世界の神様ランキング「最もモテた女神ベスト5」

世界の神様ランキング「最もモテた女神ベスト5」

最近色々な作品を見ていると全ての女神が美女美少女であるようにも思えて、さぞかしモテるだろうと思わせるのですが、元々の神話を見てみると特質してモテたと言う話がある女神様は意外とおらず、モテたというのはかなり目立つ特徴の一つです。

そこで今回は神話の中でも最もモテた女神ベスト5と言うものを御紹介させていただきます。

世界の神話の中でも最もモテた女神様に興味ありませんか?


スポンサーリンク


美しさが全てではないモテた女神ランキングベスト5

5位ヤカミヒメノミコト

モテた女神様ランキング5位は日本神話に登場しますヤカミヒメノミコト。

余り日本神話に詳しくない人には聞いたことさえ無い名前かとは思いますが、オオクニヌシノミコトの妻神の一人にして、『因幡の白兎』の話しに出てくるお姫様と言うと分かるでしょうか?

この女神様どれほどモテたのかと言いますと最低でもオオクニヌシノミコトの兄弟神である「八十神(やそがみ)」に求婚されたという実績の持ち主。

更に話しの流れ的に彼ら「八十神」とオオクニヌシノミコトが彼女の事を知るときには

「その余りの美しさから色々な神様に求婚されている女神がいる」

と言う噂を聞いて知る事になるわけですから求婚された回数は100を超えてもおかしくないと考えられますから、確実にモテた女神であったと言えるでしょう。

ちなみに彼女は日本神話の美女や女神様の例に漏れず、生涯ただ一人オオクニヌシノミコトだけを愛し続けたオオクニヌシノミコトに関する神話の中の正統派ヒロインでもあります。

4位イシス

モテた女神様ランキング4位はエジプト神話の女神イシス神を選ばせていただきました。

あんまりエジプト神話に詳しくない人のために簡単に解説しますとこの女神様最大の特徴は、エジプト神話の中でも数少ない完全に人間の女性と同じ姿をしている所。

エジプト神話の女神の多くは動物の顔や下半身を持っていたり、化身と呼ばれるタイプのまんま動物の姿をしている女神ですから普通の人間っぽいというだけでもちょっと目立ちます。

この女神様どれほどモテたのかと言いますと、彼女に出会ったエジプト人全てにモテたと言われています。

イシスは女性神でありながら、普通は男性神や王が持つ「権力と支配」を意味するウアス杖を持った姿で描かれ、「王権の守護神」であるとか「豊かなナイルの土壌を表す豊饒の女神」とされている他にも「献身的な母や妻の見本」と言う特徴があり、古代エジプトの理想の女性像のあり方が詰め込まれたような女神。

その為この女神様は自分の家族からも求愛されるような女神様でもあったと言われているモテた神様。

又この女神様はギリシャ神話のアフロディーテや、、シュメール神話に登場する豊穣神イナンナなどの基になったとも言われる「美」や「愛」などを司る最古の神様であったとも言われており、具体的なモテた神話のエピソードは多くありませんが4位とさせていただきました。


スポンサーリンク


3位フレイア

モテた女神様ランキング3位は北欧神話の女神であるフレイア。

ヴァナディースとも呼ばれるこの神様は日本人でも耳にした事がある人が多いのではないかとは思いますので簡単にだけ説明します。

まず当然のように特徴として挙げられるのは非常に美しいという所で、彼女自身の容姿はもちろん素晴らしい上に、その身を飾る「ブリーシンガメン」と言う黄金の首飾りを始めとして、豪華な装飾に身を包んでいるところも描かれています。

しかし神話の内容や他の神様達との関係から見られる特徴としてそれ以上に、女性の美徳と悪徳を全て内包した女神であり、自由奔放な性格で欲望のまま行動し、性的にも奔放であったところがより目立ちます。

そしてそんな言ってしまえば軽い女であり、しかも美女であるためなのか、やたらと色んな神様やら人間から小人に巨人にまで求愛され好意を向けられ、結局ことに及びますし、フレイヤ自信も気に入った男性がいれば夫である「オーズ」がいても、相手が兄であるフレイでもお構いなしに手を出します。

