スピリチュアル

10月「神無月」なぜ神様が出雲大社に集まって会議をするの?

秋の夜長に八百万の神々が連日にわたって談義を繰り広げる神無月。

そこでは私たち人間の「縁」に関する話し合いがもたれ出雲大社の社では白熱した議論が続いています。

神無月 出雲大社

10月は「神無月」と言われ、文字だけで見ると神様がいない月ということで不吉を感じさせ、不運にみまわれるのではと思られるかたも多いでしょう。

しかし、「神無月」は女性にとって重要な月であり将来を決定づけるといっても過言ではない月なのです。この記事では「神無月」に出雲大社で何が起きているのかを詳しく解説します。







神無月の由来

神無月 出雲大社

日本で10月を神無月と呼ぶ理由ですが、本当に神様が居なくなってしまうわけではありません。

日本各地に点々と存在し、その土地をおさめている神様たちが10月を迎えると、いっせいに出雲大社に集まるために、神無月と呼ばれているのです。

逆に、神様が集まる出雲大社の島根県では、10月を「神在月」と呼んでいます。

神無月は、神様が存在しなくなる月という意味ではなく、あくまで出雲大社にお出かけしていて、自分の持ち場を「留守」にしている状態と認識しておいてください。

神無月になぜ出雲大社に神様が集まるの?

神無月 出雲大社

日本中の神様は、なぜ自分の持ち場を離れてまで出雲大社に集結するのでしょうか?

実は、神様はわたしたち人間のためにとても重要な会議を出雲大社で開いているのです。それは「縁」に関する会議で、とくに男女の縁結びに関して時間をさいて話し合いが持たれているそうです。

人の縁というのは不思議なもので、自分が訪れたことの無いような場所にいる人であっても、不思議と引き寄せられるもの。そうした偶然の出会いというのは、出雲大社に集まった八百万の神様によって仕組まれた可能性が高く、人間だけの力ではとうてい叶えられないような出会いさえも現実にしてくれます。

人間たちが幸せになるように、出雲大社に一堂に会してくれる神様達を想像すると、とても私たちのことを考えてくれる親心を感じますね。

神無月の伊勢神宮に神様はいないの?

神無月 出雲大社

八百万の神様が集まるのであれば、10月の伊勢神宮には天照大神は留守にしているのではないかと疑問を持たれる方も多いかと思います。

結論を言うと、神無月に出雲大社に集まる神様は「国津神」とよばれる私たちの生活に身近な神様だけで、天照大神のような「天津神」は出雲大社には訪れません。

これは出雲大社にまつられている大国主命(おおくにぬし)という神様が、現在でいわれる総理大臣のような役割を持っているのにたいして、天照大神は天皇陛下のように私たちを見守る存在であると考えればわかりやすいかもしれませんね。

私たちの生活に関わる国会での話し合いは、内閣総理大臣や各省庁の大臣、国会議員をまじえて行いますが、天皇陛下は話し合いに参加することはありません。それと同じで、出雲大社での会談もあくまで「国津神」のみによって行われるのです。

神無月に他の神社の神様はどうなってるの?

日本中の神様が出雲大社に出かけてしまっては、自分の住んでいる神社には神様は留守で、お願いをしても効果がないのではないかと不安になってしまうかたもいるでしょう。

実は、ちゃんと神無月でも留守番をしている神様は存在しているんです。その神様は、文字どおり「留守神様」と呼ばれて、みなさんがよくご存知の恵比須様や大黒様といった存在。

こうした留守神様は、皆さんの家にいつも存在して私たちの生活を見守ってくれているため、神無月だからといって特に不安を感じる必要はありません。

神無月にやるといいこと

縁結びにおいて重要な月であるといえる神無月ですが、どのようなことをすれば運気を上昇できるのか気になりますよね。すぐに実践できる方法をご紹介しますので、ぜひ実践して皆さんの生活をより向上させちゃいましょう。

三十日詣り(みそかまいり)

神様が出雲大社に行かれる前の9月30日に、地元の神社にお参りして、日ごろのご加護を感謝しよい縁談が来ますようにとお願いしましょう。

お願いを聞いてくれた神様は、出雲大社での会議の際には他の神社の神様と協議して、あなたにふさわしい人を連れてきてくれるはずです。

地元神社のゴミひろい

神様が出雲大社に出かけているのであれば、帰ってきたときに気持ちよく過ごしてもらいたいもの。ぜひ、神様が留守の間に神社をキレイにしてあげましょう。清掃といってもほうきをもって気合いをいれたものではなく、落ちているゴミを拾う程度で大丈夫。

あまり気合いをいれてやると神社の神主さんに注意されてしまいますので、目についたゴミをさらりと拾うくらいにしましょう。出雲大社から帰ってきた神様は、きっとあなたに素晴らしい縁を届けてくれます。

旬の食べ物をいただく

10月になり秋が深まると、食べ物が美味しい季節になります。そんなときは五穀豊穣、自然の恵みに感謝して食べ物を美味しくいただきましょう。「たったそれだけ?」と思うかもしれませんが、普段からそれほど自然の恵みに感謝して食事をすることって、あまりありませんよね。

秋は食に対してより関心をむける季節なので、神様のおかげで美味しい食べ物がいただけるとあらためて感謝をしましょう。

まとめ

神無月の出雲大社では、人間の縁結びのため日本中の神様が白熱した会議を続けています。私たちのためにそんなに一生懸命になってくれる神様は、本当に優しく偉大な存在であると認識させられますね。

今ごろはあなたについての縁談話が、神様のあいだで始まっているかもしれません。

出雲大社しめ縄(注連縄)について|大きなしめ縄は本殿じゃない!?
出雲大社の大しめ縄(注連縄)の場所は本殿じゃない!?魅力と見どころ 出雲大社を参拝する目的として「大しめ縄を見てみたい」という人もいるでしょう。 雑誌やテレビでも取り上げられている出雲大社の大し...

飲むだけ簡単!! 『脂肪便がスッキリ』1ヶ月で-10kg⁉飲む腸活スゴすぎ..[PR]

ABOUT ME
Written by 長野照平(ながのしょうへい)
Written by 長野照平(ながのしょうへい)
2012年のリーマンショックと震災時に就職活動を経験。新卒で歯科ディーラーとして働くが8ヶ月で退職。その後は土地家屋調査士事務所に勤務し働きながら合格率8%の土地家屋調査士試験に合格。 現在は自身の経験を活かしながらWEBライターとして活動。執筆ジャンルは自己啓発、就職・転職、スピリチュアル、不動産。 一次資料からリサーチをはじめるクオリティの高い記事の執筆を心がけている。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)