星座

【蟹座】が嫌いな人への態度はどうなる?!うまく付き合うヒント

蟹座,嫌いな人
蟹座が嫌いな人への態度はどうなるのでしょうか?身近な人とのトラブルは極力避けたいですし、できれば衝突せずに長く良好に付き合いたいものです。

蟹座は面倒見がよく、心優しいイメージがありますが、嫌いな人に対してはどんな行動を取るのでしょうか?蟹座が嫌いな人への態度を知ることで、上手に付き合うヒントが見つかるかもしれません。

蟹座が嫌いな人への態度とは

蟹座は、面倒見がよく、自分が所属するグループを大切にする優しさを持っています。人の気持ちに寄り添うことが得意な星座です。一方で、心や感情を大切にするあまり、気持ちを理解してもらえないと周りの人や環境を敵か味方かで区別しやすい一面を持っています。

身近な人の気持ちや、自分自身の心を大切にしたい蟹座は傷つくことに敏感です。あなたの何気ない一言が、蟹座の逆鱗に触れてしまうことがあるかもしれません。

では、どんな態度が蟹座からの嫌いのサインなのでしょうか?

【無関心になる】

蟹座は自分にとって大切な人には深い愛情を注ぎますが、それ以外の人には興味が薄いです。特に、自分の価値観や感性と合わない人に対しては、『嫌な人』という括りに分類しがちです。

嫌いな人に対しては、話しかけられても無視したり、分かりやすく冷たくあしらったりします。蟹座は、自分の殻にこもって安心したいタイプなので、無関心は防衛本能の一つとも言えます。

【皮肉を言う】

蟹座は感情的で繊細な性格ですが、それゆえに自分を守るために鋭い言葉を使うことがあります。自分や大切な人を傷つけたり、理不尽なことを言ったりする人に対しては、皮肉を浴びせます。

直接的に攻撃するよりも相手の弱点や欠点を暗に指摘し、相手を不快にさせようと行動することがあります。

【逆ギレ】

蟹座は自分の嫌いな人と接するとき、常にイライラしてしまい感情を抑えるのが難しくなることがあります。客観的に見ると、蟹座にも非がある場合もあるのですが、注意されたり非難されたことを受け止めきれず、思わず逆ギレして怒鳴ったり泣いたりしてしまうのです。

蟹座は、自分の正義感や感情を大切にしているタイプです。逆ギレをされてしまった時は、蟹座の逆鱗がなんだったのかを探る必要があります。

蟹座とうまく付き合うコツや対処法

蟹座から嫌われてしまうと、敵として認定されやすくなります。あなたの粗や非のある部分を探し出して、攻撃されてしまう場合もあるかもしれません。

嫌いな人を前にした蟹座は非常に気難しいので、出来れば嫌われにくい態度を心がけたいものです。もし怒らせてしまっても、彼彼女の怒りを上手になだめられたなら、良好な関係を続けられます。

では、よりよい関係を構築していくためにはどのように接していけばいいのでしょうか?付き合い方のヒントを押さえておきましょう。

【定期的に話しかける】

実は、蟹座が無関心な態度をとっている場合は、イコールあなたが嫌いというわけではありません。蟹座は人見知りをすることがあり、自分から話しかけるのが苦手です。あなたの反応を見て様子を探っているのかもしれません。

そのため、無関心に見えても、実は話しかけられるのを待っていることもあります。初対面などの関係の浅いうちは、積極的に話しかけてみましょう。

蟹座は家族や仲間を大切にするので、自分のことや趣味などを話してみましょう。蟹座の提供する話題に対して楽しく会話を続けられるなら、出会ったばかりでも一気に仲良くなれることもあります。

【感情に理解を示す】

蟹座は自分の感情に素直で正直です。自分の感情を大切にしているからこそ、周りの人々の感情にも寄り添えるのです。

蟹座を怒らせてしまった時は、何に対して怒っているのかを探ってください。察して欲しいと蟹座は思うかもしれませんが、言葉にしてもらわないと本当の意味で相手の気持ちを理解するのは難しいです。あなたを理解したいから、怒っていることを教えて欲しいと伝えてみてください。

理由が分かった際には、あなたにとって些細なことであっても蟹座にとってその事柄は重要なことだったのだと想像したり、理解するようにしてください。相手が気分を悪くした点があれば、その部分についてはきちんと謝罪をしましょう。

【冷静に対応する】

蟹座が皮肉を言ったり、逆ギレのような態度をとっている場合は、自分や大切な人を傷つけられたと感じているからです。蟹座は感情的で繊細な部分があるので、些細なことでも気にしてしまいます。

皮肉や逆ギレで相手に自分の怒りや不満をぶつけようとしますが、これは本当は相手に理解してほしいというサインでもあります。

そこで、蟹座の気持ちをしっかり、冷静に聞いて対応することが大切です。皮肉を言われたり、逆ギレされても感情的にならず、相手の言い分を聞いてあげましょう。

責めるのではなく、諭すような口調で話してみましょう。蟹座は根は優しいので、相手の気持ちを考えることができれば、自分の非を認めて謝ってくれる可能性もでてきます。

まとめ

蟹座は本来、人の気持ちを自分のことのように考えることが出来る優しさを持っています。感情に振り回されやすいこともありますが、それは自分や周りの大切にしたいという強い気持ちの表れでもあります。

蟹座との付き合いの中で関係を良好に保つためには、「敵ではないことをアピールする」ことです。蟹座は自分の安全地帯を常に確保したいと考えていますから、精神的な安全を守ってくれる人を信頼します。

彼彼女の人の心を大切にする慈悲の精神は、時にあなたのことを優しく助けてくれるかもしれません。事実だけでは割り切れなかったり、感情が追いつかないという出来事に直面することもあるでしょう。そうした気持ちは蟹座のように、心や感情を大切にすることで救われるのかもしれませんね。

▶︎【星座占い】性格・相性・血液型・恋愛まとめ一覧はこちら

▶︎スピリチュアルからみた「嫌いな人」存在する理由はこちら




ABOUT ME
Written By かわほり兎々(Kawaholi Toto)
【あなた自身で悩みを解決する。運命を描き直す占い師】千葉でアトリエを営みながら占い師をしています。タロット&西洋占星術を主に扱っています。生活の一部に占いを溶け込ませながら、依存を生まない「あなたがあなたらしく生きるため」の占いを提供しています。https://www.kaninchen.tokyo/

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)