一人っ子の恋愛傾向を徹底分析!5つの特徴とは

一人っ子の恋愛傾向を徹底分析!5つの特徴とは

恋愛傾向と言うのは育った環境に大きく影響を受けるものであり、家族構成により恋愛傾向にも影響があると言います。

そこで今回は自分や好きな人の恋愛傾向を知るための参考にしてもらえるような、一人っ子であるとどんな恋愛傾向になりやすいのか?と言うものをご紹介させていただきます。

一人っ子が持ちやすい恋愛傾向に興味ございませんか?


スポンサーリンク


一人っ子がなりやすい恋愛傾向の特徴

こちらの記事もご覧ください。
▶︎ 恋愛が上手くいく方法まとめ|幸せな恋愛・結婚のヒント

①精神年齢が高い人が好き

一人っ子に多い性格のひとつに「自己主張が強くなりやすい」と言うものがあり、そうした自己主張の強いところを受け入れてくれるような相手を特に好きになりやすいため、「精神年齢が高い相手を好きになりやすい」と言う恋愛傾向があると言えます。

言い換えるならば頼りに出来る相手を好きになりやすいと言ったところなのですが、ちょっと難しいのは「自分が主導している」と言う状態が好きな人が多く、主導権を握られるのを嫌う気質も同時に持っており、引っ張っていくタイプの異性はあまり好きにはなれない人も多いところ。

このさじ加減が微妙なのですが、この「普段は自分の好きにさせてくれるが、困った時には必ず何とかしてくれる相手」に一人っ子の人はかなり強く惹かれるところがあるので、もし好きな相手が一人っ子ならば「大人になること」が高い効果を発揮します。

ちなみにコレ言ってしまうと俗に言う「理想的な母親のような人」が男女ともに好みのタイプになりやすいと言ったところです。

②かまってくれる人が好き

一人っ子の人の恋愛傾向としてこの特徴もかなり強く出やすいと言います。

それと言うのも一人っ子の人は親の方も常に対応慣れしていない状態で、子供の成長に付き合って過ごすことになるからであり、かまえる時には若干子供にかまい過ぎになりやすいからです。

何事においても心配なことは不安があったり、分からないことほど何度も確認してしまいたくなりますよね?アレを子育てでもついついしてしまうと言うわけです。

また子供の方も親と一緒にいられるときは競合相手がおらず、親の関心を独占しやすいために自らかまって欲しいとアピールしないといけないと言う意識が薄くなりやすく、そのこともあり、何も言わなくてもかまってくれるのが普通の状態となりやすいのです。

その為基本的に一人っ子の人は「一人が好き」とか「人付き合いが苦手」などと言う人であっても自分にかまってくれる人が「普通」と思いやすく、かまってくれない人を「普通以下」とみなしやすいため、消去法で無意識のうちに好きになりやすいところがあります。

もちろん限度はありますが、好きな人が一人っ子ならば受けや待ちの姿勢よりも攻めの気持ちで行くのが無難です。


スポンサーリンク


③精神的にタフな人が好き

現代の一人っ子には俗に言う「ツンデレ」な人が多くなりやすいところがあります。

これは現代社会においては幼稚園に入るまでは子供が近い年齢の相手と接しにくいことにより、発達心理学用語で言うところの「自己中心性の時期」が比較的長くなり易いからであり、プライドが高くなりやすく、物事の変化を肯定的に受け取りがたい性格特性を作りやすいからです。

そしてこうした自己中心性の時期が長かった人物と言うのは、自分でも良くないと思いつつも、強気過ぎるぐらいの態度を物事にとりやすくなってしまうところがあり、時には人に対して攻撃的な態度や高圧的な態度に出るような時もあり、人から「めんどくさい」とか「嫌なやつだ」と思われるような所もあります。

なのでそうしたところも許容して挙げられるようなタイプの人か、そうしたところに付き合い続けていけるだけの精神的にタフな相手を好きになりやすいところがあります。

丁度それは漫画やアニメのツンデレキャラがライバル大好きなのと同じようなものですので、お互いの関係もそれをイメージしていただけると分かると思います。

最も実際に現実にいるツンデレな人と付き合うと言うのは非常に精神的なタフさを要求されるものですから、付き合った後も苦難があると言えるのですが。

④一途でないと許せない

一人っ子の人の恋愛傾向として強い独占欲が見られることが多いため、一人っ子の人はパートナーに一途さを強く求めところがあると言えます。

この一途さのレベルは浮気や二股をしないと言うのはもちろん当たり前ですが、出来れば異性の友人との接触さえも控えられるぐらいのレベルが必要です。

コレは成長過程の中で家族の中に自分と近い立場の競合相手がいないことから、自分が独占して当たり前と言う価値観を自然と無意識層に作り易いことが影響しており、その独占欲を満たせない相手に敵意を持つとまでは行かなくとも、好意を持ちにくいからです。

より具体的に言うと、例えば自分が誘った時先約があると断られたとして、それを頭で理解できても、納得しかねるような気持ちが非常に強く残ったり、自分の誕生日を相手が覚えていないことや、自分以外の異性を褒められると不快感を先に感じたりします。

こうしたことはある程度ならば誰にでもある感情でしょうが、一人っ子の人は特にそれが顕著であることが多く、もし好きな人が一人っ子ならば一途さを相手が感じやすいような行動でのアプローチが効果的です。

⑤重い愛情が好き、または耐えられる人が好き

一人っ子の人の恋愛傾向の一つに「愛情がやや重い」という所があり、これに答えてくれるような相手を当然好きになりやすいところがあります。

この愛情が重めになると言う理由は、一人っ子の人が独占的に愛情を受け育ちやすいことと、自己中心性の時期が長くても問題なく成長できることの裏の面であり、その愛情が普通の愛情であると認識しているために、自分が人に与える愛情も深くなりやすいという訳です。

更に言うなら一人っ子の人はこれまで一人っ子の人にありがちな特徴である「自己主張が強くめ」「かまってくれるのが普通」「プライドが高くなりやすい」「強い独占欲」と言う心理特性が普通のことであり、相手も持っていると無意識で認識しており、それに答えてくれるレベルで「普通」と判断するのです。

その為そうした重めの愛情を好む、または最低でもそれに耐えられるぐらいの人でないとうまくやっていくのが難しいところがありますので、長く付き合っていきたいのならば一考の価値があります。


一人っ子の恋愛傾向を5つ後紹介させていただきましたがいかがだったでしょうか?

今回書かせていただきたことはあくまでも傾向ですし、家族構成が恋愛傾向の全てを作るわけでもないですが、確かにこうした傾向があると言われていますから、自分を見直すためや、好意を持っている方とお近づきになるために是非とも参考にしてみてください。

こちらの記事もご覧ください。
▶︎ 恋愛が上手くいく方法まとめ|幸せな恋愛・結婚のヒント

スポンサーリンク

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!

その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『恋と運命の真実』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる方は、是非お試しを!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

スポンサーリンク

最近の記事

  1. パワーストーン【茶色編】カラー別の意味や種類・選び方について
  2. 夢占い 苦しい
  3. 夢占い 廃墟
  4. 夢占い ギャンブル
  5. 夢占い はしご

スポンサーリンク