ライフ

【石田三成名言】優秀なサラリーマンの志が学べる5つの言葉

石田三成 名言

近年人気の出てきた戦国武将、石田三成。彼は残した名言から良くも悪くも「優秀なサラリーマン」の見本のような人物だったと言える人物です。

その為石田三成の名言を知り彼の良かったところ悪かったところを考えることは、現代社会で生きていくのに非常に役に立つのです。優秀なサラリーマン石田三成の名言に興味はございませんか?

予算の使い方を語った名言

「残すは盗なり。使い過ごして借銭するは愚人なり。」

この名言は、石田三成が優秀な経営者ではなく、優秀なサラリーマンとしての金銭感覚があった事を教えてくれる名言。

簡単に言うと「与えられた予算を使い切らないのは盗んでいるのと同じ、でも使いすぎて予算の足がでるようなヤツは愚か者だ」と言う名言です。

実際石田三成は豊臣政権のための人材集めに相当な与えられた予算を使い、与えられた予算はギリギリになることもありした。

例えば島左近、渡辺新乃丞という戦国時代に詳しい人なら耳にしたことがあるような優秀な武将をスカウトするためにそれこそ家臣の居候になったり、自分の城がとても有名な武将のものとは思えなかったほど質素であったりするほどに生活を圧迫してでもです。

コレは正に自分のためではなく、豊臣秀吉のためになることを第一に考え行動できた結果であり、自分の利益を度外視できた「優秀なサラリーマン」としての心構えを石田三成が持っていた事を教えてくれます。

自分が経営者の時にこれでは色々と問題がありますが、誰かに下で高い結果を出すにはこの名言で語られるように「与えられた予算は与えてくれた人のためにキッチリ使い切る」気持ちを持つことが非常に大事。

そんな優秀なサラリーマンに必要な「自分を捨てて尽くす精神」をこの石田三成の名言は教えてくれます。

拘ることの重要性を説いた名言

「義を捨て人を欺きて、裏切った者は、武将の恥辱、末の世まで嘲笑されるだろう。」

この名言は石田三成が最も重んじたものが「義」であった事を教える名言。

武士道などにおいてよく語られるこの「義」と言うものは簡単に言うと人間の行動・思想・道徳においての、「善い」「正しい」とされる概念。

こう考えると「義」に拘ると言うのはとても素晴らしいことであり、戦国時代もこの「義」にこだわりを持つ武将は石田三成ばかりではありませんし、義を重んじた武将は尊敬を集める人も多いです。

こうした尊敬を集めるような人は組織の正に看板であり、人を始めとする財産を集めることが出来ます。

しかし、現代社会以上にキレイ事だけでは生き残れないのが戦国の世です。

「善い」「正しい」判断であれば人はついてくるのか?領地を治めることができるのか?と聞いたら答えは「NO」であり、正しさだけでなく政治経済そして軍事を気にかけないといけない大物戦国武将はやっていけないところがあります。

