パワースポット

【叶神社】は東西二つの神社で願いが叶う!御朱印&見どころ

叶神社
神奈川県横須賀市浦賀にある東西二つの叶(かのう)神社は、「浦賀海道」を挟んで向かい合っています。源氏再興を祈願して建てられたのが始まりで、見事に願いが叶ったことから改名された「叶神社」。現在も縁結びや諸願が叶う神社として人気スポットとなっています。

東西を結ぶ渡し船も人気の一つ。海が見える神社、両社の見どころと御朱印を紹介しましょう。

西の叶神社

西叶神社と東叶神社の二つあります。まず、西の叶神社から紹介しましょう。

西岸 叶神社(かのうじんじゃ) 通称 西叶神社

由緒によりますと、1181(養和元)年、京都高雄神護寺の文覚上人(もんがくしょうにん)が京都の石清水八幡宮より勧請し創建したことに始まります。

石清水八幡宮
石清水八幡宮は厄除開運・必勝祈願にご利益あるパワースポット!御朱印と見どころ 京都府八幡市にある男山は標高142メートルの山で、京都と大阪を結ぶ要衝の地にあります。その山上にある石清水八幡宮(いわしみずはちまん...

文覚上人は、平安末期から鎌倉初期の武士、真言宗の僧で、後白河法皇に神護寺再興のための寄進を強訴した罪で伊豆に流されました。その間、平治の乱(1159年)に敗れた源義朝の遺児で、やはり伊豆に流されていた源頼朝を訪れ、源氏再興を勧めました。

そして、治承年間(1177~1181年7月)に上総(現在の千葉県)の鹿野山に参籠し、源氏の氏神石清水八幡宮の神に本願成就を祈念します。1181年、鹿野山に相対する現在地、西浦賀に社殿を建立し、八幡宮の神を祭祀しました。1186(文治2)年、源頼朝が、平氏一門の滅亡により源家再興が叶ったことから、「叶大明神」と尊称したと伝わります。

奈良時代から明治元年まで神仏習合が続き、叶神社は、真言宗(古義派)の僧侶によって管理される別当寺でした。そして、別当寺の僧侶が神官の役割も果たしました。別当寺は、虚空山感応院西栄寺(こくうざんかんのういんさいえいじ)と号し、古くは文覚上人が自ら刻まれた虚空蔵菩薩を本尊としていましたが、江戸時代は逗子の延命寺の末寺で、不動明王を本尊としました。


叶神社入り口の道路脇に「明神浜境内感応院」の文字が彫られた門柱を発見しました。

1868(慶應4)年に、明治新政府によって、神仏分離政策が進められたのをきっかけに、神道家などを中心に、各地で寺院や仏像を破壊する廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)が起こりました。その時に取り除かれたのでしょう。

棄てられたように横たわる石柱に歴史の残酷さを感じました。明治元年8月、第69代住職は、別当住職をやめて神官となり、現在神職宮司5代目ということです。

西の叶神社 御朱印と見どころ

一の鳥居

2.西叶・一の鳥居
一礼をしてくぐります。出る時も一礼を忘れないようにしましょう。

手水舎

3.西叶・手水舎
こちらで手と口を清めます。

二の鳥居

4.西叶・二の鳥居と石段
こちらでも一礼します。

狛犬と蘇鉄

5.西叶・社殿前の狛犬・向かって左側・阿形
左右に立派な蘇鉄が植えられています。東叶神社では源頼朝が奉納したと説明書きにありましたが、こちらの蘇鉄はどうでしょう?

