パワースポット

イザナギとイザナミとは|日本創世神2つの神話

イザナギとイザナミ

世界中のどの神話においても欠かせないのが世界の始まりについての話であり、殆どの神話においては世界を作り上げた「創世神」と言う神様が存在します。日本の神話におきましてはその創世神に当たりますのがイザナギとイザナミ。

今回はそんな日本の創世神の二柱について御紹介させていただきます。

神話に出てくる神様

イザナギ イザナミ

イザナギとイザナミはどんな神様なのかと言いますと人間の世界を作ったと言われる神様であり、最高神天照大神をはじめとする多くの神様の祖先に当たる存在です。

イザナギが男性神、イザナミは女性神であり、兄妹でもあり、夫婦でもある神様であると言うのはちょっと特徴的かもしれません。

基本的にはこの二柱の神様はセットのようにして描かれているのですがイザナミが神様を沢山生んでいく中で火の神である「迦具土神(カグツチ)」を産んだ事により火傷で死亡し、黄泉の国の所属になった後はどうやってもお互いの関係を修復することが出来なくなるほどの決定的な別れをするのがかなり印象的です。

カグツチ

また後のイザナギとイザナミに関する神話の中で詳しく語りますがイザナミは死んだ後の自分を連れ戻しに来たイザナギとの決定的な別れをした後に「これからは、あなたの国の人を一日に千人ずつ殺す」と言うとんでもない「荒御霊」へと変わるのも他の神話では見られないところ。

このあり方は世界を生んで、神々を産んで、間接的に他の生き物達も産んできた「始まり」の神様の一方が「終わり」を司る神様になることで「生と死」の関係や「輪廻転生」のような考え方を現していると言えるでしょう。

そのため日本神話においてこの二柱の神様はとても重要な立場にある神様であると言えます。

神話「国産みと神産み」

イザナギ イザナミ

「イザナギ」と「イザナミ」のイメージとして最も大きいものはやはり世界と神様を作ったという所であり、それに関する神話について簡単にここでご紹介させていただきます。

はるか昔いつからあるか分からない神様達の住んでいる世界「高天原(たかまがはら)」というところがありました。

その世界に住む五組十柱の神々と二柱の神様「神代七代(かみよななよ)」たちは下界が生まれてから中々世界が出来ずに海の上を、何かどろどろ、ふわふわとしたようなものがただよっているだけというありさまに問題を感じてイザナギノ、イザナミに、「天沼矛(あめのぬぼこ)」という巨大な槍をあたえ、コレを使って下界をしっかりと固めて、国造りをするようにと命じました。

するとその二柱の神様は高天原から地上へとつながる「天浮橋(あめのうきはし)」の上に立って、二人で協力して槍を使ってどろどろとした下界をかきまぜました。

下界を掻き混ぜるたび 「こおろ、こおろ、こおろ」と言う大きな音が響き、ある程度混ぜた後と引き上げると、槍の先からぽたぽたと落ちた雫がみるみる固まりついに一つの島ができあがりました。その島は「おのころ島」と名付けられこの島を拠点とするためイザナギとイザナミは、さっそく「おのころ島」へとおりてゆきました。

そしてもっと下界に島を作るためイザナギとイザナミはおのころ島の上に御殿を建てて、そこで結婚の儀式をしました。

結婚の儀式としてイザナギは柱の左側から、イザナミは右側から周り回るようにして歩き真ん中で出会ったところで、まずイザナミが声をかけます。

「まあ!なんて素敵な殿方」

次にイザナギが声をかけます。

「おお!なんと愛しい乙女」

コレにより二人は結婚し更に国創りをしようとしたのですが、何故かうまく行きません。最初に生まれたのは体がぶよぶよして蛭のような「蛭子(ひるこ)」流石にコレはまずいという事で無かったことにするために蛭子を葦の舟に乗せて流しました。

次に生まれたのは海にふよふよと浮く泡のように頼りない感じの「淡島」これも、無かったことされます。

流石にこのままではうまくいかないことを悟った二柱は相談しに高天原に帰ってみるとどうも儀式のときに女性から声をかけてしまったのが良くなかったことが分かりました。

コレを聞いた二柱は早速儀式を今度はイザナギから声をかけてやり直してみたところ直ぐにうまく行きました。

最初に生まれたのが「淡路島(あわじしま)」その後、四国や、九州や、本州が生まれていき、たくさんの島々にはいつの間にか生き物が生まれ、いつしか人間も生まれていた。

この人間はイザナギとイザナミを大層敬う生き物であり、彼らを可愛く思った二柱はそれぞれの島を治める神様や人の助けになる神様を次々と生みました。

しかし火の神様「迦具土神(カグツチ)」を生んだとき、イザナミは大やけどをしてしまい、子供を作るのがが非常に難しくなったのです。

しかしそれでもまだ神様が足りないからと苦しみながら、イザナミはなおも無理を重ね神様を生み続けました。

イザナギも必死で看病をしましたがそれでも見る見るうちにイザナミは弱り、イザナミはとうとう亡くなってしまいイザナギはコレをたいそう悲しみイザナミの亡骸にとりすがって泣き、出雲(いずも)の国と伯耆(ほうき)の国の境にある比婆山(ひばやま)に葬りました。

このあまりの出来事に自分とイザナミの子ではあるもののイザナギは妻に大やけどをおわせた「迦具土神(カグツチ)」のことをどうしても許すことができず、バラバラに剣で切り殺し、バラバラにされた体はそれぞれが「迦具土神(カグツチ)」の8分の1の力を持った火を司る8人の神になりました。

