パワースポット

神様ランキング「最も可愛そうな目にあった」ベスト5とは

神様ランキング「最も可愛そうな目にあった」ベスト5とは

神話の世界と言うものはとても残酷な世界であり、人間だけでなく時には神様さえもあっさりと死んだり、死ぬという概念が曖昧な神様の中にはそれこそ死ぬよりも辛い目に合わされた神様もいらっしゃいます。

そこでそんな可愛そうな神様がいると言うことをせめて多くの人に知ってもらうため、今回は世界の不遇な神様達をランキング形式で皆様にご紹介させていただきます。

こんな可愛そうな目に合った神様がいる事ご存知でしたか?



5位・ヘパイストス

可愛そうな目に合った神様ランキング5位はギリシャ神話の神様であるヘパイストス。

この神様は炎と鍛冶の神とされたオリュンポス十二神の一柱にして主神ゼウスとその妻ヘラとの間に生まれた第一子。

言ってしまうと力もあって、権力も手にした生まれからして血筋の良いエリートなのですが、何分彼はギリシャ神話一「ブサイクな神様」として何度も神話で語られる神様なのです。

しかもその容姿が醜いという理由で実の母であるヘラに捨てられるわ、なんとかしてオリュンポスに戻って「オリュンポスの12神」と言う最高権力を持つ集団の一人になってもヘラから冷たく扱われ息子として扱ってもらえないと言う酷い目に合う神様。

更に追い討ちでヘラに実の息子である事を認めさせ、ギリシャ神話1の美貌を持つ女神「アフロディーテ」を妻に迎えて幸せになれるかと思ったら、ギリシャ神話1のイケメンである異母兄弟軍神「アレス」に寝取られるわと本当に散々な目に合っています。

その不遇さからこのランキング堂々の5位にさせていただきました。神様だって見た目に恵まれないと酷い目に合うことを彼は教えてくれます。

4位・コノハナサクヤヒメ

可愛そうな目に合った神様ランキング4位は日本神話の神様であるコノハナサクヤヒメ。

姉のイワナガヒメも「醜い」とか「酷い容姿」と言われていてとても可愛そうにも思えますが、コノハナサクヤヒメは日本神話において最も美しいと何度も表現されている女神である変わりに、短命である運命を持ち、その短命な運命さえも受け入れるといった夫から裏切られる所からしてある意味姉よりも可愛そうな目にあったと言えます。

コノハナサクヤヒメの夫は日本神話の最高神の孫であるニニギノミコトであり、彼女はまるで玉の輿に乗ったかのように思える結婚をしたのですが、このニニギノミコトは地上の世界を治める仕事が忙しく、彼女とは結婚したその日以来床を共にすることも出来ず、彼女と離れて各地を転転とする生活をしていました。

コノハナサクヤヒメもそれを寂しく思っていましたが、一晩の行為で見事子供を授かっており、その彼との子供が彼女の寂しさを紛らわせてくれていたので孤独に耐えることがで来ました。

そしてある日やっとニニギノミコトが帰ってきたので彼に「あなたとの子供が実はもう出来ていたのです」と告げるとここでまさかの浮気を疑われる事態になってしまいます。

彼女はしっかりと貞操を守っており、一晩で子供が授かれたのは愛するあなたとだったからだと主張しましたが、夫はひたすら彼女の不貞を疑い続け、ついに切れた彼女はこう言います。

「天津神と言う天に住む尊い神の血を引いている子供である事を証明するため、この子供を地上の神である国津神の子供では耐えられない炎の中で出産します。」

そしてなんと彼女は脱出不可能な小屋の中に入り、火を放ちその炎の中で子供を出産することになってしまいます。

幸いな事に彼女も生まれた子供も無事ではあったのですが、そもそも短命であった彼女はこの後、夫とギクシャクしたまま最後を迎えてしまいます。

ギリシャ神話のヘラも浮気性の旦那を持って可愛そうな女神と言われることも多いですが、彼女はそんな次元ではない可愛そうな女神様であったと言えます。



3位・ハデス

可愛そうな目に合った神様ランキング3位はギリシャ神話の冥府の神ハデス。

ギリシャ神話の最高神であるゼウスの兄に当たり、彼自身がゼウスに匹敵する力を持つともされる神様ですが彼の扱いは不遇すぎます。

まず彼はその能力の高さ故にゼウスから最も過酷な冥府の世界の管理を任されることとなります。

ハデスは他の神様からも高く評価される誠実で真面目な人格の神ですから弟の頼みとあってこれを了承、ここから彼の正に地獄が始まります。

冥府と言う冷たく暗い最低の環境と、その奥にタルタロスと言う「意思と人格を持った本当の地獄そのもの」とも言うべき神様がいるため、一生涯基本そこから絶対に離れることの出来ない事に彼はなってしまったため、強い力と最高神の兄と言う立場なのにも拘らずギリシャ神話の最高権力集団「オリュンポス12柱」から外されています。

又冷たく暗い冥府の世界に居続けることになったため、彼自身は高く評価されていたものの、愛し合った女性が冥府の死の空気に耐えられず直ぐになくなってしまったり、次に好きになった女性の母親から「彼は良い人だけれども地獄なんかには娘は嫁にやれない」と言われ断られたりします。