蘇鉄の前の狛犬は、左右どちらも口を開いた阿形に見えます。普通はどちらかが阿形でどちらかが吽形なのですが…。一説に、東叶神社の狛犬はどちらも口を閉じた吽形に見え、両社で阿吽の対になっているのではないかといわれています。

7.西叶・社殿前の狛犬の子ども・向かって左側・阿形
「あら、こんなところに子どもが…。なんて可愛いのでしょう。」それぞれの狛犬の後ろ、石段の脇に立った子どもの狛犬がいました。子どもの方は、向かって左側が阿形で、右側が吽形のようです。つぶらな瞳に癒されます。お見逃しのないように。

社殿

9.西叶・社殿
拝殿に立つと、まず目につくのが向拝の梁や天井に施された230を超える彫刻です。

叶神社
神社を守護する龍、獅子、象などの動物たちや花鳥草木、どれも迫ってくるものがあります。

15.西叶・拝殿右扉の内側の彫刻1566
扉の内側にも彫刻が…。一つ一つ見ていると、時の経つのを忘れてしまいます。

17.西叶・拝殿の彫刻・ふくろう1591
「あっ、あんなところにフクロウが。可愛い!」という声が聞こえました。フクロウは「不苦労」や「福老」「知恵袋」に通じ、縁起物とされます。その風格から「森の長老」などともいわれますね。

社殿内外の彫刻は安房(現在の千葉県)の代表的彫刻師後藤利兵衛義光の作品です。これが義光の出世作となり、生涯を通しての最高傑作いわれています。義光の魂が迫ってくるパワースポットです。

現在の社殿は、1842(天保13)年に再建されたもので、銅板葺き屋根、本殿、幣殿、拝殿からなる権現造りです。本殿、幣殿は総檜作りで、内部は彩色され、本殿の柱は金箔朱塗り、74面の花鳥草木の彫刻も極彩色という華麗な装飾がなされています。

絵馬掛けどころ

18.西叶・絵馬掛けどころ
さすがに「叶」の絵馬が多く掛けられていました。西叶神社の「叶」絵馬は黒文字です。

社務所で授与されます。初穂料は500円です。

社殿の右側に境内社があります。

福寿弁財天

19.西叶・境内社・福寿弁財天
1825(安政6)年の創建です。

赤い鳥居の四神社合同社殿

20.西叶・境内社・赤い鳥居の合同社殿
向かって左から、船守稲荷神社(航海安全)、三峯神社(海上安全)、大鷲神社(開運)、淡島神社

山頂への石段

21.西叶・社殿右奥の?遥拝所1560
赤い鳥居の右手に、山へ続く石段があります。石碑に「金毘羅権現社遥拝所」とあります。頂上からは浦賀港が見えるそうです。

老山福寿稲荷社

22.西叶・社殿右奥の社?1558
石段の右手にあります。

昭洞香山君碑

23.西叶・昭洞香山君碑・社殿左1581
拝殿の左に、1853(嘉永6)年、アメリカ海軍のペリー提督が浦賀に来航した時、米艦に赴き、応対、談判にあたった浦賀奉行所与力の香山栄左衛門の記念碑です。

24-1.西叶・海が見える石段1583
石段を下りる時、浦賀の海が見えました。海の見える風景につい見とれてしまいました。
24-2西叶・社務所・お守り・左1604
石段を下りて右に進むと社務所があります。こちらで御朱印をいただきます。

御朱印

25.西叶・御朱印1685
こちらが西叶神社の御朱印です。初穂料は300円です。

お守り

縁結びの勾玉(まがたま)御守
26.三種類の勾玉御守1668
勾玉御守は、西叶神社で授与していただいた勾玉を、東叶神社でいただくお守り袋に入れると、一つのお守りになります。これを持っていると人との縁に恵まれ、さまざまな願いも叶うとして、人気があります。

透明の水晶、赤のめのう、緑のひすいの三種類あります。初穂料は500円です。

白星守

27.西叶・社務所・白星守1606
本殿の屋根に棟木を支える力士像があり、力士にちなんで白(勝ち)星を上げるのにご利益をいただけるお守りです。初穂料は1,000円です。

