金運

人のためにお金を使うとなぜ幸福感がアップするのか

人のためにお金を使う

「人のためにお金を使うと幸せになれる」と言う話を聞いたことはありませんか?

これだけ聞くとなんだかとても胡散くさい話にも聞こえますが、色々な宗教や、哲学などでも語られるように、人のために何かする事で自分が幸せになれると言うのは実際に本当のことであり、人のためにお金を使うことで幸せになれると言うのも間違った話しではありません。

それを理解していただきたいと思い、今回は人のためにお金を使うとなぜ幸福感がアップするのかについてをご紹介させていただきます。

どうして人のためにお金を使うと幸福感を感じれるのか、考えたことありますか?

人の幸せは自分の幸せ

人のためにお金を使うと聞いた時、殆どの人は募金だったり寄付したりを連想すると言いますが、実際使うとなって来たならば、使う相手は家族や友人などの自分が良く知る親しい相手になるでしょう。

これが「どうして人のためにお金を使うと幸福感を感じることがあるのか?」の理由でして、自分が「相手に幸せになってもらった」と思えた時に人は幸せになれるからなのです。

あんまり良くない言葉だと思われるかもしれませんが、ようは自己満足することで幸せな気分になれるという事ですね。

しかしこの「誰かのために何か自分はする事が出来る」と言うことを感じることは、群を作る動物である人間の本能上とても大事な事であり、こうした感情を全く味わえないでいると無力感から欝傾向になったり、強いストレスから体を壊したりもするのです。

そう考えると人に喜んでもらえると言うのは自分の存在を肯定してもらえるという事であり、人のためにお金を使うことは人間の誰もが持つ「承認欲求」を満たしてくれる役割を果たしてくれると言えます。

その為キチンと明確に誰かに喜んでもらえたと言う事実が得られるのは自分のためになることであり、その手段の一つが人のためにお金を使うことであり、それが幸せになることに繋がると言えます。

お金よりも手に入りにくいモノが得られる

世の中にはお金では買えないものがあると良く言われますが、人のためにお金を使うことでお金よりもずっと手に入りにくいモノを手に入れることが出来るため、人のためにお金を使うことは幸福感に繋がると言えます。

例えば交友関係。

勿論別に奢れとか、貢げと言う話ではありませんが、一緒に食事したり遊びにいったり、共通の趣味を持ったりするのにも現代社会は全てお金を必要とします。

そうしたことにも余りにもお金を使わないようにしていると、人と共通の話題を持てない事や共に過ごす時間がない事になり、交友関係を築くことが出来ない状態になるので、集団の中で孤立しがちになるでしょう。

他にも例えば信頼。

別に人の信頼をお金で買えという訳ではありませんが、友人や知人だからと本来ならばお金を払って業者に頼むようなことをタダでやらせようとしたら、信頼を失うこともあるでしょうし、ちょっとした贈り物や感謝の気持ちに奢ったりすることで相手は「ちゃんとお礼や謝罪をしてくれる人だ」と思ってくれる事で信頼が得られることはあります。

そう考えると「お金で買えないものではあるけどもお金を使わないと手に入らないもの」と言うものは存在しており、お金を人のために使うことでそれらを手に入れることができることから、人のためにお金を使うことは幸せになれることであると言えます。

人に使ったお金はその時点で元よりも高い価値を持つ

「情けは人の為ならず」と言う言葉を聴いたことはありますか?

この言葉は「人のために何かをしてあげるのはただ相手のためと言うだけでなく、いずれは巡って自分に返ってくるのだから、誰にでも親切にしておいた方が良い」と言う言葉なのですが、お金を人のために使うのもこれと同じ事が言えます。

突然ですが、相手からプレゼントを貰えば何か御礼をしないといけない気になりますよね?

