早起き5つのメリット!成功者は朝時間を活用している!!

Café
Café / Gonmi

早起きすることが良いと昔から言われています。しかしなんで、と言う具体的な事は余り言われていないのも事実です。今回は成功者に見られる特徴などから具体的に早起きにどんなメリットがあるのかをしっかりと説明します。具体的な早起きのメリットと、知りたくありませんか?


スポンサーリンク


早起きで得られる具体的なメリット5つ

早起きすることでどんなメリットがあるのか?簡単に考えられるものは以下の5つです。今回は本当に具体的にあげてありますのでちょっと読んでみるだけでもあなたが早起きしたくなるかもしれません。もちろん健康や美容、そして金銭的なメリットを早起きで掴みましょう。

①早起きは三文の得!早起きのメリット

その当時は電気もなく、薄暗い状態にするだけの明かりが精一杯。そしてその明かりをつけているだけでも結構な出費になりました。具体的に言うと30分で約三文、つまり暗い時には寝てしまって光熱費を削り、明かりを付けないで活動できる時間に動こうという話なのです。

ちなみに江戸時代のソバが一杯15文だったので5日早起きすると大体ソバが一杯食べられる計算ですね。今の人にしたらそんなメリットじゃ寧ろ早起きしないよ。と思うかもしれませんが大きく減る出費が当時はあったのです。

今とは違って遅い時間に何かするとなると基本は消費活動です。つまり活動すればするほど財産は減ります。「宵越しの金は持たない」と言う江戸っ子の気質を聞いたことがあるかもしれませんが、実はこれ無茶な金の使い方をしてそうなるのではなく、その日に稼げたお金を夜活動すると全部失うという意味なんです。

江戸と言うのは当時最も栄えていた場所なので基本遅くまで人が多くいます。なので基本的にはお店もその多くいる人をターゲットにやっている訳ですがこの単価が高い。基本夜には働かないものなのでこの時間に営業が出来るお店は殿様商売です。文句をつけようにも殆どやっているところがないですし危険もあります。メリットとして金額が高いのは当たり前だったのですね。

想像してみてください、自給9百円が平均として、8時間働いて4千七百円、それが一晩ちょっとご飯食べたら一気に減るのです。お酒も一杯呑んで見ましょう、全財産が飛ぶのです。つまり実質早起きするという事は割高にお金を使うようなことをしないということでもあったのです。割高なことにお金を使わないことと言えます。

②人より多くの時間を楽しめる!早起きのメリット

人類に与えられた時間は平等と言います。しかし忙しいときや、やりたいことが沢山ある時こう思ったことはありませんか?一日がもっと長かったらいいのに。それを実現する方法が早起きです。

別に早寝をしたら活動時間が変わらなくなってしまうので早く寝る必要はないです。いつも通りの時間に寝て早く起きる。いつも平均8時間寝ていたとすれば6時間に変えたら2時間あなたはいつもより長く活動できるメリットがあります。最初は厳しいかもしれません、慣れというのは恐ろしいものでそんな睡眠時間じゃ足りない、と若い頃から思っていると脳はその睡眠時間を求めてしまうのです。

逆にいつも4時間しか寝ないで活動している人はそれが普通、短い時間で良質な睡眠が取れるようにと変化していきます。更に短い睡眠時間に慣れておくとどうしても起きられなかった時があったらそれ自体が体に異常があるサインになります。疲労の蓄積や病気と言うものがあると肉体はそれを回復させる為、脳が求める以上の睡眠を求めるのです。

短い睡眠時間で平気に活動してしまえる方が成功者に多いです。なぜならそういう人は無駄な時間を使うことのないような心がけができるような人でもあり、ちゃんと必要ならば寝ることもするからです。無駄な時間を使わないことと言えます。


スポンサーリンク


③人間の構造から見た早起きのメリット

植物ならば水と日光に当たって生きていられるので話は早いのですが人間の体も実は日光を必要としているところがあるのです。それは脳、主にセロトニンとメラトニンの変化の関係です。

セロトニンの不足はうつ病が起こる報告が挙げられ、メラトニン不足は睡眠障害を起こす原因になります。睡眠も神経系も直結して健康に関ってきますのでこれは早起きのメリットと言えるでしょう。

何故日光を浴びるとそういうものが脳で出るのか?それは生き物の本能に基づいたスイッチに日光がなっているからです。人間は夜行性の生き物としての体が作られていませんので脳も同じことが言えます。