28.西叶・明治天皇駐輦之碑1609
社務所の向かい側に、1881(明治14)年、明治天皇が観音崎に行幸された時、境内で休憩されたという記念碑「明治天皇駐輦之跡」がありました。
29.西叶・奉納の碇1608
その右に白い碇、航海の安全を祈って奉納されたものです。

浦賀の渡し

いよいよ二つの叶神社を結ぶ「浦賀の渡し」から、“ロマンチック海道”を渡ります。

30.浦賀の渡し船1611
西叶神社を出て、右に進み、最初の信号を海の方へ渡ると、乗船場があります。御座船(ござぶね)風の赤い「愛宕丸(あたごまる)」という小さな船で渡ります。航路は「浦賀海道」といって、実は横須賀市道なのです。

31.東叶・浦賀の渡し船・呼び出しボタン1659
船がいない時は呼び出しボタンを押すと向こう岸から迎えに来てくれます。ただし、12時~13時は船長さんのお昼休みのため、船は出ません。

私たちは先に西叶神社をお参りし、東岸へ渡り、東叶神社をお参りして、再び西叶神社へ戻るために「浦賀の渡し」に着いた時、船の姿はありませんでした。時刻は11時55分。もうダメかなと思いながらもボタンを押すと、向こう岸から赤い船が白い波を立てて来てくれました。無事西岸に運んでいただいて、ぎりぎりセーフ。優しい船長さんでした。船長さんにお願いして写真を撮らせていただきました。キャップがカッコイイですね。
32.浦賀の渡し船の船長さん1615
乗船時間は3分ほどですが、海風が心地良くちょっとしたクルージング気分を楽しめします。大人200円。自転車も50円で乗せてもらえるようです。天候によっては欠航となることがありますのでご注意ください。

次は東の叶神社について紹介しましょう。

東の叶神社

東岸 叶神社(かのうじんじゃ) 通称 東叶神社
ご祭神:誉田別尊 ほんだわけのみこと(第15代応神天皇)

『新編相模国風土記稿』に、1644(正保元)年、西浦賀の本社を勧請して、牛頭天王(ごずてんのう)、船玉明神を合祀したとあります。
また、別の言い伝えでは、1692(元禄5)年、江戸幕府の政策により浦賀村が東西に分かれた時、西浦賀村の叶神社を勧請して祀り、西の叶神社を本宮、東の叶神社を若宮と呼んだといわれています。

八幡社と同じく、国家隆昌、産業興隆、家業繁栄、航路平安、交通安全、厄除開運、勝運長久などのご利益をいただけます。

東の叶神社 御朱印と見どころ

鳥居

東の叶神社
風格のある鳥居です。一礼をしてくぐります。出る時も一礼を忘れないようにしましょう。

手水舎

34.東叶神社・手水舎
こちらで手と口を清めます。
35-1東叶神社・石段の上に拝殿

伝 源頼朝奉納の蘇鉄

35-2.東叶神社・源頼朝奉納の蘇鉄
石段の途中、左右の立派な蘇鉄が迎えてくれます。1186(文治2)年、源頼朝が平氏を倒し、源家再興の願いが叶った意を込めて、神号を「叶大明神」と改めた時に、伊豆から移植奉納されたと伝えられています。

狛犬

36.東叶神社・狛犬
こちらの狛犬は左右どちらも口を閉じた吽形のように見え、西叶神社の狛犬(どちらも阿形)と対になっているのではないかという説があります。

向かって左側の狛犬は子どもを抱いています。右側の狛犬は子どもに乳を含ませています。ユーモラスな親狛犬の表情、ほのぼのとした愛情が感じられる珍しい狛犬です。なんとも癒されます。じっくりご覧ください。

社殿

38.東叶神社・拝殿
現在の社殿は、1929(昭和4)年に再建された銅板葺権現造りです。こちらの建物は拝殿で、本殿(奥の院)は拝殿の後ろに続く明神山の山頂にあります。シンプルな拝殿が後ろの明神山の緑に自然に溶け込んでいます。