ここまでが日本の創世神話に当たるイザナギとイザナミの神話です。

この神話は世界ができたと言う話そのものよりも男性と女性の理想のあり方や火の危険性と言うものについて伝えることが主目的だったであろうことが分かります。

神話「死んだら帰ってくることのできない黄泉の国」

イザナギとイザナミ
イザナギとイザナミと聞いたなら少し詳しく日本神話を知っている人なら黄泉の国から死んだイザナミを連れ帰ろうとする話も思い出すことでしょう。

殆どの場合「国産みと神産みの神話」と繋がって紹介されるのですが筆者は神話にはそれぞれ意味があり、それぞれに込められたメッセージがあると考えていますのでこの記事では別の神話として御紹介させていただきます。

この神話の内容を簡単にご紹介すると以下の物。

愛しい妻を失ったイザナギはどうしても妻の事が忘れられず死んだものが連れて行かれる地の底にある黄泉の国にいくことを決心します。

続く長く暗い洞窟く「黄泉比良坂(よもつひらさか)」を降りてようやく黄泉の国に着くと、イザナギはとびらの前に立ちイザナミに自分といっしょに地上へ帰ってくれるよう、優しく呼びかけました。

すると扉の中からはイザナミの悲しそうな声が帰ってきました。

「どうしてもっと早く来てくれなかったですか?私はもう黄泉の国の食べ物を食べてしまいましたので地上へはもどれないのです」

死者は「共食(きょうしょく)」と言う黄泉の国の住人になるためにする儀式で黄泉の国の食物を食べると、現世には戻れない決まりになっていたのでイザナミですら帰ることはできないのです。

しかしどうしても諦められないイザナギの必死の説得の末イザナミも折れ、

「愛するあなたのためですから、地上へなんとか帰れないか、黄泉の国の神様にたずねてみます。しかし、消して黄泉の国の中には入ってきてはいけません」

と言って扉から離れてました。

最初はそう言われたのでイナザギもじっと待っていましたが、いつまでたっても妻からは返事がなく我慢できなくなってついには小さな火をともして、妻を探すために黄泉の国へと入っていってしまいました。

黄泉の国の中は恐ろしいところで誰もいないし暗くて死臭漂う凄まじい場所でしたが妻に会いたい一心でイザナギはどんどん奥に入っていきます。

そしてついにイザナミを見つけますが、なんと見つけたイザナギはくさりかけてうじ虫がいっぱいたかっている状態でその体には、おそろしい雷神たちがとりついています。

その姿を見られた挙句、イザナギが自分に対して嫌悪感を抱くのを知ってしまったイザナミは逆上してイザナギを殺せと悪霊や雷神をけしかけます。

何かあったときのためにと身につけていた物を使って「黄泉比良坂(よもつひらさか)」から出ることに成功したイザナギはイザナミがこちらに来ないように黄泉の国との入り口を大きな岩で塞ぎました。

すると中から狂ったようなイザナミの声が聞こえてきます。

「毎日貴様の国の人間を1000人殺す、呪ってやる」

それに対してイザナギは

「ならば私は人間1500人を毎日生む」

と返すと「黄泉比良坂(よもつひらさか)」から離れていきました。

こうして二人は永遠に別れ、地上の世界と黄泉の国とは、永久に行き来できないようになり、亡くなる人よりも生まれる人の方が多くなり、地上の人は次第に増えるようになったのです。

これがもう一つのイザナギとイザナミの神話です。

こちらの場合はどうして人が生まれたり死んだりするのかと死んだらそれまでだという事を伝えることが恐らく主目的であると考えられます。

祭られる神様として見た姿

日本神話の神様の多くは現在でも高い影響力と信者を持った宗教「神道」の神様としても祭られる神様です。

当然「イザナギ」と「イザナミ」は創世神という扱いであり、生と死を象徴するようなところを持った神様ですから神道の神様としてもいくつもの神社の祭神として祭られています。

その中でも最も有名なところは兵庫県淡路市多賀にある「伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)」です。

ここは国産み・神産みを終えた「イザナギ」と「イザナミ」が最初に生んだとされる島である「淡路島」にある神社であり、その関連性が『日本書紀』や『古事記』にも登場する部分と一致するとされている歴史ある神社です。

同じぐらいに有名なところが兵庫県南あわじ市にある「自凝島神社(おのころじまじんじゃ)」です。

こちらは国産みによって出来たとされる最初の人間の世界の島であるとされる「おのころ島」がこの神社が鎮座する丘が両神による国産み・神産みの舞台となった自凝島であると伝えている神社でしてやはり「イザナギ」と「イザナミ」と縁が深い場所の神社とだと言われています。

他にもかなり色々な神社の主祭神として祭られていますがやはりこの二つの神社は関連深い土地として古くから語り継がれてきたものを感じることが出来ますので「イザナギ」と「イザナミ」に興味が沸いた方は是非一度訪れてみて下さい。

まとめ

日本神話のイザナギ、イザナミについての事をご紹介させていただきましたがいかがだったでしょうか?

日本神話における創世神としての面や人間の最も関心を持つ生死にかかわることの神話のメインを張った神様としての面から日本神話におけるキーパーソンと言っても良い神様達ですので日本神話に興味を持てた方は是非覚えておいて下さい。

神様 まとめ
神様や神話に関するまとめ 日本全国の神様や世界の神様に関する記事をまとめてみました。 ...

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたが選んだタロットカードや生年月日をもとに導き出される 『恋愛タロット占い』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら期間限定で診断カルテを無料でプレゼント!

この機会にあなたの運命がどうなるのか知りたい方は是非やってみて下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

error: Content is protected !!