スピリチュアル

【辛いもの】にまつわるスピリチュアル|運気や浄化の開運方法とは?!

辛いもの,スピリチュアル
辛いものを食べたくなるときってありますよね。スピリチュアル的にはどんな意味があるのでしょうか。そこで今回はスピリチュアルな観点から、辛いものが食べたくなるときを解説していきます。ぜひチェックしてくださいね。







辛いものスピリチュアルメッセージ

辛いもののスピリチュアル的な意味として何かが停滞していたり、ストレスが溜まっていたりというものがあります。停滞しているからこそ、辛いもので刺激を与えて、物事を動かそうとするのです。

また、辛いものを食べてストレス発散しようとするときは誰にでもあるのではないでしょうか。辛いものを食べたくなったときは一度自分の現状を見つめ直してみるといいかもしれません。

言いたいことが言えないサイン

辛いもののスピリチュアルの意味として、言いたいことが言えていないというものがあります。言いたいことが言えなくて、喉にモヤモヤとしたものを抱えているからこそ、辛いものを食べたくなるのです。

本音を言えなかったり、誰かに遠慮していたり……こういうことは誰にでもあるものですが、度が過ぎてしまうと喉のオーラが停滞してしまいます。面と向かって相手に言う勇気がないのなら、紙に書き出すなどして発散するようにしましょう。

何かを急いでいるサイン

辛いもののスピリチュアル的な意味として、何かを急いでいるサインの場合があります。「早く何とかしなきゃ」と無意識に感じているので、辛いものを食べてダッシュをかけようとしているのです。スピリチュアル的に焦りを感じていると辛いものを食べたくなったりします。

けれども、急いだり、焦ったりしているときこそじっくりと物事に取り組むことが大切です。慌てているとミスを連発することにもつながります。何かを急いでいるときこそ、物事にじっくり取り組むようにしましょう。

ストレスを感じているサイン

ストレスを感じているときも、辛いものを食べたくなります。ストレスが溜まっているときは波動が停滞しているので、辛いものを食べて波動を動かそうとするのです。何かを発散しようとして辛いものを食べようとすることってありますよね。そんなときはストレスが溜まっていることが多いのです。

ストレスが溜まるにつれて、どんどん辛さもエスカレートする傾向があります。そのような傾向が見られたときは、自分の中のストレスを認めて、健全な方法でストレスを発散するようにしましょう。

感覚が鈍っているサイン

心や身体の感覚が鈍っていると、味覚も鈍ってしまいます。味覚が敏感だとそんなに辛いものは食べられないはずなのですが、味覚が鈍っているのでどんどん辛いものを食べようとするのです。感覚が鈍っているということは直感も鈍っているということ。

普段はあまり辛いものを食べないのに、最近よく食べたくなると感じたときは感覚が鈍っていないか確かめるようにしましょう。

辛いものが食べたい時の運気や感情メッセージ

辛いものを食べたくなったときの運気や感情のメッセージはあるのでしょうか。普段は辛いものを食べないのに、辛いものを欲するときは何かしらのメッセージがあるはずです。ここでは辛いものを食べたくなったときの運気やメッセージについて紹介します。

辛いものを食べたいときの運気

辛いものを食べたいときの運気は何か変化を求めているときです。なぜなら辛いものには刺激や変化のエネルギーがあるからです。辛いものを食べることで新陳代謝を促し、何かを変えようとしているのです。

ですから、辛いものを食べたいときは無意識に刺激や変化を求めている可能性があります。辛いものを食べたくなったときは現状が停滞していないか確認するようにしましょう。

辛いものを食べたいときの感情メッセージ

辛いものを食べたくなる感情のメッセージとして、刺激を求めているというものがあります。現実がつまらないと思っているときに辛いものを食べたくなるのです。辛いものはクセになるので、やがて辛さもどんどんエスカレートしがちです。

辛いものの食べ過ぎは身体に悪いので、辛いものに依存しだしたときはつまらない現実から目を逸らそうとしているのかもしれません。そうならないためにも、新しいことややってみたかったことに挑戦してみるといいでしょう。

辛いもので浄化されるスピリチュアル

辛いものを食べると汗をかきますよね。これは毛穴から邪気が抜けていっているサインなのです。ですから、辛いものを食べることで心身を浄化することができます。

辛いものを食べたくなったときは心身が浄化を求めているサインとも言えるでしょう。辛いものの食べ過ぎは良くないですが、心身の浄化のために辛いものを食べるのもありなのかもしれません。

まとめ

辛いもののスピリチュアルを紹介しました。辛いものを食べたくなったときは一度自分の現状を見直してみるといいかもしれません。なお、辛いものの食べ過ぎは身体に毒ですので、くれぐれも気をつけるようにしましょう。この記事があなたの役に立つことを願っています。




ABOUT ME
Written by 嬉野あけび
公務員として勤めるも、昔から人の欲望と恋愛を追求することが好きだったため、作家、シナリオライターに転身。その後、占いに救われたのをきっかけに占い師になる。現在はライター/占い師。得意占術は、タロット、数秘術、西洋占星術。早稲田大学で心理学を専攻、心理テストの執筆も得意。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ある程度の長さの平仮名や漢字が含まれないコメントは受付けておりません。(スパム対策)