絵馬掛けどころ

39.東叶神社・絵馬掛け
拝殿の左右に「叶」の絵馬が多く掛けられていました。東叶神社の「叶」は赤い文字で、西叶神社の黒文字の「叶」と対照的です。両方に願掛けするといっそうご利益アップしそうです。初穂料は500円です。

拝殿の左に、明神山へ続く200段を越える石段があります。
40.東叶神社・山頂本殿への石段

恵仁志坂(えにしざか)と産霊坂(むすびざか)と名付けられた縁結びにご利益がある二つの坂があります。山頂には、本殿(奥の院)、東照宮、神明社、勝海舟断食修行之跡(後述)などがあります。

ここは、戦国時代には後北条氏が築城したと伝えられる浦賀城があったそうです。千葉の里見氏に対する防備で置かれた三浦半島水軍の根城でした。山全体が社叢林(しゃそうりん)として自然のまま保護されており、県の天然記念物に指定されています。

石段を少し上ったところの左に、カフェ「サロンアカンサス」への入り口があります。お隣の敷地にあるガラスで囲まれたおしゃれなカフェで、イギリスの雰囲気が味わえると評判です。店長はオーナー愛犬のボブ君とか。時間があったら休憩をおすすめします。

41-1東叶神社・石段からの眺め・すぐ前が海
拝殿前の石段を下りる時、浦賀の海が青く輝いていました。石段を下りると左側に社務所と境内社があります。

耀真山永勝不動尊(ようしんざんえいしょうふどうそん)

41-2.東叶神社・不動尊
社務所の前にあります。明治以前の神仏習合時代、叶神社は、耀真山永神寺という真言宗の別当寺で、宮司と住職を兼ねていました。この石彫の不動尊を拝むことによって、今も叶神社に伝わる本尊の耀真山永勝不動尊をお参りできます。

身代わり弁天(厳島媛命、いつくしまひめ)

42.東叶神社・身代わり弁天
不動尊の右の石窟の中に祀られています。1790(寛政2)年に勧請されました。昔から天災や人災による病気、事故その他の危難に際し、身代わりになってくださるとして信仰されています。パワースポットです。

開運・金運の流水

43.東叶神社・開運金運の流水
身代わり弁天の鳥居のすぐ右に流水の鉢があります。この奥にある井戸から汲み上げた水で、この流水を硬貨にかけ流して身に着けていると、開運・金運のご利益をいただけるといわれています。

勝海舟使用の井戸

44.東叶神社・勝海舟断食の折、使用の井戸
さらに奥に進むと、勝海舟が断食修行をする際、身を清めるために使ったという井戸があります。海舟は、江戸幕府の軍艦操練所教授で、1859(安政6)年、幕府が遣米使節をアメリカ軍艦に便乗させるにあたって、護衛艦「咸臨丸」の船将を務めることになりました。

その時、太平洋航海の平安を祈願して、この井戸水で潔斎した後、明神山の山頂で座禅を組み、断食修行をしたと伝わります。山頂には「勝海舟断食之跡」という標識が建てられています。

御朱印

45.東叶神社・御朱印
8月にお参りしましたので、涼やかな青い「夏詣」の印が入っています。初穂料は300円です。

縁結びの勾玉御守

46.勾玉御守
西叶神社でいただいた勾玉を、こちらの社務所のお守り袋に入れると、勾玉御守の完成です。お守り袋は勾玉の色に合わせて、水色、ピンク、緑の3種類あります。初穂料は500円です。私は緑のひすいの勾玉を授与していただきましたので、緑の袋がいいと思ったのですが、品切れでした。人気があるようです。

アクセス・駐車場

西叶神社:神奈川県横須賀市西浦賀1-1-13
☎ 046-841-0179 FAX 046-841-0161
京急線「浦賀駅」から、京浜急行バス「京急久里浜駅」「JR久里浜駅」行で「紺屋町」下車、徒歩1分
二の鳥居前に神社参拝者用の駐車スペースが数台分あります。

