パワースポット

石鎚山の圧倒的なパワーを感じる!石鎚神社の神秘的な魅力5選

パワースポット,石鎚神社
西日本最高峰と言われる石鎚山には愛媛県で最もパワーが強いとされる石鎚神社が存在します。

美しい島々や雄大な自然に守られながら、地元の人を守護している石鎚神社には知られざるパワースポットがたくさん存在します。

そんな神秘的な石鎚神社でより神仏を身近に感じる旅に出てみませんか?

Array

石鎚神社とは

パワースポット,石鎚神社
石鎚神社は愛媛県西条市西田にある、石鎚山を御神体にした神社です。口の宮・本社、中腹に中宮・成就社、山頂に奥の宮・頂上社、そして土小屋遙拝殿を合わせて石鎚神社と総称します。

御祭神は石鎚毘古命(いしづちひこのみこと)で別名、石土毘古命(いわつちひことのみこと)や石鎚大神(いしづちおおかみ)とも呼ばれています。「古事記」の中で伊邪那岐・伊邪那美の両神の国生みの際に大八洲に続いて生んだ神々の一柱である石土毘古神その人です。

「日本霊異記」には「石鎚山の名は石槌の神が坐すによる」と書いてありますが、「いしづち」とはすなわち「石の霊」の意味を表しています。

御神体である石鎚山は日本七霊山にも数えられていて、神変大菩薩・役小角によって開創したと伝えられています。ここは、絶対に続けていこうという確固たる強い意志を与えてくれるので、物事を始めようとしている人、始めたばかりの人におすすめのパワースポットです。

石鎚神社はいつ訪れてもパワーに満ちていますが、特に「満月」か「新月」の時に参拝すると良いとされています。石鎚神社はまさに、西日本最高峰のパワースポットなのです。

口之宮・本社

パワースポット,石鎚神社

石鎚神社は4社でひとつの神社を構成していますが、その中でも最も人里に近いことから、参拝客が1番訪れているのが本社です。朱塗りの大きな鳥居に迎えられて境内に入れば、空気が研ぎ澄まされたような神秘的な空間が広がります。

石鎚山を「神しずまります山」とする石鎚神社は、その影響を受けた役小角によって開かれました。役小角は修験道の開祖と言われていて、日本各地の霊山を訪れていることで有名です。

その役小角によって開かれた霊験あらたかな山であるということで、石鎚神社はパワースポット中のパワースポットと言ってもよいでしょう。

パワースポット,石鎚神社
本社の神門をくぐると雰囲気は一変します。どこまでも静けさが広がり、空気は凛として新鮮さを増すのです。

周りには葉を茂らせる大きな木々がありますが、自然による清々しさだけでない、聖地の持つ「目に見えない力」を感じずにはいられません。そして本社の拝殿には大小さまざまな木槌が置かれています。

この木槌を「具合の良くない身体の部位にあてて擦る」と、ご神徳を授かり治るといわれています。石鎚神社の玄関口ともいえる本社でしっかりとパワーをいただきましょう。

中宮・成就社

パワースポット,石鎚神社
石鎚山中腹にある石鎚登山ロープウェイを下車して20分ほど歩いた場所にあるのが、石鎚神社の中宮である成就社です。ここは霊峰石鎚山へ登る際の重要な拠点となっています。

成就社には、千三百年余の昔から言い伝えられる伝説が存在します。

石鎚山開山の祖、役小角が石鎚山頂を拝もうと心身を清め山頂を目指しましたが、どうしても山頂に至ることができませんでした。

力尽きて下山しようとしたところ、成就社境内で、ひたすらに斧を研いでいる一人の白髪の老人に出会いました。理由を尋ねてみると、「この斧を研いで針にする」と答えたのです。

この言葉に小角は感銘し、再び行を続け、西日本最高峰の石鎚山を開山することができました。

ちなみにこの時の老人が石鎚大神だと伝えられ、以来小角の心願が叶ったことから、この場所を成就社としてお社が祀られ、今では全国から石鎚神社に参拝にくるようになりました。

どんな困難にあっても不屈の精神を培い、物事の成就を祈ることでその願いを叶える、そんな場所として成就社となったのです。叶えたい願いがある人は、石鎚神社の成就社を訪れることをおすすめします。

土小屋遥拝殿

パワースポット,石鎚神社
石鎚神社の4社の中でも最も新しく昭和46年に建てられたのが土小屋遥拝殿です。

標高1492メートルの土小屋にある遥拝所で、成就社と同じように、石鎚山へ登る際の重要な拠点になります。ただここは開門時期が決まってるので、4月〜11月しか立ち入ることができません。

成就社で斧の老人と出会い、不屈の精神を培った役小角が山頂から土小屋遥拝殿まで戻ってきた際に、「我が願い成就せり」と言って山頂を仰ぎ見たそうです。

この言い伝えから、ここには拝殿が二つ設けられています。ひとつは本殿であり、もうひとつは「見返拝遥殿」です。

この見返拝遥殿は、伝説の中で役小角が「我が願い成就せり」と言った、まさにその場所です。正面には石鎚山を仰ぎ見ることができるので、山頂まで登ることができない人はここから石鎚山に祈りを捧げます。

「諦めずに続けていれば、目指す場所に辿り着ける。なせば成る」と石鎚山頂が力づけてくれる聖地なのです。

志半ばで心が折れそうになっていても、「もう少し頑張ろう」という心のエネルギーとなるパワーをもらえることでしょう。

石鎚神社の中でも成就社と併せて参拝しておきたいパワースポットです。

奥の宮・頂上社

パワースポット,石鎚神社
石鎚神社の中でも最も標高が高い1982メートルになる石鎚山の山頂に鎮座しているのが奥の宮・頂上社です。石鎚大神の御降臨の地として今でも神聖な場所だと崇められています。

山頂への参道には「鎖の行場」で名高い試しの鎖、一之鎖、二之鎖、三之鎖がかけられています。

鎖の合計距離は約230メートルになり、険しい岩場にかかるこの鎖にすがる時こそ、邪心を捨て無我の境地を体験するという、まさに命がけの行場となっています。

更に頂上社には三つの御神徳を表す三体の御神像である「玉持ちの御神像」「鏡持ちの御神像」「剣持ちの御神像」がお祀りされています。

神職が常駐している5月1日から11月3日の間、三体の御神像を拝し祈ることができます。御神像に直接触れ御神徳を授かる特殊神事「御神像拝戴」を受けることもできます。

この特殊な神事を執り行っているのは、全国8万神社の中で石鎚神社だけだそうです。石鎚神社の頂上社に行くにはしっかり登山の用意をして、険しい岩肌を登らなければなりません。

一歩踏み間違えれば落ちてしまう危険と隣り合わせの参拝になるので、くれぐれも無理はしないでくださいね。

まとめ

西日本最高峰のパワースポット石鎚神社の魅力はいかがでしたか。

石鎚神社のことを知れば知るほど、神聖な場所として神々しいパワーを感じます。

山頂にある頂上社などはなかなか行くのが難しいとは思いますが、本社だけでも充分にパワーを感じられる素晴らしい神社です。

▶︎愛媛パワースポットの神社はこちら

▶︎日本全国都道府県の神聖なパワースポットまとめ一覧ページはこちら




ABOUT ME
Written by
SPIBRE編集部

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)