開運

【風水】玄関に鏡を置くのは良いのか|鏡の効果・置き方・選び方

玄関に鏡を置くことは風水的に良いとされています。ただしそれは、正しい鏡の置き方と選び方をしている場合のみです。

鏡を玄関のどこに置くか。鏡の大きさ、厚み、色、形はどのようなものか。それによって、風水的な良し悪しや開運効果が変わってきます。

風水,鏡,玄関

この記事では、「玄関に鏡を置くことは風水的に良いのか?鏡の効果・置き方・選び方」について解説していきます。

  • 風水における鏡の性質や効果
  • 自宅の玄関に正しく鏡を置く方法
  • 開運効果のある鏡の選び方

読了後は「より幸せになるための開運術」の知識がつくため、ぜひ最後までお付き合いください。







風水的に玄関に鏡を置くのは「良い」

風水,鏡,玄関

風水における鏡とは「火」の性質をもち、空間の気の流れを良くする開運アイテム。そのため、良い気も悪い気も出入りする玄関に鏡を置くことは風水的に良いとされています。

また、暗い場所に鏡を置くと光・太陽などの明るい気の流れが生まれます。暗く日が差さない玄関に鏡を置くことも風水的に良いのです。

「玄関が暗い=悪い気が入りやすい」という考え方も風水ならでは。この点においても鏡は、入り込もうとする邪気を跳ね返し良い気を巡らせる、玄関に必要な開運アイテムなのです。

玄関に鏡を置くと得られる風水的な効果2つ

風水において、玄関に鏡を置くと仕事運と金運の2つが上昇するとされています。玄関を上がって右手に鏡を置くと仕事運が、左手に置くと金運がアップするといわれています。

ただし、玄関の左右両方に鏡を置くのは「合わせ鏡」となるためNG。合わせ鏡にすると、上昇するはずの運気がダウンし、霊障などの不吉なことが起こるとされています。

仕事運または金運。どちらか一方の開運に焦点をあてて玄関に鏡を置くことで、その風水的な効果を得られると考えられているのです。

また、鏡を玄関の正面に置くのもNG。仕事運・金運は外へと跳ね返され、風水的な効果が手元に残らなくなるとされています。

風水的に良い玄関を作る鏡の置き方

風水,鏡,玄関

玄関が広い場合は「全身鏡を壁と水平に立て掛ける」

戸建て・広めのマンションなど玄関が広い場合は「全身鏡」を置くのがベスト。風水における全身鏡には、一度に多くの良い気を寄せ集めて吸収できる効果があります。

ただし、全身鏡を置くときは壁と水平に立てかけるのがポイント。壁に対して斜めに設置すると気の流れが乱れやすくなるとされ、風水的にはNGとなります。

玄関が狭い場合は「壁掛け・小型の鏡を置く」

ワンルームのアパートなど玄関が狭い場合は「壁掛けタイプの鏡」か「靴箱の上に置ける小型の鏡」を置くのがおすすめです。

  • 壁掛けタイプの鏡…建物の面積に囚われずに風水を取り入れられる
  • 小型の鏡…靴箱の一角に置けるため、場所を取らずに風水を取り入れられる

ただし、小型の鏡を購入する場合は「サイズ」にご注意を。風水では、身体や顔の一部が切れて映らないサイズの鏡はトラブルのもととされているため、小型でも顔全体を映せる大きさの鏡を購入しましょう。

風水的に良い玄関を作る鏡の選び方

風水,鏡,玄関

鏡の大きさで選ぶ

風水では、玄関に置く鏡のサイズが大きいほど開運しやすいとされています。小型鏡よりも全身鏡を選ぶのが望ましいということです。

120cm~130cmの全身鏡を選ぶと全身が切れることなく映ります。風水において身体の一部が切れて映らない鏡は不運のもととされているため、このサイズがおすすめ。

ちなみに120cm~130cmは、一般的な鏡のサイズ(国内規格)のため、ネット通販サイトでも目当ての鏡を見つけやすいはずです。

鏡の厚みで選ぶ

鏡には、鏡面が薄くなるほど「映りがゆがむ」という性質があります。映りのゆがんだ鏡を玄関に置くと気の流れが乱れることから、厚みのある鏡を選ぶのも1つのポイントです。

国内規格の鏡の厚みは、5mm、4mm、3mm、2mmの4種類あります。このうち鏡面が最も厚いのは「5mm」なので、そちらを選ぶのが上手に風水を取り入れるコツといえます。

鏡のフレームの色で選ぶ

風水的に良い玄関を作る鏡とは、「フレーム」が付いたものです。中でも、玄関に置く鏡と相性が良く、開運効果を引き出しやすい色をまとめてみました。

  • アイボリー・ブラウン…暖色系の「木製フレーム」が貯金運・出世運アップにおすすめ。
  • ゴールド・黄色…この色の「金属製フレーム」が金運アップにおすすめ。
  • ピンク…恋愛運アップにおすすめ。
  • ホワイト…総合運アップや浄化・魔除けにおすすめ。
  • ブルー…勉強運・仕事運アップにおすすめ。

暖色系・ゴールド以外の色が好きな方も、鏡のフレームの素材は天然素材に限定して選ぶことをおすすめします。

鏡の形で選ぶ

風水的に良い玄関を作るには鏡の形にこだわるのもポイントの1つです。鏡に使われやすい形とその風水的な意味・効果を見ていきましょう。

  • 円形(丸型)…安定の象徴。滞りなく良い気の流れを玄関に循環させる。全体運アップ。
  • 楕円形…女性性の象徴。良い気の流れを空間全体に広げる。全体運、恋愛運アップ。
  • 四角形…人間と地上の象徴。四方を固め、悪い気を寄せつけない。魔除け。
  • 八角形…天地万物の象徴。金運、財運、対人運アップ。

四種類の形から自分の願いに合うものを選びましょう。ほかにも様々な形のおしゃれな鏡が販売されているかと思いますが、「全身・顔が切れずに映るか?」を目安に選ぶことをおすすめします。

まとめ

風水的に良い玄関を作るために鏡を置くわけですが、正しい置き方・選び方をしなければ開運効果を見込めないとされています。

大きさ、厚み、色、形といった4つのポイントから、あなたにとって最適な鏡を玄関に置いてみてくださいね。

玄関の気の流れをさらに良くしたい場合は、鏡の近くに観葉植物を置くのもおすすめです。今より幸せに暮らすためにも、ぜひ玄関に置く鏡の効果をフルに活用してみてください!

ABOUT ME
Written by ほし沙織
Written by ほし沙織
Webライター|作家|コンサル&コーチ。幼少期の10年間を海外で過ごし、日本語と英語のバイリンガルとして育つ。その中で「文字を通して想いを伝えること」の素晴らしさに惹かれ、小説とライティングの世界に没頭。過去2年間のうちに出版賞を5回ほど受賞。心理学、スピリチュアル、占い、脳科学に関するテーマを担当。ブログ準備中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)