開運

【風水】財布の色で金運が変わる|色別の効果と使い方

風水では、財布の色によって持ち主の「金運」が変わるとされています。お金が貯まる、増える、楽しく使えるなど、あなたが選ぶ財布の色ごとに特徴的な効果があるのです。

また、あなたの選んだ財布の色やその効果を活かしたい場合、金運アップにつながる正しい財布の使い方も知っておきたいところ。

風水,財布,色

この記事では、風水でみる財布の色・効果・使い方を解説していきます。2020年の金運を絶好調に整えるためにも、風水から財布の色について学んでおきましょう!







風水でみる財布の色と効果

風水,財布,色

まずは、風水でみる財布の色と効果を見ていきましょう。色の違いによって金運の良し悪しが変化するほか、色の濃淡によっても得られる効果に違いがあります。

風水でみる「金運アップ」の効果がある財布の色

効果
ベージュ、ブラウン、キャメル、ネイビー お金が貯まる
パステルピンク、ゴールド、シルバー、マスタードイエロー、パステルイエロー お金が増える/お金の流れが良くなる
グリーン、パープル(ラベンダー) 仕事を通してお金を稼ぐ(生み出す)
ホワイト、クリームイエロー 金運の低下を抑える/出費を減らす

お金が貯まる財布の色は「ブラウン系」が中心

「金運アップ」のうち、風水的にお金が貯まる効果があるとされる財布の色は「ブラウン」が中心となります。その中でも、色の濃淡によって詳しい効果に違いがあります。

  • 黄みがかったブラウン/淡いブラウン…楽しい気持ちでお金が貯められる
  • 濃いブラウン…一般的なブラウンに比べて、さらに貯金しやすくなる

ブラウン以外でお金が貯まる財布の色は「ネイビー」です。黒色に近い青であるネイビーは特定の運気を貯める(溜める)性質があるため、財布の色に使用すればお金が貯まるといわれています。

お金が増える財布の色は「メタリック&パステルカラー」が中心

風水的にお金が増える効果があるとされる財布の色は、「メタリックカラー」と「パステルカラー」。それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

  • ゴールド、シルバー…収支の循環を生み、お金の捻出をサポートする(資産家向けの色)
  • パステルピンク…臨時収入や思わぬボーナスなど「たなぼた」効果がある(幸運の色)
  • パステルイエロー…楽しみながら自力でお金を増やせる(フリーランス向けの色)

これら以外でお金が増える財布の色は「マスタードイエロー」。ブラウンとイエローの金運効果を引き継ぎ、楽しみながらお金を貯められるようになるといわれています。

仕事でお金を稼ぐ財布の色は「グリーン&パープル」

風水的に仕事でお金を稼ぐ効果があるとされる財布の色は、「グリーン」と「パープル」。このうちパープルは、色の濃淡によって詳しい効果に違いがあります。

  • グリーン…仕事を通して堅実にお金を稼ぐ&貯めるサポートをする
  • パープル…自分のキャリアや地位をベースにお金を稼げるようになる

パープルの中でも「ラベンダー色」の財布は、お金の厄落としをしてくれる効果があるといわれています。お金についた邪気を払い、金運の土台を整えたい人向けの色といえます。

金運の低下を抑える財布の色は「ホワイト系」が中心

風水的に金運の低下を抑える効果があるとされる財布の色は、「ホワイト」が中心。クリームイエローも白みの強さが特徴的な色といえます。

ホワイトの代表的な意味は「リセット」「浄化」の2通り。これを風水でみる金運に当てはめ、「金運の悪さをリセット」「お金についた邪気を浄化」の効果があるとされています。

風水でみる「金運ダウン」の可能性がある財布の色

効果
ブラック 今の金運をキープする
グレー (男性)お金が増える/(女性)お金が流れてしまう
ブルー お金がなくなる
レッド、オレンジ 金運を総合的に下げる
原色系のイエロー 出費に気づきにくくなる