ちなみに一番のお気に入りは人間の愛人オルッタであると言われているのですが、彼女の余りの奔放さから夫である「オーズ」が自分のもとから去ったときには泣きながら世界中を旅して夫を探す所から、1番好きだったのは自分の夫であったという面を持っていたりもします。

2位アフロディーテ

モテた女神様ランキング2位はこのランキング内で最も知名度が高いであろうギリシャ神話の女神、アフロディーテです。

因みにローマ神話のヴィーナスについては現存する神話の内容すべてが、このアフロディーテのオマージュであり、表現のされ方も殆ど同じなのでこの記事では取り扱いません。

言わずと知れた美・愛・性を司る女神としてギリシャ神話の女神の中でも最も容姿に優れるだけでなく、男性を虜にする技能にも長けていると言われており、オリュンポスの神々は勿論、男性ならば彼女に惚れて当たり前と言うレベルのモテ具合を色々な神話の中で披露しています。

正し若干性格に難があるようで、極端な肉食系女子であるというだけでなく、多くのギリシャ神話の女神の例に漏れることなく自分の美しさに相当なプライドがあり、彼女と張り合ったり、プライドを傷つけたり、機嫌を損ねたりして大騒ぎになる神話も多く、同じ女神や女好きで知られる最高神ゼウスが苦手にしている所がなんともリアル。

しかしそれでも様々な神様や人間から求愛され続けた所からモテた女神ランキング2位とさせていただきました。

しかし世界の神話の中にはこのアフロディーテすら凌ぐ女神が存在しているのです。         

1位イシュタル

モテた女神様ランキング1位はメソポタミア神話において広く尊崇された愛と美の女神イシュタル。

ギリシャのアフロディーテとヴィーナスとの関係のように、シュメール神話のイナンナと「ほぼ同一神である」と、この記事は扱いますので予めご了承下さい。

恐らくかなりマイナーな女神様であると思いますのでちょっとどんな神様なのかご紹介しますと、超過激なアフロディーテと言ったところ。

その容姿は魅力的な肢体を持つ美しい女神であったとされ、双子の兄である太陽神「シャマシュ」と同じく輝く光を常に発していると感じさせるほどのものであったと言われており、更には華美な宝飾品や衣装で身を包んだ様が神話では描かれています。

そして豊穣神であるイシュタルは、多産を司る性愛の女神としても知られいて、基本的には欲情に忠実な女神。

非常に慈悲深い面がおかしな方でも発揮され、夫「ドゥムジ」を持ちながらも求愛されれば答えていたため、120人を越える恋人を常に抱えていたという話しもありますし、それ以外でも神話の中で気に入った男性が自ら虜にされに来る姿が描かれています。

しかしこのイシュタルは信者に対しては非常に慈悲深く、愛を持って接する女神であるとされていますが、優しく穏やかな女神という訳ではなく、とてつもなく残虐な女神。

戦の女神でもあるイシュタルはメソポタミア神話1の強い神でもあり、敵対するものを容赦なく殺すだけでなく、戯れで人の命を差し出させたり、自身の誘惑を撥ね退けた者に対する残酷さは群を抜いていたとも言われています。

しかしそれでもその美しさから彼女に望んで多くの人が供物を捧げ、時には命すら差し出したというのですから間違いなくこの女神こそがモテた女神NO1と言えるでしょう。

余談ですがそんなイシュタルが自らの意思で全力で誘惑してもものにできなかった唯一の人物こそが世界最古の英雄であるギルガメシュです。


モテた女神ランキングベスト5をご紹介させていただきましたがいかがだったでしょうか?

一部マイナーな神様も取り上げさせていただきましたが、美しさを語られる女神は多くいても、モテたかどうかと言う話では意外と美しさが全てでモテたかどうか関係ない事が神話を見ると分かります。

俗な話しですが、男性の望んだ姿を如何に体現できるかどうかがモテるポイントであるのはある意味真理だと言えますね。

スポンサーリンク

あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!

その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『恋と運命の真実』が大好評!

いつ、どこで運命の人と会えるのかも今なら≪無料鑑定≫してもらえます。

恋愛運が気になる方は、是非お試しを!

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

スポンサーリンク

最近の記事

  1. パワーストーン【茶色編】カラー別の意味や種類・選び方について
  2. 夢占い 苦しい
  3. 夢占い 廃墟
  4. 夢占い ギャンブル
  5. 夢占い はしご

スポンサーリンク