だからこれを一番重要視してもやっていくには自分が「義」を最重要視しても組織を運営していけるような上司が必ず必要なのです。

ここもまた石田三成が「優秀なサラリーマン」たる由縁であり、この名言は「誰かに仕えてやっていくなら正しさに拘ることも大事」と教えてくれる名言であると言えます。

我慢の大切さを教えてくれる名言

「戦死を好むのは匹夫である。将たる者は、命の危険を逃れて、何度も戦いを重ねることこそ本意とするものだ。」

この名言は石田三が成関ヶ原の戦いで負け、捕虜となったとき、なぜ自害せずに捕まったのかと罵られた事に対する返答。

この名言を簡単に言うなら「生きて役に立ててこそ意味がある」と言う名言。

石田三成は確かにお手本どおりの武士らしい武士と言える武将でありましたが、ここは違いました。

どんなに凄い人物であろうとも死んだら終わり、少しでも役に立つためには死んではダメ。

当たり前の事のようにも感じますが名誉に拘る武士の世界には生き戻っても生きるのが辛いような生活になることも多いですし、この決断は中々できるものではありません。

しかし「大儀」のためにはそれすらもしろと石田三成は言いましたし、実際に自身が殺される間際にも

「大義を思うものは、たとえ首をはねられる瞬間までも命を大切にして、なにとぞ本意を達せんと思う。」

と言う名言を残しました。

世間で正しいと言われている事でも、それで死ぬより辛い状態になろうとも、本気で大事だと思うならそれをしないで我慢する。

この名言にはそんな強い石田三成の意思が込められていて「如何に自分が役立てるか」を追求することが優秀なサラリーマンには考えるべきことだと教えてくれる名言です。

志の重要性を語った名言

「命を惜しむは、ひとえに我が志を達せんと思うがゆえなり」

この名言は石田三成がどれほど人のために命を惜しまなかったのかを知ることが出来る名言。

石田三成は武士道でよくある「名誉のために死ね」と言う考えではなく「役に立つため命を惜しめ」と言う考え方を持っていました。

しかしそれでもこの名言のようにその命を惜しめと人にも言ったのはただ臆病だった訳ではない事がこの名言では分かります。

何せ「命を惜しむのは志の為」という事は逆に「志達成のためなら命は惜しくない」ということでもあるからです。

ではそんな命を惜しむ基準となった石田三成の志とはなんだったのかと言いますと勿論それは豊臣政権の維持拡大。

人のために死ぬことすら出来るが、その人のために死なないように命を惜しむ。

これができるのが石田三成であり、「人のためにすることを自分のためだと思える事」が優秀なサラリーマンには大事な事だとこの名言は教えてくれます。

分を知る事の大事さを教えてくれる名言

「三成に過ぎたるものが二つある」

この名言は石田三成が言ったのではなく、石田三成に対して言われた言葉ではありますが、石田三成も自分でそう思っていたであろう名言。

この名言の過ぎたるものとは「島左近」と言う人材と「佐和山城」と言う自分の城です。

島左近は豊臣秀吉が部下に欲しがったほどの人物で石田三成が当時では考えられない自分の利権の4分の1以上を出して雇った人材で名将と語られる人物であり、「佐和山城」は石田三成が自分のために殆ど金を使わなかったことでかなり質素な城です。

どちらも豊臣秀吉の重臣のであった石田三成に全く「過ぎたるもの」などではなかったのですが、それでも石田三成の事を考えると過ぎたるものであったとも言えるのかもしれません。

島左近は元々石田三成が豊臣政権のために自分の下に引き込んできた人材であり、自分の部下ではあったもののその扱いから半ば同僚として扱っていたのではないかとも考えられ、そう考えると「三成に「は」過ぎたもの」だとも言えるのです。

そして城に関してはもっと単純で、自分を捨てて人に仕える精神を持った石田三成には「自分の」城なんてそもそもいらないと思っていたのではないかと言えます。

自分にとっての必要なものやことなのか?この事は意外とついつい忘れてしまうことであり、冷静に考えるのは難しいもの。

そんな普通の人が中々出来ないことを冷静にやってのけることが出来たのは石田三成が優秀なサラリーマンであり、この名言が教えてくれる「分を知ることの大事さ」を知っていたからでしょう。

石田三成の名言5ついかがだったでしょうか?残した名言から分かるように正に石田三成は優秀なサラリーマンの鏡であり、彼の関が原での敗因は経営者をしようとしたことだとも言えます。

サラリーマンと経営者では求められるものが違いすぎるのですからある意味当然だったのでしょう。そんな事から「畑違い」で失敗しないように気をつけよう、と言う教訓も石田三成の名言は教えてくれます。

こちらの記事もご覧ください。
▶︎ 【世界名言集】偉人から人生を学ぶ最高のヒントまとめ一覧

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだタロットカードや生年月日をもとに導き出される 『恋愛タロット占い』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら期間限定で診断カルテを無料でプレゼント!

この機会にあなたの運命がどうなるのか知りたい方は是非やってみて下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

error: Content is protected !!