東叶神社:神奈川県横須賀市小川町11
☎ 046-822-4000 FAX 046-822-7795
京急線「浦賀駅」から、バス「鴨居」方面行(1番乗り場)で「新町」下車、徒歩7分
神社前に参拝者用の駐車スペースが数台分あります。

47.浦賀の渡し・船の乗り場
東西叶神社への移動は、「浦賀の渡し」がおすすめです。上記をご参照ください。

まとめ

叶神社はいかがでしたでしょうか。文覚上人の源氏再興祈願に始まって800年余り、さまざまな人々が祈願に訪れた叶神社。

浦賀海道を挟んで東西の叶神社が向かい合い、二つの神社で完成させる「勾玉御守」。ちょっとロマンチックですね。

浦賀というと、幕末にアメリカのペリー提督率いる「黒船」4隻が突然来航したことで知られていますが、最初に上陸したのは少し南の久里浜です。現在はペリー公園となっていて、ペリー上陸記念碑やペリー記念館があります。

ペリー来航から7年、幕府遣米使節の護衛艦「咸臨丸」の船将となった勝海舟ゆかりの東叶神社は、歴史をぐっと身近なものに引き寄せてくれました。この咸臨丸には中浜万次郎(ジョン万次郎)や福澤諭吉も乗り込んでいました。以後の幕府崩壊から明治維新への大きな時代の変換点がここにありました。
48.三崎のまぐろ丼
さて、お参りの後のランチに、車で30分ほど南に走って、三崎港で名物のまぐろ丼をいただきました。漬けマグロのだしの染み具合といい、マグロの厚さや大きさなど包丁さばきといい、絶品でした。三崎港にはマグロ関連のお店がたくさんありますので、少し足を延ばしてみてはいかがでしょうか。京急久里浜線「三崎口駅」からバスで20分くらいです。

叶神社
本当に叶った!願いが叶うことで有名な神社と口コミ 困った時の神頼み、素敵なご縁が欲しいなど神社に参拝することはあっても、なかなか願いが叶わないということはありませんか。 そ...
パワースポット神奈川ご利益あり5つの寺社
パワースポット神奈川ご利益あり5つの寺社 神奈川といえば川崎や鎌倉といったパワースポットになりそうな場所が多いのが特徴です。 神奈川はいつも観光客に溢れているので、...
ABOUT ME
Written by ゆうこ
Written by ゆうこ
卯年、山羊座。元国語教師。趣味は、温泉旅行や食べること。百人一首競技かるたは選手&読手A級。お寺や神社に立つと、幾度もの興亡が繰り返され、再建・再生され、長年月維持し、受け継いできた無数の無名の人々がいたことを思わずにいられません。そういう人々の思いを少しでも伝えられたらと思っています。 共著書:『新渡戸稲造の至言』(新渡戸基金発行)

POSTED COMMENT

  1. アバター 鈴木 より:

    浦賀は仕事で何度か行きましたが、叶神社は知りませんんでした。以前鶴瓶の家族に乾杯?で放送していたのを見ました。興味わきましたが、この記事を読み是非参拝したいと思いました。
    行くときは再読してから行きたいです。有難うございます。

    • アバター Written by より:

      ご訪問ありがとうございます。ひなびた町のさほど大きくない神社をひとつひとつじっくりお参りするのもいいと思います。三浦半島の先端ですので、海の景色を眺めながらのんびりとちょっとした旅行気分を味わえます。
      人気のカギはやはり「願いが叶う」に通じる「叶神社」という名前と、西と東の両社で一つのお守りが完成するという点でしょう。そして二つを結ぶ浦賀の渡し船。ぜひお参りなさって、情緒を味わってみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)

error: Content is protected !!