自己評価が低い人が適切な自己評価を得るためのポイント5つ

自己評価が低い人が自己評価を高める5つのポイント

自己評価が低いことがあなたの成功を阻害してはいませんか?現代社会においての成功のためのキーワードの一つである自己評価と言うのは高すぎても問題ですが、低すぎてもまた問題となります。しかし自己評価が低いと改善するのは中々骨。そんな自己評価が低いこと改善のきっかけ知りたくはありませんか?


スポンサーリンク


自己評価が低い人が適切な自己評価を得るためのポイント5つ

最初は自己評価と言うものは得てしてどうしても高いか低いかに偏ると言うのが普通の事です。社会を知り、多くの人との関係を知ることで大体が自分に関る社会の中で適切な自己評価を知るのです。今回紹介するポイントを気にして見ることが低い自己評価改善に繋がるのでチェックしてみて下さい。

①目標が適切でないケース

最初に紹介する自己評価が低い人に多いケースがこれ。「自分に厳しい」と言う表現をされることもありますが、それはつまり目的に対する目標が適切でない事が原因です。自分に厳しいと言う言葉だといい事のように思えますが、厳し過ぎる条件設定や、客観的に考えて行き過ぎた成果を求めると言うのは逆を言うと不要な事です。例えばテストで平均点60点で充分な評価のものを無理をして平均点で100点を取ろうとしても70点以上は大体同じとして扱われるのであれば全く意味はありませんし、120点と言う取れもしない目標を立てるのは非常に無意味な事であると分かりますよね?数字化されているとなるほどと思う人も多いのですが、「コレだけできたら充分」という事が生きていく上では分かりにくいもの。本当に必要とされているレベルはどの程度なのか、自分はそれを考えたとき足りているのかいないのか?そうした適切な目標を立てることが低い自己評価改善に繋がります。

②客観的に物事を見れない

続いてご紹介するる自己評価の低い人に多いケースがコレ。物事と言うのはすべてが数字化されるわけでも誰かが平等に評価してくれるものでもありません。大体の人はある程度社会で生きていくうえでそうした物事を客観的に見るという事を覚えていく訳ですが、自己評価が低い人はどうしても物事を主観的に捉えてしまいがちなところがあります。例えば正社員の立場で毎日普通に出勤できている中で、副収入で毎月3万円の収入が大体定期的に入ってくる人ってすごいと思いますか?殆どの人は副業で1万円のラインを超えることが出来るのかが登竜門と言われているので客観的に見たらすごい事なのですが、自己評価が低い人は物事の客観視が出来ず、自分がそれに対してどう思うかが全てなので「普通の事」とか「すごくはない」と言う自己評価をすることがあるわけです。世の中は上を見るとキリがなく、下を見てもキリが無いと言うものです。自己評価が低い人は客観的に、人が自分をどう評価するかを考えてみることも必要な事です。


スポンサーリンク


③高すぎるプライドが低い自己評価を作ることもある

突然ですが、自分よりも足の早い人に負けて悔しいと思ったことはありませんか?子供のころならけっこうな人が思ったことがあるでしょうし、足の速さが重要となるアスリートやそれが収入に関係するプロとなったら別ですが、サラリーマンとして生活する中で、同僚が自分より足が速いからと言って悔しがる人なんていないでしょう。何が言いたいかというと、普通の人が気にもしないようなことにプライドを持っていると自己評価と言うのは低くなる傾向にあります。そんな事は知っていると言う人もいるのでしょうが、自己評価の低い人のほとんどは自分の持っているプライドが高すぎたり、気にする事でもない事を気にしたりします。分かりやすいところで言うなら日本人女性のダイエットへの熱意。身長と体重のバランスを考えると明らかにその体重では普段の生活に支障がありそうなところまで減量していく人がけっこういますが、張り合う相手が見た目でお金を稼いでいる芸能人やモデルなのでそんな事がおこります。物事には必要なものとそうでない事があり、その見極めが出来ず何事においてもプライドが高いという事はトータルすればただ自己評価を低くするだけの事に繋がります。

④スタートが否定的

コレは恐らく最も自己評価が低い人の特徴として語られます。何かするにあたっての最初の言葉が「でも」「だって」と言った否定形な言葉から始まる事が多い人と言うのは自己評価が低い人であると言われますよね?でもそれ何故かを考えたことってありますか?よく言われるからとか、聞いたことがあるからと言う理由で止まって、そこまで良く考えていなかった人と言うのも実はけっこういますので今回はそこに触れていきます。別に否定的であるとうまく行かないというジンクスとかポジティブでないと人はついてこないとかそういう話ではありません。ただただ単純な話やったら出来る事をやらないから評価が上がらないという事を自分で多くするからです。例えばテストで全部書き込んで0点って取ったことある人いますか?そんな人は狙わないとまず出来ないはずです。学校のテストとは違いやらないよりもはるかに良い。そんな事は社会に出るとゴロゴロあります。評価と言うのは死ぬまで累積できるものなのにやらないことでただ自己評価を下げるから物事をまず否定からする人は自己評価が低くなっていくのです。そういう人への合言葉は「いいからまずやれ」ですね。

⑤基準がおかしい

最後にご紹介する自己評価の低い人のパターンがコレ。例えば料理を人に教えようという時に「料理したことがない」は正当な基準であると言えますが、「日曜大工が出来ない」とかは正当な基準だと思いますか?物事を決める時に「それ関係ない」な基準を持った人って結構いるのです。より実際に多いパターンとして言うならば、誰かがリーダーをしなくてはいけないときに、能力は足りているのに「自分はリーダーとかそういう事に向いていないから」と言ってやろうとしない人がいます。そういう人に具体的になにが向いていない要素なのかを聞いていくと自己評価の低い人と言うのは大体初めての取り組みで皆そうなのに「やったことがない」とか「アレが出来ない、コレが苦手」とそんな事リーダーするのに必要か?という事をあげるのです。物事の最悪の場合に備えることも非常に重要な事ですが、10%を下回ることに執着したり、自分以外がやった場合を考える事もできなくては正当な自己評価を下しているとは言いがたく、低い自己評価となります。


自己評価が低くなりがちな原因として以上の事が言えます。勿論これ以外にも自己評価が低い原因として色々と言えることはありますが、この5つつの面すべてがないのに自己評価が低いと言う人はまずいません。低い自己評価を何とかしたいと思うのであれば今回ご紹介したことをチェックしてみて下さい。

スポンサーリンク

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!

その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『恋と運命の真実』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる方は、是非お試しを!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 四国1番霊山寺
  2. パワーストーン【茶色編】カラー別の意味や種類・選び方について
  3. 夢占い 苦しい
  4. 夢占い 廃墟
  5. 夢占い ギャンブル

スポンサーリンク