ライフ

ヘンリー フォード名言|自動車王が成功した経営の秘訣

Henry Ford and Thomas Edison in Punta Rassa, Florida
Henry Ford and Thomas Edison in Punta Rassa, Florida / State Library and Archives of Florida

アメリカの自動車会社フォード・モーターの創設者ヘンリー・フォード。

アメリカの自動車王として有名な彼ですが、実はなんと高校を中退した後、最初の就職先は週給2ドル50セント(日本円で2000円)というわずかな給料で働き始めたと言う苦労人。一体どうやって彼がそんな状態から成功者となったのかと言う秘密は技術者一辺倒の人物には珍しい優れた人心掌握術にあったと言えます。

そこで今回はそんなヘンリーフォードの成功の秘密、人身掌握術を身につけるに至った考え方の窺える彼の残した名言を5つ御紹介させていただきます。ヘンリーフォードの成功の秘密に興味はございませんか?







一人で何でもやろうとしないことの重要性

「自分よりうまく出来る人がいるのなら、その人に頼めばいい。全部自分一人でやろうなんて思わないことです。」

この名言はヘンリーフォードの優れた人身掌握術の根幹を成す考え方を表した名言であり、一人で何でもやろうとしない事の重要性を教えてくれる名言です。

殆どの人は程度の差はあれどワガママなもので、自分の思い通りに行かないときはイライラしますし、自分がやる気に満ちているときや自分がどうしても達成したい目標があるとき、あるいは失敗したときに自分が責任を問われるときなどは1から10まで自分で全部やりたくなる人が多いでしょう。

しかし冷静になって考えてみれば自分がどれほど自分でやりたい気持ちがあろうと成功する確率と言うのは変わらないものであり、確実に成功させたいのならば自分よりも出来る人に任せてしまうほうが余程成功する確率を上げると言うのが現実です。

特に組織の運営においては様々な分野の様々な能力が必要とされるのですからどんなにマルチな才能を持った人が一人で何でもやるよりも、複数人のスペシャリストを誰かが纏め上げた方が良いというのは実に当たり前の事なのですが、人はついつい自分で全部やりたくなるところがあり、この傾向が強すぎたりしてしまうことが所謂「人が使えない人」と言うのになってしまい、この欲求が押さえ込める人と言うのが人心掌握術に長けた人になれるのです。

その為このヘンリーフォードの名言は人の心を掴める人になるには人の事を信頼し、仕事を任せることが出来る事が重要性であると教えてくれる名言であると言えるのです。

不可能を否定する重要性

「それが可能か不可能かなど、誰も証明できないのです。」

この名言は一言で言うと人にやる気を出させるコツを教えてくれる名言であり、不可能という事を否定したヘンリーフォードの名言です。

組織において大きな問題となることの一つがどうやって人にやる気を出させるかという事であり、やる気のなさが失敗や効率を落すことにどれほどつながるのかを経験したことが誰もが一度もあるでしょう。

そんな問題になるやる気に最も影響を与える気持ちこそが「あきらめ」というもの。

最初から出来ない、やる意味がないと思う事をやらせることほどやる気を奪ってしまうことはなく、如何に組織の人にそう思わせないかと言うのは人の上に立つ人として最も気にしておかなくてはいけないことの一つと言えます。

ヘンリーフォードは高校中退と言う学歴に加え低賃金での労働や、何度も転職を繰り返しつつも自宅での研究開発に成功したと言う過去を持ち、正に不可能な事を可能にしてきた人物であり、この名言はとても短いものですが不可能と言う事柄そのものを否定する説得力があると言えます。

その為このヘンリーフォードの名言は自分の過去に裏打ちされた、人にあきらめと言う感情を持たせないようにする名言であり、不可能を否定することが人のやる気を出させ心を掴むという事を教えてくれる名言であると言えるのです。

自分でやって見せることの重要性

「自分で薪を割れ、二重に温まる。」

この名言は簡単に言えば人の心を掴むためには自分もやっていると言う姿を見せることが大事であると言う名言です。

今の若い方は経験したこともない人が多いでしょうが薪を割るという事は中々難しく更に重労働であり、それをしている間に体が温まってくるものです。

そして薪を割る主な理由は当然火をつけることですから更に温かくなるという訳で、こうして二重に温まるという事が言えるという訳です。

このように組織のトップの人が結果を出して見せるという事は殆どの場合ただ結果を出すと言うだけでなく、口ばかりではない事を見せることが出来て組織にプラスの影響を与えることも出来る事が多いのです。