高い物を貰ったならばこちらもやはりそれなりのものを相手に返したくなるものですし、相手に何もいらないと言われても殆どの人は負い目と言うか引け目を感じる事になるでしょう。

お金と言うのは苦労の対価に手にする人が多いため、相手にそうした感情を強く抱かせるのです。

このように人のためにお金を使うという事は相手の感情を縛ることが出来るものであり、何かしらの形でお金を使った人に対して使われた人が、何かを返そうとする感情を向けることで元が取れると考える事も出来ます。

別にこれは特別な事ではなく、大きな恩を売るとか貸しを作れと言うのではなく、ちょっとしたつながりを保つ程度でかまいません。

例えば日本人が大好きな季節の挨拶、お歳暮だとかお中元が正にこれ。

人と人とのつながりと言うのは義理だとかでもあると無いとは大違いであり、困った時に他人ではないと思ってもらえるかどうかが人生において大きな違いを生むこともあります。

保険と同じでこれで救われたことが無い人には分かりにくいかもしれませんが、そうした万が一他人ではないと思ってもらえることが救いになることが世の中にはあり、そうした時のため人のためにお金を使うことの意味があると言えます。

人のために使える気持ちが幸福感を呼ぶ

突然ですがあなたは自分が極限状態の時でも人に優しくできますか?

古来より「衣食足りて礼節を知る」と言う言葉があるように、殆どの人はいざ明日食べるものにも困り、家も無いと言った極限状態になった時、人に対して優しさを持つことなんて出来ません。

その為人のためにお金を使うことができる時、大なり小なり自分の心に余裕がある時なのです。

最大のポイントは「心に余裕がある時」という事であり、「経済的な余裕」と人のためにお金が使えるかは関係なく、実際にお金持ちだから貧乏だからという事は問題ではないという所。

例え何億円の資産があろうとも、それで満足することなくよりお金を稼ぐことに意識が行っている人であれば人のためにお金を使う気にはなれませんし、例え傍から見たら不安になるようなギリギリの生活をしている人でも今の暮らしに満足していると言うのであれば、人のためにお金を使うことが出来ます。

そんな今例えに出した何億もの資産を持っている人と、ギリギリの生活をしている人のどちらがより幸福感を感じているかと考えてみると後者の人だとは思いませんか?

人が幸せになるために本当に必要な事とは「自分が幸せであると思える」という事で、人のためにお金を使う気持ちになれているという事は、その幸せであるという事を実感させてくれることで幸福感を感じさせてくれる面もまた持っているのです。

行動なくば結果は起きない

人のためにお金を使うことが幸福感を与えてくれると言う話しには、その行為が可能性を作る行為であるからと言う面もまた存在します。

今の世の中ある人はインターネットビジネスである日突然お金持ちになったりする人もいれば、それこそ投資で全ての資産を溶かしてしまう人もいます。

しかしそれらはやってみないことには結果が出ないという事もまた言えるのです。

今の30代の方が65歳で定年退職したときに年金で貰えるお金を満額貰ったとして、一体いくらの貯金があると平均年齢85歳まで生きられると言われているかご存知ですか?

その金額はなんと2500万円。

現状実際に定年したときには日本人の半分がこの金額に届かない金額ですが、そうなることが分かっているのに何も行動せずに定年を迎えたいと思うでしょうか?

今のお話から可能性を作るという事がどれほど大事な事なのかが分かってもらえたと思いますが、人にとって可能性を生むという事は希望を持てる要素を作ることであり、抵抗している間だけは絶望しない状況を作る事も出来る事なのです。

人のためにお金を使うと言うのも同じように、その人と自分との可能性を作り出すことであり、「もしかしたら」とか「奇跡的な」を生む可能性をつなぐことで人に無意識の幸福感をもたらしてくれる要因となると言えるのです。

まとめ

人のためにお金を使うとなぜ幸福感がアップするのかについてご説明させていただきましたがいかがだったでしょうか?

やはりそれでもどうにも胡散くさいと思う人もいるでしょう。

しかしこれ以上は納得できない人に無理にしてもらっても余り実感してもらえませんから、無理に進めたりは致しません。

それでもそうした人もいつか、人のためにお金を使うことがあった時、幸福感を感じることでこの記事の事を思い出していただけたなら幸いです。

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだタロットカードや生年月日をもとに導き出される 『恋愛タロット占い』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら期間限定で診断カルテを無料でプレゼント!

この機会にあなたの運命がどうなるのか知りたい方は是非やってみて下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

error: Content is protected !!