更に彼の職場環境は最低であり、冥府と言う絶対に間違いが起こってはならない世界の管理をする彼は休むことを許されず、平等でいないといけない立場であるが故に冷徹に裁きを下し、人々から恐れられ、戦場にちが地面に染みこむ様から「ハデスは血を好んで啜る恐ろしい存在」と言われ、後世の世界で彼は殆どギリシャ神話の悪役として扱われることになります。

ついでに言うと大恋愛の末、やっと出来た妻とは一年のうち4分の1しか一緒にいてもらうことは出来ず、挙句浮気未遂までされるというオマケもあって、苦労し続ける彼をランキング3位とさせていただきました。

2位・ガネーシャ

可愛そうな目に合った神様ランキング2位はインド神話のガネーシャと言う神様。

インド神話は比較的マイナーなジャンルでどんな神様がいるかも良く知らない人もいるかと思いますが、このガネーシャと言う神様は結構知名度の高い神様でして「象の顔の神様」と言ったらピンと来る人も多いでしょう。

でもその象の顔になったいきさつから、彼は可愛そうな目に合った神様ランキング2位にランクインしているのです。

彼はインド神話の破壊と再生を司る神「シヴァ」の妻神である「パールヴァティー」が子供ができないことを悩んだ結果身体を洗って、その身体の汚れを集めて人形を作り命を吹き込んで生んだとされる神様であり、彼はシヴァがいない間に生を授かりました。

そして生を授かった最初の頼まれ事で浴室の見張りを彼はする事になり、その時シヴァが帰還。

ガネーシャはまだシヴァが父であるという事を知らず、偉大な神シヴァであっても母から頼まれたので入室を拒んだ所、シヴァ自分の家の風呂を全く知らない神に使わせられないと言われて当然激怒。

キレたシヴァはガネーシャの首をその場で切り落として力の限り遠くへ投げ捨てます。

そしてスッキリした気持ちで浴室を使い、パールヴァティーに会った時殺したのが自分の子供だと知ったシヴァは、投げ捨てたガネーシャの頭を探しにいきますが、彼の力で投げ捨てた頭なんて見つけることが出来るわけもなく、仕方が無いから象の首を切り落として持ち帰り、ガネーシャの頭として取り付け彼を復活させたのです。

諸説ありますがこれが1番広く知られるガネーシャが象の頭を持っている理由です。

ちなみにガネーシャは片方の牙が折れているのも特徴なのですが、この折れている理由として語られる神話の多くもキレた父親による虐待だったり、慣れない象の頭の重さに転倒した結果折れたとか、筆記用具を与えられず文字を書くように言われたため自分の牙を折って文字を書いたとかなんと言うか可愛そうな逸話が多いです。

そんな目に合ったガネーシャですので可愛そうな神様ランキング2位とさせていただきました。

1位・ツクヨミノミコト

世界の可愛そうな目に合った神様ランキングの1位とさせていただきましたのは日本神話の中でも偉い神様のはずのツクヨミノミコト。

もう既に「はずの」とついているあたりからお察しの方もいると思いますが、最高神にして姉のアマテラスオオミカミと数々の神話に登場しその姿を描写される弟タケハヤノスサノオ(スサノオノミコト)と3人合わせて「三貴子」と呼ばれる日本神話において尊い神様のはずなのに、ツクヨミノミコトは全く明確な記述をされていない神様。

『古事記』では日本神話の誕生の時にその名前が出るだけでその後は一切名前すらも触れられることなく終わりますし、『日本書紀』でもは穀物の起源の神話で横暴な神様であるとしてアマテラスに嫌われて罰として昼の世界にいられなくなり、夜の世界を担当することになるという役回り。

ちなみに『古事記』ですとこの神話はツクヨミノミコトではなくスサノオがやったこととなっており、罰も「おしかりを受けました」で済んでいると言う違いがあります。

言ってみれば偉い神様のはずなのにまるで「いない子」扱いされているのです。

世界中の神話を見渡しても月を司ったり月を象徴した神様や、夜や死の世界を管理したり象徴する神様で、まして最高神の兄弟神でこんな扱いをされている神様は他にいません。

確実な事は言えませんが、先程の穀物の神の神話のようにツクヨミノミコトは恐らく途中で彼の存在を抹消されたか弟のスサノオと混同されたかしてしまい、その存在が非常に希薄になってしまった神様であると言えるでしょう。

ものすごく存在感があってもおかしくないはずなのに、非常に影が薄い神様にされてしまった神様としての1番神様として可愛そうな目に合ったためランキング1位とさせていただきました。


可愛そう過ぎる目に合った神様ランキングベスト5ご紹介させていただきましたがいかがだったでしょうか?

敢えて可愛そうな理由が被らないような神様を選出したのですが、どうにも不遇な扱いを受けた神様は平均的にギリシャ神話と日本神話に多い気がします。

あんまり良く知らないけれどもこうした可愛そうな目に合ったと思うとちょっと応援してあげたくもなるかとも思いますので、是非こうした神様の一面も知っていただきたく思います。

こちらの記事もご覧ください。
▶︎ 神様や神話に関するまとめ一覧

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたのオーラや生年月日をもとに導き出される 『オーラ診断』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます

この機会にあなたの運命がどうなるのか知りたい方は是非やってみて下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

error: Content is protected !!