逆に自分が行動できない人物であれば口先ばかりで仕事の出来ない上司や先輩、いつも偉そうにしているのにいざ自分でやるとなると逃げ出す相手と思われる恐れがあり、人の心なんてつかめるはずもないのです。

その為このヘンリーフォードの名言は自分でやるという事が相手の心象にプラスの効果を与えるという効果もあるので時には自分でやって見せることが重要であると言う事を教えてくれる名言であると言えるのです。

相手を理解し力を貸してもらう事の大事さ

「不勉強にして、その質問の答えは分からないが、その分野で最高の人物となら、5分で連絡が取れる」

この名言は端的に言えば人の心を掴むコツは理解することなのだと教えてくれる名言。

ヘンリーフォードは自分でやることの大切さも説いた人物ですし、人にやらせることを決断することの大切さも説いた人物ですが、そのどちらも両立させるために必要なのは誰が何をどれほどできて、その人物に自分が協力してもらえるようにしておくことだとこの名言で教えてくれます。

人の心を掴むと言うのは恋愛ととても似ており、自分が魅力的な人間である事も大事な事ですが、それと同じぐらい相手の事を知ることが大事。

好きな人に振り向いてもらうためには相手が何が好きなのか?相手が何に興味を持っていて、どんな事をしているのか?好きな人に対してであればこれぐらいは殆どの人が知りたいと思っているでしょうし、入れ込むタイプの人の中には相手の交友関係やら、相手の予定まで知ろうとする人だっているでしょう。

逆に言うなら本気で人の心を掴むつもりなら恋愛対象へするぐらいの相手を理解したいという思いが必要なのです。
そうした相手の事を理解して協力してもらえることに時間をかけることこそがリーダーとしてはとても大事。

実際にヘンリーフォードはこの名言で嫌味のように高校中退者には答えられないような質問をしてきた有名大学出のエリート金融マンを黙らせたとの事です。

そうした事から自分自身が力を貸してもらえるように相手を理解することの大切さをこの名言は教えてくれると言えるのです。

大事な事は金ではないと教えてくれる名言

「お金にしか生み出さないビジネスほど、つまらないビジネスはありません。」

このヘンリーフォードの名言はとても単純ですがとても大事な人の心を掴むコツ「大事な事は金ではない」という事を教えてくれる名言。

別にこの名言はキレイ事を語っていると言うわけではなく、「お金しか」という所がポイントであり、ヘンリーフォード自身がお金しか手に入れるものがないと思うようなことには魅力を感じなかった人間であった事にも関係してくる話しです。

事実ヘンリーフォードは40歳になるまで、1ドルたりとも貯金したことがなく、貯蓄の代わりに自分自身と、自分のビジネスに投資し続けた経歴を持ち、本当に人の心を動かすことができるものは金ではないと思っていたのでしょう。

ちょっと考えてみればお金を何でみんなが欲しがっているのかと言えば生きていくためや、やりたいことをするためだったりするわけで、お金そのものに価値があると思って欲しがる人は極々少数なはずであり、本気で相手の心を掴むなら「お金だけ」では不足である事が殆どです。

単純に考えてどれほど給料が良かろうと一日の半分以上が仕事にとられ、週に1日休みがあるかどうかの仕事をしたいと思うでしょうか?最低でも筆者は思えません。

その為このヘンリーフォードの名言は人の心を掴むためにはお金しか魅力がないものでは不足であるという事を教えてくれます。

藁のハンドル ヘンリー・フォード

まとめ

ヘンリーフォードの人心掌握術の一端を教えてくれる名言5ついかがだったでしょうか?

人の心をつかむと言うのは決して簡単な事ではありませんが、それが出来ればどんな時代でも強い武器となりますし、成功者へとグっと近づくことになることが多いです。

自分も人の心が掴めるようになりたい方はまずは今回ご紹介した名言から分かる5つのポイント是非試してみて下さい。

偉人 名言
【世界名言集】偉人から人生を学ぶ最高のヒントまとめ一覧 世界の偉人達の名言は、人生に悩んだ時に前に進めるヒントが沢山詰まっています。今回ご紹介するのは大きな功績を残した方たちの名言をまとめ...

飲むだけ簡単!! 『脂肪便がスッキリ』1ヶ月で-10kg⁉飲む腸活スゴすぎ..[PR]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)