風水を用いて確実に金運アップしたい場合、これらの色の財布は避けた方が良いかもしれません。必ずしも悪い効果ばかりではないものの、風水初心者には向かない色といえます。

各色を使った財布を避けた方が良いとされる理由

早見表に記載された色を使った財布を避けた方が良いとされる理由を、それぞれまとめてみました。風水初心者のあなたは、新しい財布の色を選ぶときの参考にしてください。

  • ブラック…お金を稼げる人・稼げない人を問わず、金運を現状維持にしてしまうため。
  • グレー…男性にとっては金運アップに繋がるものの、女性は金運がダウンするため。
  • ブルー…全般的に「水」の性質をもち、お金が流れるとされるため。
  • 原色系のイエロー…出費を中心とした金銭的感覚が狂いやすいとされるため。

ファッション小物としては、おしゃれな色ばかりが並んでいますよね。とはいえ、風水でみた場合、これらは「注意すべき色」「扱いの難しい色」といえるのです。

色の効果が活きる!風水的に良い財布の使い方

風水,財布,色

お札は「金額の低いもの」を財布の手前に入れよう

風水的に良い財布とは、手前から順番に、千円札、五千円札、一万円札と納めてあるもの。金額の低いお札を手前に入れることで、お金が貯まりやすくなるとされています。

また、お札に描かれている人の「頭」を下に向けて納めるのも忘れずに。こうすることで、あなたの財布がお札(お金)にとって居心地のよい住み家になるといわれています。

出費にまつわるものは財布に入れないようにしよう

風水的に良い財布とは、お金だけが納められているもの。出費にまつわるものは、財布に入れないようにしましょう。

  • 有効期限切れのポイントカードやクーポン
  • レシート、領収証、明細
  • キャッシング機能つきのクレジットカード
  • デビットカード
  • 請求書

このような出費にまつわるものを財布に納めた場合、不必要な買い物や衝動買いに走るとされています。お金以外は専用の書類入れなどで保管するのがおすすめです。

財布を買い替える時期を見極めよう

金運アップに効果のある色を選ぶだけでなく、財布を買い替える時期を見極めましょう。風水でみる財布の買い替え時期を「季節」「天気」「日付」「時間帯」別に紹介していきます。

  • 季節は「春」…財布が張る(ハル)という語呂合わせで縁起が良いとされる
  • 天気は「雨」…「水」の性質をもつ雨天には、お金が流れてくるとされる(曇り、雪もOK)
  • 日付は「誕生月」「大安」「寅の日」「巳の日」「満月の日」…金運アップ・開運の日とされる
  • 時間は「夜」…夜は「水(お金が流れてくる)時間帯」とされる

これらは、お金との相性が非常に良いとされるタイミングです。財布の色を活かして金運アップができるよう、あなたに合った時期に買い替えを検討してみてくださいね。

まとめ

風水的な効果をもとに財布の色を選べば、身近なアイテムから金運アップを見込めます。色の違い・濃淡から、希望の効果を得られるのも嬉しいポイントですよね。

最後に、買い替えの際に悩みがちな「古い財布の捨て方」もまとめておきます。

  1. 財布に感謝の気持ちを込める
  2. ナイロン製の布で財布を包む
  3. 浄化作用の強い「雨の日」に不燃ごみとして処分する

自宅内に古い財布を保管したままの場合、金運を呼び込みにくくなる恐れも。2020年用の財布を買い揃えた段階で処分しておきましょう。

ABOUT ME
Written by ほし沙織
Written by ほし沙織
Webライター|作家|コンサル&コーチ。幼少期の10年間を海外で過ごし、日本語と英語のバイリンガルとして育つ。その中で「文字を通して想いを伝えること」の素晴らしさに惹かれ、小説とライティングの世界に没頭。過去2年間のうちに出版賞を5回ほど受賞。心理学、スピリチュアル、占い、脳科学に関するテーマを担当。ブログ準備中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)