葉,椿

では日本で古くから人々の間で愛されてきた「椿」の花言葉や、スピリチュアル的な意味などには、どのようなものがあるのでしょうか?

【椿】の基本情報

科・属: ツバキ科 ツバキ属
原産地:日本
品種: 園芸用を含む約2200種類
開花時期:10月~5月
英語名:Camellia
和名:椿

Array

花言葉【椿】の意味

「椿」の一般的な花言葉は

『控えめな美徳』
『誇り』
『最高の愛らしさ』

「椿」は、花の色により違った花言葉も存在しています。

赤色の「椿」の花言葉:

控えめな素晴らしさ・気取らない優美さ・謙虚な美徳

「椿」の原種である赤は、気取らない自然美を表した花言葉です。一方情熱の色でもある赤い「椿」は、海外では「炎のように燃える」という花言葉も存在し、バラの花と同じように恋愛の象徴とも考えられているのです。

白色の「椿」の花言葉:

完全なる美しさ・申し分のない魅力・最高の愛らしさ・理想の愛

18世紀にヨーロッパで、白い「椿」は社交界でもてはやされ、そこから申し分のない、理想的なという意味のある花言葉がつけられました。

ピンク色の「椿」の花言葉:

控えめな美・控えめな愛・慎み深さ

ピンクが醸し出すやさしさや、控えめなイメージを表した花言葉です。海外では淡い恋心を表した「恋しく思う」という花言葉が存在しています。

黄色の「椿」の花言葉:

円満

黄色い「椿」は、中国で発見された珍しい種類です。1980年代に日本に入ってきたときに「金茶花」と名付けられ、金色に輝くような幸せを感じさせてくれる花であることから、この花言葉がつけられました。

「椿」は日本を代表する花であり、神聖な花でもあるので、お正月などの生け花に使われることが多いです。

一方「椿」の花は、命が尽きるようにポトリと落ち、根は広く張ることから、長く居座るという解釈になり、お見舞いには適さない花なので気をつけましょう。

【椿】にまつわるスピリチュアルなお話

「椿」は、邪気を払う神聖な樹木であり、寺社仏閣の庭にもよく植えられており、有名な言い伝えも残っています。

「椿」の名所でもある京都の平岡八幡宮には「願い事をすると一夜にして白玉椿(白い花の「椿」)が咲き、願いが叶った」という伝説が残っています。

実はおぜんざいに入っている白玉は、この白玉椿から命名されたものだったのです。

また、日本においては「椿」の木が古くなると、ほかのものに化けるという伝説が各地に残っています。

新潟に残っている伝説では、荒れ寺に現れる化け物の正体が、「椿」の木で作った小槌であったり、島根では牛鬼の正体が古い「椿」の根であったという話もあります。

「椿」の花が落ちるとき、クビが落ちるように散るので不吉という話もありますが、実はこれは、江戸時代になると民間にも「椿」を楽しむ風習ができ、それを阻止しようと武士たちが流した噂にすぎないのです。

一方ヨーロッパでは、スペインの王様がうつ病で悩んでいたときに、ちょうど日本からヨーロッパに伝わったばかりの白い「椿」を贈られ、それを見た王様が庭中にこの白い「椿」を植えて眺めていたところ、うつ病が治ったそうです。

【椿】が誕生花の日

「椿」は、1月12日、2月14日、12月10日の誕生花です。

また色によっては下記の日が誕生花として用いられています。

  • 白色の「椿」の誕生花:1月1日、25日、11月11日、12月21日
  • 赤色の「椿」の誕生花:1月2日

【椿】を使って運気をアップする方

「椿」は、非常に利用価値の高い植物で、昔から花を染料にはよく利用されてきました。

また「椿」の幹で作った木灰は、日本酒造りには欠かせないものとして、今も日本の酒造りに用いられており、木灰としては「椿」が最高なのだそうです。

「椿」の種からは、椿油が取れ、高級食用油、整髪油として使われ、健康や美容にも役立つお花なのです。

このように実用的にも大変利用価値の多い「椿」ですが、日本では「椿」の花は、神聖で繁栄の象徴とされています。

真冬でも緑濃い葉を元気よくつけていることから、不屈の生命を表すので庭に植えておくと縁起が良く、長寿の木とも呼ばれています。

また「椿」のコサージュやチャームを身につけると女性らしさを引き出してくれ、恋愛運もアップにつながります。

バグアチャート風水の名誉・評判のエリアである、お部屋の入口を入った正面の位置に赤い「椿」を奇数本生けることで、仕事運や人間関係も円滑になる手伝いをしてくれます。

生のお花を生けるとポトリと落ちるのでイヤだと思うなら、造花を飾ってもかまいません。

まとめ

「椿」は、日本古来のお花であり、古くから日本全国で愛されてきたものなのです。その花言葉は日本らしい奥ゆかしさを感じさせるものが多いです。また非常に神聖であり、邪気を払うことから、家の境界線などにもよく植えられています。

▶︎花言葉まとめ一覧ページはこちら

ABOUT ME
Written by 伊庭野れい子
【スピリチュアル・カウンセラー、風水師】 ハワイで20年間、撮影コーディネーターやライターをしながら透視能力を開花させる。 現在は大阪にてライター&翻訳業及び、自身のスピリチュアル本等の出版とチャネリング中心のスピリチュアル&風水カウンセラーとしても活躍中。 https://tarotreiko.amebaownd.com/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)