スピリチュアル

イザナギとイザナミの国生みと黄泉(よみ)の国の物語

イザナギとイザナミを祀った有名な神社

イザナギとイザナミを祀った有名な神社を6つご紹介します。

伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)兵庫県

『日本書紀』には、イザナギは国生みを終えて、イザナミと最初に生んだ淡路島の多賀の地に幽宮(かくりのみや)を構えて余生を過ごしたとあります。そこに神殿を築いて祀ったのが伊弉諾神宮です。樹齢約900年の夫婦大楠(めおとおおくすのき)がご神木として、安産、子宝授け、夫婦円満などの祈願に信仰されています。

所在地:〒656-1521 兵庫県淡路市多賀740

TEL:0799-80-5001

多賀大社(たがたいしゃ)滋賀県

イザナギは国と神々を生み終えて、淡海(おうみ)の多賀に鎮座したという『古事記』の記述により祀られました。古くから「お多賀さん」の名で親しまれ、延命長寿、縁結び、厄除けの神様として信仰を集めました。

所在地:〒522-0341 滋賀県犬上郡多賀町多賀604番地

TEL:0749-48-1101

花窟神社(はなのいわやじんじゃ)三重県

伊弉冊尊(イザナミノミコト)と軻遇突智尊(カグツチノミコト)を祀っています。花窟は、イザナミが火の神カグツチノミコトを生み、やけどをして亡くなった後に葬られた御陵です。『日本書記』には紀伊の国(現在の三重県)熊野の有馬村に葬られたとあります。

古来社殿はなく、高さ約45mの巨岩がイザナミノミコトのご神体とされています。この巨岩の南に12mほどの岩があり、カグツチノミコトを祀り、王子の窟と名付けられています。

2004(平成16)年に、花窟神社を含む「紀伊山地の霊場と参詣道」が世界遺産に登録されました。例大祭の時には約170mの大縄を、巨岩のご神体から境内南隅の松のご神木にわたす「御縄掛け神事」が行われます。お縄は神と人をつなぎ、神の恵みを授けてくださると信仰されています。

所在地:〒519-4325三重県熊野市有馬町上地130

TEL:0597-89-4111

筑波山神社(つくばさんじんじゃ)茨城県

二峰並ぶ筑波山。男体山頂(871m)に伊弉諾尊(イザナギノミコト)、女体山頂(877m)に伊弉冊尊(イザナミノミコト)が祀られています。この筑波山をご神体として、山下の南面中腹に拝殿があります。筑波山縁起には、イザナギとイザナミが天の沼矛で海水をかきまぜてできた「おのころ島」が筑波山だと伝えられています。

縁結び、夫婦和合、子授け、安産、国家運営、豊作・大漁、厄除け、合格祈願など諸々のご神徳がいただける神社として信仰されています。

所在地:〒300-4352 茨城県つくば市筑波1番地

TEL:029-866-0502

▶︎筑波山神社はパワースポットの宝庫!おすすめ厳選はこちら

三峯神社(みつみねじんじゃ)埼玉県

第12代景行天皇の命により東国平定のためにやってきた日本武尊(やまとたけるのみこと)が三峯山に登り、イザナギ・イザナミをしのんで仮宮を建てて祀り、国の平和を祈ったのが始まりと伝えられています。三ツ鳥居と神の使いのオオカミの像が珍しい神社です。

所在地:〒369-1902 埼玉県秩父市三峰298-1

TEL:0494-55-0241

▶︎秩父三峯神社御朱印|関東指折りのご利益が凄いパワースポットはこちら

今戸神社(いまどじんじゃ)東京都

平安中期1063年、第15代応神天皇をご祭神として、源頼義・義家父子が勅令により奥州の反乱族討伐の折、京都の石清水八幡宮を勧請し、今戸八幡を創建したのが始まりです。

また、日本の国土と神々を生んだ伊弉諾尊(イザナギノミコト)と伊弉冉尊(イザナミノミコト)が祀られ、縁結びのご利益を求める若い女性の人気を集めています。

さらに、七福神の福禄寿が祀られ、浅草名所七福神巡りの地として多くの人が訪れます。

所在地:〒111-0024 東京都台東区今戸1-5-22

TEL:03-3872-2703

まとめ

いかがでしたでしょうか。イザナギノミコトとイザナミノミコトを祀る神社は全国にたくさんあります。ここにはほんの一部しか紹介できませんでした。

『古事記』にしろ『日本書紀』にしろ、神の世のことは実に神秘的な物語が満載されています。神々の持ち物から、また体から出た涙や血などからもさらに新たな神が次々と生まれ、この世にあるすべてのものを神格化して生成過程を示していきます。そういう古代の人々の想像力や創作力の豊かさに驚くばかりです。

科学が発達した現代においては信じがたいことも多くありますが、時には現実から離れて、ちょっと神話の世界をのぞいてみるのもいいのではないでしょうか。

▶︎えっ桃にこんな魔除けのパワーが!?奥が深い4つの話はこちら

1 2
ABOUT ME
Written by ゆうこ
卯年、山羊座。元国語教師。趣味は、温泉旅行や食べること。百人一首競技かるたは選手&読手A級。お寺や神社に立つと、幾度もの興亡が繰り返され、再建・再生され、長年月維持し、受け継いできた無数の無名の人々がいたことを思わずにいられません。そういう人々の思いを少しでも伝えられたらと思っています。 共著書:『新渡戸稲造の至言』(新渡戸基金発行)『花ひらく女学校』(女子教育史散策 明治後期編)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)