恋愛

思わず男性が誤解する女性の知られざる裏の顔5つのポイント

思わず男性が誤解してしまう女性の知られざる裏の顔5つのポイント
 
男性と女性では物事への認識の差が大きく、双方共に思わぬ誤解を生じさせやすいことって結構あるものです。

今回はそんな誤解の中でも「思わず男性が誤解してしまう女性の知られざる裏の顔」と言うものについて5つのポイントを御紹介させていただきます。

女性にこんな裏の顔があると思われるポイントがある事知っていますか?







男性が誤解しやすい女性の5つの裏の顔

女性にとっての気安さは好意とは関係が無い

女性の裏の顔と言うか女性にとっては当たり前のことなのですが、女性が気安く接するという事はそれイコール相手への好意とはなりません。

漫画やアニメでおなじみの、自分に気安く接してきてくれる女性に対して男性が、「自分に好意があるんじゃないか?」と誤解する描写が良くありますが、あれ結構現実でもある事でして、女性が気安く接するという事を男性は誤解しやすいです。

男性は好意を持った相手とはまず距離を縮めたくなる本能があるために、それを基準として判断するため相手もそうだろうと思い込みがちではありますが、女性はむしろ好意を持った相手だからこそ慎重になる傾向があり、殆どの女性は相手を見て接し方を窺いますから「好意=距離を縮めようとする」とは限りません。

更には女性は人間関係において求められる役割の多さを理解していますから、自分の期待する役割を誰か特定の一人に全てを満たしてもらうという発想自体が余りなく、男性のように特定の誰か一人に過剰な期待や役割を求めようとはしない人が多く、男性以上に人付き合いが広く浅い傾向があるので、男性基準での「気安い」が「普通」という事も充分ありえます。

その為男性は、女性は気安い態度の裏の顔として好意があるとは限らないことを覚えておきましょう。

逆に女性は自分の普通が男性からすると気安く接しているために好意を持っていると誤解されやすいことを覚えておくと、相手に妙な勘違いをされたりしないで済みますので、覚えておくと良いかもしれません。

男友達の多さ=男性慣れしているとは限らない

男性のほとんどは男友達が多い女性を「凄い遊んでいそうな裏の顔がある」なんて思い込みがちですが、これも実はあんまり関係ない事があります、

女性は男性以上に自分の事を理解してくれる人や自分と同じ趣味の人と言うのを大事にする傾向があり、男女の性差はこうしたものの前には些細な事として扱われることが多いです。

これ逆に言うならば男性は女性以上に性別に対しての先入観と言うか思い込みが強いという事も出来まして、女性は相手が男性だから、女性だからという事で相手の事をあんまり判断していないため、本人が持つ趣味や趣向によっては女性よりも男性の友人が多いという人も普通にいます。

ネットゲームなんてその際たるものでしょうし、男性のもの女性のものと明確に分けられる趣味なんて殆どないので、男友達の方が多い女性は普通にいるものです。

その為男性は女性の男友達の多さ=男性慣れや遊んでいると言う裏の顔を想像しがちですが、実際にはそんな事もないということを覚えておいた方が勘違いしやすい人と思われず済む可能性が高いです。

逆に女性は男友達が多いというだけでそういう目で見てくる男性がいると言うことを覚えておいた方が自分が誤解されないように出来ます。

陰口を男性は深刻に捉えがち

人の悪口を言う女性は男性から裏の顔として「誰の悪口も言っている人」と言う印象を持たれがちです。

これは何も男女関係ない事だと思う人も多いとは思いますが、男性は女性に比べて自分の知らないところで何かをされるという事に対して危機感が強く、陰口を女性以上に恐れているからです。

勿論程度にもよりますが、女性が軽い気持ちで言った悪口だとすら思っていないような発言を男性が「コイツ俺の事も裏では……」なんて捉えることも実は少なくなく、信頼しているからこその軽いコミュニケーションで信頼を失っている事って結構あること。

例えば女性同士の「本人には言わない優しさ」が男性には「本人に言わないいやらしさ」であると思われていたり、裏の顔があるつもりなんて毛頭なくても男性からすると、とんでもない腹黒とか裏では何をしているか分からないなんて思う事もあるのです。