日光を浴びるという事でまずセロトニンの分泌が始まり、脳の覚醒や自律神経を初めとする神経伝達系の活性化、つまり体が思った通り動きやすくなると言うメリットを体にもたらします。
そして反対にメラトニンは分泌が止まり体内の量も一気に減少します。これが実はタイマーにもなっていてセロトニンは一回分泌が始まると平均で15時間後にメラトニンに変化していくと言う機能もあります。

雨が多い気候は憂鬱になりやすいというのは実はこんな関係があるんです。しかし基本的に日光に当たれるのは朝の時間。寝れないから夜更かしして夕方に起きてまた寝なくてと言う行動を続ける人はこの日光を浴びると言う行為がないので中々抜け出せなくなります。早起きのメリットその3は睡眠の質の向上と自律神経系を正常にすることと言えます。

④栄養学的から見た早起きのメリット

女性が大好きビタミンのお話です。ビタミンとは実は体で作れないのですがビタミンDはなんと日光を浴びることで皮膚で作れます。サプリメントが出回って一生懸命摂取している人もいるようですが実はやろうと思えばある程度は自前で済ませれるのです。

ビタミンDは免疫を高めたりカルシウムの吸収率を上げたりしてくれる他、体の代謝を助けてくれたりガンの予防にも効果があると発表されています。代謝を助けてくれると言うと難しいですが、ダイエットにメリットがあると言うと早起きのメリットが分かりやすいでしょうか?

日光を浴びるのは、昼でもいいじゃないかと思った人もいると思いますがポイントは朝の日光と言うところにあります。

昼の日光が体が焼けるとか暑いとか紫外線が、と言う理由もない事もないですが、ここで挙げる理由は体のサイクルにあります。眠くなるタイマー、メラトニンは日光を浴びて15時間後から機能しますし、神経伝達系が活性化しているほうがビタミンDの生成もよくされるというからだの仕組みがあります。なのでやはり早起きして日光を浴びたほうがメリットが大きいのですね。
早起きのメリットその4はビタミンDを作って美容と健康、それとダイエットに効果があることと言えます。

⑤早い者勝ちの原理に学ぶ早起きのメリット

成功者に共通の事で一番有名なものとして最初に始めた人というものがあります。これは早起きに関しても言えます。なぜなら早く起きるという事はそれだけ人より早く何かをできるという事だからです。

1時間でも5分でも早く人より何かをやろうとする心がけをつけるというメリットもあります。しかしそれ以上に大事な事は一番人の活動が減る時間帯である早朝に活動できるという事が上げられます。

同じ日本人が相手であるならば早朝から動けることで殆どのビジネスで先手を取れるメリットがあります。もちろん投資の世界やネットビジネスの世界に限ったことではありません。出勤前に準備の時間がかけられるとこはもちろん、もしかしたら趣味の時間を作ることすら出来るかもしれません。

また時間に余裕があるという事は心にも余裕ができることでもあり、それだけでも落ち着いた状況判断と論理的な思考をすることが出来るメリットがあります。成功者に欠かせないそれらに加え、余裕を持った行動を心がけることによって周囲からの信頼も上がります。常にぎりぎりで慌てている人や遅刻ばかりする人どちらが信用されるかなど聞くまでもないでしょう。
早起きのメリットその5は人より早く行動できる事で時間と心に余裕を作るれることと言えます。


タイトルに成功者は朝時間を有効活用しているとあるように早起きすることが大変なのは皆一緒ですが、成功者は殆どの人が大変な事をやれる人、やり遂げた人です。早起きするメリットを知りながらも大変だからとやらないのももちろん自由ですが早起きのメリットを利用できる人にはそれでは勝てないかもしれません。

成功の秘訣をまとめたこちらの記事もぜひご覧ください。

▶︎ 【成功の秘訣】まとめ|自分らしい人生はシンプルだった!

スポンサーリンク

あなたの好きな人は本当に運命の人? 97%の人が当たっていると実感!その中でも恋愛運が女性から大人気!片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『六芒星占術』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる方は、是非お試しを!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 夢占い ギャンブル
  2. 夢占い はしご
  3. エンジェルナンバー 222
  4. 寝ながら 瞑想
  5. パワーストーン【水色編】カラー別の意味や種類・選び方について

スポンサーリンク