過去の作家に学ぶ人生が変わる5つの名言

Shakespeare and Company bookshop
Shakespeare and Company bookshop / gadl

人生が変わる。そんな体験を多くの人が望み、怪しげな自己啓発や詐欺などでもよく目にする言葉です。しかし殆どの人は勘違いしています。人生が変わるようなこと、と言うのは別に特別なことではないのです。良い言葉に出会うとたったそれだけで人生が変わります。過去の作家の名言に触れ、人生が変わる体験をしてみませんか?


スポンサーリンク


人生が変わるような作家の名言5つ

人生の専門家は?と聞くと哲学者と多くの人が答えるそうです。しかし私は作家こそが専門家であると考えます。人に何かを伝えるという行為に命をかけた専門家である彼らの言葉は実に心に深く残り、理論や理性を飛び越えて訴えかけてくれるものがあります。今回はそんな過去の作家の名言を5つ紹介させて頂きます。

①ウィリアム・シェイクスピアの人生が変わる言葉

「愚者は己が賢いと考えるが、賢者は己が愚かなことを知っている」とても有名なイギリスの劇作家です。彼の残した作品の中のセリフも名言として語り継がれているものも多いですが、この彼の言ったとされる名言も人生が変わるような言葉です。東洋にも「無知の知」と言う言葉がありますが彼もまた同じ事を言っているのです。自分はデキる、自分は賢い。そう思っているうちは慢心にしか過ぎない。いかなる物事にも完璧と言うものはなく、それが分かっている頭の良い人はとても自分はデキるとか、賢いなんて思う事はできないとこの言葉は教えてくれます。上には上がいるものです。小さな世界で自分を評価するあまり慢心してしまってはいませんか?自分をスゴイと思っている人程周りからは大した事がない人だと思われている事が多いです。常に上を目指す向上心を持つことで人生が変わるかもしれませんよ?

②フランツ・カフカの人生が変わる言葉

「精神は支えである事をやめるとき、初めて自由となる」チェコに生まれたドイツ語作家で心理学や哲学を学んだ人ならば名前を聞いたことがない人はいないでしょう。とても独特な言い回しや精神世界の描写をする方です。この方の作品は4回5回読んでも理解しきれない物も多いのですがとても勉強になることが多いです。しかしそんな全てを理解する必要はありません。彼が残したこの名言はそれだけで人生が変わるようなものです。自由な精神の状態と言うものに人間は基本なれません。人間は自身の自由というモノを社会と言う他人に抑圧され、その抑圧から自分でいられるように支えるものが精神です。精神の自由を得たいと思うのならば一度社会から離れなくてはいけません。常識や人間関係に囚われながらの今か、それら全てを捨てる、もしくは対立する自由か、あなたはどちらを選びますか?どちらを選んでも確かに言えることは「それを選ぶと言う自由はあなたにあるのです」正直説明しようとしてもこのような難解な文章になるのですがとても簡潔に言うと「完全なる自由はあなたになくとも、不自由だなんだと言いながら結局は自分で選んで人は生きているのです」という事です。それを知ったとき、実感したとき、人生が変わると言う体験ができるでしょう。

スポンサーリンク

③オスカー・ワイルドの人生が変わる言葉

「自分になりなさい。他の人はすでに他の人がなっているのだから」イギリスの小説家にして劇作家であるこの方の言葉はとてもシンプルですが人生が変わる体験をさせてくれます。どうやっても他人には成れないです、しかし自分になるのは簡単です自分が自分であると思えればなれるのですから。簡単に言うとこんな感じです。人は自分を知る時にどうしても他人と比べるという方法を取ります。しかしそれが行き過ぎると自分を知るための方法だったはずなのにいつの間にか比べている人になるための方法になって言ったしまうという事が起こります。学校の成績も会社のノルマも本来であれば自分がどの程度できるか、もっと大きく言えば自分を知るための方法であったものなのに、結果に執着して他人に執着して自分を知るという本来の目的を忘れて苦しんではいませんか?自分を知り、自分と向き合うことで自分を高める。絶対になれない「他人」になろうとするよりも、そうして「自分」に成ったほうが人生が変わる体験が出来ます。

④ニール・ゲイマンの人生が変わる言葉

「御伽話は真実以上のものがある。ドラゴンが存在すると伝えてくれるからではなく、ドラゴンでさえ打ち負かされると伝えてくれるからだ」本来なら過去の、と言うには少々早い方ですがこの言葉が非常に印象的なのでご紹介しました。この方はイギリスのファンタジー作家で脚本家でもあります。子どものころ「ごっこ遊び」をしたことはありませんか?そうでなくてもヒーローとかヒロインと言う存在は大人になっても憧れるものです。御伽噺に限ったことではありませんが、とても現実の自分では手に負えないようなことでもできるような世界。と言う夢を与えてくれることに歴史や科学と言った物とは違う価値があるんだというのです。夢や希望と言うものは人間を行動させてくれる大事な活力源です。昔携帯電話はSFの世界のものでした。空を飛ぶ事だって物語の中の話でした。しかし今は現実となっています。どんなことでもやってやれない事はない、そういう思いを人に与える所謂「お話の世界」は人間にとって重要なものです。アニメや漫画の主人公に憧れて、そうありたいとがんばったことはありませんか?その時の気持ちを思い出したら人生が変わる体験ができるかもしれません。

⑤レフ・ニコラエヴィチ・トルストイの人生が変わる言葉

「誰もが世界を変えようと考える、だが誰もが自分を変えようとは考えない」19世紀ロシア文学を代表する小説家です。彼の作品はどちらかと言うと暗い印象を受けるものが多いのですが彼自身の言葉からはそうした作品を書くことで社会に対して挑戦していたという活力を感じます。この言葉もそうした彼の気持ちの一端が現れていると感じられるものです。「人のせいになんでもする人」と言う人種が実はかなりいます。今の自分が苦しんでいるのは親のせい、今の自分が貧乏なのは政府のせい。多くの場合そういう人に限って他の人から見ると自分のせいでしょ?と思われることが多いです。自分以外の全てを変えるよりも自分が変わるほうが簡単で効率的にも言いのにも関らず多くの人はなぜか自分以外のものを変えようとします。例えば自分以外スーツを着ない職場に自分がスーツだと浮いてしまうから、と皆にスーツを着せて働く職場にすることに兆戦したいと思いますか?私ならば自分がスーツを着るのをやめます。何かしたいと思ったとき、中々それがかなえられないで苦しんだとき、一度落ち着いて考えてみて下さい。自分が変わることで意外とそのしたいことは簡単に出来て人生が変わるかもしれませんよ?


5人の作家の5つの名言をご紹介してみましたがいかがだったでしょうか?実はこのどれもが私の人生が変わる切欠になった言葉です。全ての人に今回ご紹介した言葉が人生が変わる切欠になることはないかもしれませんが良い言葉に出会うと人生が変わるという事は確かです。あなたの人生、名言に出会って変えてみませんか?
スポンサーリンク

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!

その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『恋と運命の真実』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる方は、是非お試しを!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

スポンサーリンク

最近の記事

  1. 四国1番霊山寺
  2. パワーストーン【茶色編】カラー別の意味や種類・選び方について
  3. 夢占い 苦しい
  4. 夢占い 廃墟
  5. 夢占い ギャンブル

スポンサーリンク