その為男性も女性もお互いに、自分の基準での悪口のレベルが相手にとっての悪口のレベルと違うという事覚えておいた方が良いでしょう。

人の悪口や不満を言っている人は、いつでもどこでもこの手の話ばかりしているなんて思われたら信頼なんて勝ち得ませんし、信頼したくても出来ないでしょうから。

同性と異性への対応が違うのは普通のこと

女性は男性に比べて臨機応変な対応が出来る人が多く、それが裏の顔があると男性からは思われることもありがちです。

特に多いのは同性と異性での対応の変化。

とても普通な事ではあるのですが、女性以上に男性は女性が同性に対して態度を変えていたり、言葉遣いを変えているのを裏の顔の多い人間であると捉えがち。

誰に対しても平等な人なんているわけもなく、女性は男性以上に性別の隔たりを感じにくいとは言え、流石に同性の友達の前の方が素の自分が出しやすいところがあるのですが、どうにもこれを気にする男性は多いのです。

特に男性から女性は言葉遣いを気にされるところがあると言われていますが、無意識に男性がそれ以上に裏の顔があると感じるのは声の高さとトーン。

気を引き締めている時とそうでない時で人の生態の震えの具合は大きく変わるので、気を抜いている時の声と言うのは「なにが」とはっきりわからなくても「違う」という事だけは分かるという事があり、自分では全くそのつもりなどなくても男性から裏の顔がある女性であるとおもわれる女性も実は結構います。

その為男性は女性の切り替えのうまさが男性よりも上手であるのが普通である事を意識しておいた方が良いですし、女性は男性が女性以上に切り替えた対応が出来ない人が多いことを理解しておくと誤解が少なく済むといえます。

どこまでが乱暴な言葉遣いなのかが違う

汚い言葉を多用する人は裏の顔があると思われるとよく言われますが、実は男女でこの汚い言葉の基準が違います。

より詳しく言うのであれば男性は、思っている以上に女性の言葉遣いを気にしていて普段は丁寧に話していたとしても、一言二言の言葉遣いで、一気に裏の顔があると判断することがあるのです。

例えば慌てた時「ヤバイ!」「マズイ!」なんていったら普通のようにも思えますが、統計を見てみると女性基準では半々でセーフラインですが、男性基準ではこれは完全アウト。

「ゲッ」とか「ヤベッ」ならば確実にアウトと分かりそうですが、男性ならば特に何も思われないような言葉でも女性が使うと男性的には汚い、あるいは乱暴な言葉遣いと思われる言葉は結構あります。

その為ちょっとした砕けた言葉程度と思っている言葉も男性から「あの女性の裏の顔は……」なんて思われたくないと思うのならば極力使わない方が良いと言えます。

男性の方はあんまり気にしないとか言いつつも自分が思っている以上には女性の言葉遣いを気にしているかもしれないという意識を持っておいた方が良いですし、女性も男性が自分で言っている以上に女性の使う言葉遣いに対して細かいチェックをするところがあるという事を覚えておくと、仕事状の付き合いや顔見知り程度の人間関係だけならともかく、恋愛関係が絡んだ時有利になれますので普段自分が使う言葉を丁寧目にしておくことがオススメです。

まとめ

男性が誤解しやすい女性の5つの裏の顔いかがだったでしょうか?

勿論男性も女性も個人差がありますから、絶対に誤解しているとか誤解されているという訳ではないのですが、今回ご紹介した5つは大体男女の差の中でも誤解を生みやすいものですから気にしておくに越したことはないものです。

以外時がつきにくい異性の事を知るのは恋愛においても、それ以外の人間関係においても役立ちますので是非参考にしてみて下さい。

飲むだけ簡単!! 『脂肪便がスッキリ』1ヶ月で-10kg⁉飲む腸活スゴすぎ..[PR]

《日本一当たる!新◆ペルシャ診断 無料体験企画》

具体的な日付や出来事をピタリと当てる
『新◆ペルシャ診断』をご存知ですか?

生年月日と名前を記入するだけで、たくさんの悩みを占うことができます。

「無料占いでどこまで占えるの?」

あなたの【基本性格や運命】【彼との相性から】【今年の運勢まで】無料で占えてしまいます。

ズバリ!あなたの今のお悩みに合った『初回無料占い』を選んで、実際に鑑定してみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)